心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-5月15日&おすすめの映画
何年前だったろう、5月15日がちょうど休日にあたり、初めて「葵祭」を見に行った。祭の行列と並行して歩いていくうちに、京大が見えてきた。せっかくなので、京大北門近くのレトロな喫茶店「進々堂」に寄ることにした。ガラス越しに中を見ると、なんと、歩道に面した席に知人が居るではないか。同じマンションで、子どもも保育園から一緒という長いお付き合いのYさんだ。すぐ傍の知恩寺で毎月15日に手作り市をやっていて、それが好きでよく来るとのこと。今日も素敵な布ぞうりを手に入れたと、買ったものを次々見せてくれる。そんな楽しい所ならと、私たちも立ち寄ったのが、初めての「手作り市」体験だった。Yさんとは別行動だったのだが、住まいのある駅の改札で、再び会うという偶然のおまけ付きの一日だった。

 そして、今年の5月15日、久しぶりの休日である。数年前に手作り市に誘い、それ以来すっかりはまった友人のEちゃんは、買う側の人だったのに、今や売る側の人になった。この5月も抽選があたって、手作り市に出店できるという。初めて「葵祭」と「手作り市」を体験した休日を思いだし、久しぶりに今年は…なんて思ったりしていたが、長男から帰るよとの電話。電車で15分ほどしか離れていないのに、めったに帰ってこない長男の今回の帰省(宅?)は、お正月以来のため、昼食を作って待つこととする。ベランダで育てたというパセリと乾燥させたローズマリーをお土産に持ってきてくれた。しかし、帰ってきても数時間で下宿に戻るのは、今回も同じ。すっぽり空いた時間を、日曜日に行く予定だった映画鑑賞に当てることにした。

     オーケストラ1005

 と、前置きが長くなりましたが、最高に面白かった映画のおすすめです。私が映画を見るとき参考にするのは、もっぱら犬塚さんの「太秦からの映画だより」なのですが、今回はこれに加え、短歌のお仲間からの熱いすすめもあって、出かけました。
「オーケストラ!」フランス映画ですが、主人公はロシア・ボリショイ交響楽団の指揮者と楽団員、そして美貌のヴァオリニスト。気持ちのこもった演奏に、聴いている方も力が入りました。レイトショーだというのにほぼ満席で、照明がつくまで誰も立たないということだけで、感動のほどはお伝えできるのではと思います。あとは、どうか皆さんお出かけになって、拍手をおくって下さい。クラシックの演奏会では、ついうとうと…ということの多い私ですが、これからは違う目と耳で演奏を聴けそうです。楽しく、かつ心から揺さぶられた映画でした。

     春との旅1005

 「春との旅」、こちらはまだ未公開ですが、春役の徳永えりさん(「フラガール」で蒼井優さんの友人の役でした。)つながりで、ご紹介します。彼女は、私の息子たちと同じ中学校の出身で、知人が一生懸命応援しています。演技力のある彼女と仲代達也さんのコンビで、見応えのある映画に仕上がっているのではないかと、大いに期待しています。


テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
おはよございます
お勧めを頂いたので観て来ました。
上映館が都内で3ヶ所だけ、銀座に行ってきました。
ウィークデーの雨なのにほぼ満席でした。

私も眠くなりませんでした(笑)
ハラハラしたり、クスッとしたり、ジーンときたり、、、

有難うございました。
【2010/05/20 09:04】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]


映画、好きですね~
【2010/05/20 20:16】 URL | 中村ケンジ #- [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
こんばんは。
見られたんですね。嬉しいです。
>ウィークデーの雨なのにほぼ満席でした。
そちらもですか!口コミで広がっているようですね。
上映期間も延びているようです。

>ハラハラしたり、クスッとしたり、ジーンときたり、、、
結構マンガチックな表現がありましたよね。
そういう娯楽性も含めて、楽しくわかりやすい、でも感動もあって、いい映画だと思いました。
【2010/05/20 20:33】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

中村ケンジさんへ
家では、ドラマもレンタル映画も見ないのですが、
「犬塚さんおすすめの映画」を、映画館に見に行くのは好きです。
【2010/05/20 20:35】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


過ごしやすい季節でいいですね。オーケストラって すごく 気になる映画ですね。私はこういうの大好きだと思います。私はほとんど映画館にでかけることがなくて もっぱら ケーブルテレビでたまたま 良いのにぶつかって観ています。でも案外 みたいなあと思うものは遅くなりますが、観れてます。先日「春との旅」の紹介をたまたま新聞で読みました。漁師さんとその孫さんのお話だそうでこれも味わい深い映画のようですね。
 少し歌の話になりますが、先日、淡路の花博の野外ステージでほんの少しコーラスしてきました。初めての野外で 観客はすごーく少なかったのですが、ウグイスが鳴いてて気持ちよかったです。我がソプラノの先生がハバネラなども歌いうっとりしました。ご褒美はお茶と花博記念の淡路ですのでタマネギパンでしたよ。あわてて 必死で帰ってきて疲れました。今度は Amazing Graceを します。これも良い曲です。
【2010/05/22 16:00】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
こんばんは。
いい季節ですね。
衣替えも部屋の片付けも済み、家の中の季節もすっかり初夏の装い、さわやかです。

外で歌うのは、気持ちいいでしょうねえ。
Amazing Graceも、いい曲ですよね。
忙しい中でも、自分の好きなことで出かけられるのは、いちばんの健康法ですね。
みんなそれぞれに自分の楽しみを見つけて生きているのが、とても嬉しいです。

私も今日は、午前中、初参加の句会で、塚口に。
そのまま、午後は高槻へ。歌会&二次会で先ほど帰ってきました。
どちらも楽しくて充実していました。
元気に出かけられて、お互い幸せですね。
【2010/05/22 21:08】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

初夏ですね
こんばんは。
もたもたしているうちに時は既に若葉のまぶしい季節になっていますね~~。

我が家の垣根は定家蔓の芳しい香りが周辺を包んでいて、通る人も”しあわせ~!”
を感じてくださっていると勝手に思っています。葉も柔らかな薄緑で光ってて美しいん
ですよ。
この季節は若葉で身も心も洗い清められる気がしますね。
初夏、私のHNでもありますが、好きです今の季節。

 みづみづしわかばのかぜになみうちてはるより夏にいらむとすらし  (松坂帰庵)


映画のご紹介有難うございます。「オーケストラ」 、かなり興味あります。
近く「のだめカンタービレ」の後編を観に行ってまいります。のだめの映画、はまって
います・・・。「のだ~めちゃん」という竹中直人さんですが、私には「喉飴ちゃん」と聞
こえてしかたないのです(笑)


【2010/05/22 21:46】 URL | 初夏 #r0k8YTqw [ 編集]

初夏さんへ
お早うございます。
初夏さんの季節ですね。
光と風が心地よく、煙るような雨も嬉しい季節です。

>我が家の垣根は定家蔓の芳しい香りが周辺を包んでいて、通る人も”しあわせ~!”
を感じてくださっていると勝手に思っています。
白いお花も香りもさわやかで、みなさん、きっとそのように思ってらっしゃると思います。

「定家」と言えば、先日、友人と「冷泉家王朝の和歌守展」を見に、京都に行ってきました。
定家は頭の回転に、手の方が追いつかなかったのではないかしら?という感じの悪筆でしたが、とにかくたくさんの事柄を書き留めていて、それがあるからこその「今」と思いました。

一度使った紙を、裏から再利用したり、漉き直したり、紙が貴重品だったことがよくわかります。
阿仏尼(伝)の字がとても美しく、藤原資経の字は端正で素晴らしかったです。

「のだめ」にはまってらっしゃるんですね。
だったら、なおさら「オーケストラ!」もおすすめです。
私に「オーケストラ!」をぜひ!と言われた方も、「のだめ」も好き!と言われてました。
【2010/05/23 09:33】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

「春との旅」はワカラナイの小林監督
「白夜」等、忙しくて試写をスルーしていたのに、「ワカラナイ」で一度にファンになり、もう見逃せない小林政広監督。今回はオリジナル企画、脚本らしいので、特に「ワカラナイ」のグレードが期待できます。監督本人もかっこいいですよ。
試写が重なって、まだ見ていないのだけど、京都駅に新しく出来るシネコンで週末に見る予定です。ただ映画人口が減っているのに、映画館だけが増えてもいいものかどうかと新しい映画館に行くのは抵抗があったけれど、「春との旅」なら仕方ないと。
【2010/05/23 11:33】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

犬塚さんへ
いつもいい映画を紹介して下さってありがとう。
「春との旅」、監督さんも魅力的な方なのですね。
仲代達矢さんにとって、5本の指に入る好きな脚本だそうです。
徳永えりさんは、隣のマンションにご実家があります。

捨て猫の保護をされている方が(我が家のミューもお世話になりました)、徳永えりさんの家でも捨て猫を引き受けて下さったと、拙ブログを見て、その時のチラシを届けて下さいました。
いちばん弱っている猫(カラスにやられて2回も手術をしたそう)を「かわいい!」と、えりちゃんが引き受けてくれた、とても優しい子だと言われていましたが、実はこの猫の兄弟が「太秦の役者猫兄弟」で、京都にいるようですよ。
【2010/05/23 16:33】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/404-c02b54bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード