心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-小春日の小旅行
  IMG_99701012.jpg
  【室内から眺めたお庭】

 12月初めの好天に恵まれた一日、小旅行に誘って頂き、少し遠くに出かけました。
姫路までは電車で、あとは立派な車で案内して頂き、まるで夢のような一日を過ごしました。

          IMG_99201012.jpg
          【池に映る紅葉】

          IMG_99261012.jpg
          【裏庭の紅葉】

関西花の寺二十五カ所の一つ、兵庫県神崎郡福崎町にある「應聖寺(おうしょうじ)」です。
雄大な自然を背景にしたお庭を、たくさんの句碑や何百年も前の墓碑などを拝見しながら散策しました。
二月の節分、六月の沙羅の時期が特にお勧めだそうですが、前の住職の彫られた石像や扁額の書、わざわざ掛けて下さっていた伊丹三樹彦氏の句・書の軸も素晴らしかったです。
時々句会や歌会が開かれるというお座敷で、お抹茶と「沙羅」という名の和菓子を美味しく頂きました。
ここには書ききれないほどたくさんのお話を伺い、その一つ一つが鮮明に心に残っています。

  IMG_99011012.jpg

  IMG_98971012.jpg
  【写真の涅槃釈迦も、前の住職が彫られたそうで、お腹の部分はさつきの生け垣です。】
  【この涅槃釈迦を詠まれた伊丹三樹彦氏の句が十句、立派な石碑となって傍にあります。】


        seseraginoyu1012.jpg
        【パンフレットの一部】

続いて、神崎郡市川町にある「かさがた温泉 せせらぎの湯」に。http://www.seseraginoyu.com/
素朴な食事処で「花かご弁当」を美味しく頂き、同じ敷地にある「思い出博物館」を案内して頂きました。
思っていた以上に充実した素晴らしい博物館で、分野別に四カ所(蝶6000頭、昔の車40台、カメラ800台、民具・農具300点)を、詳しい説明を受けながら見学しました。
懐かしい物もたくさんありましたが、特に「蝶」の展示は美しいし勉強にもなって、感心しっぱなしでした。
温泉は、お湯質が柔らかく温度も入りやすくて気に入りました。
最後に、素敵なご自宅でお茶を頂いて、楽しく満ち足りた一日を終えました。
近くでは螢も見えるそうなので、必ず再訪しようと思っています。

     tyougaku1012.jpg
     【これは装飾額ですが、広い室内に地域別・特徴別にきちんと立派な展示があります。】

  IMG_99801012.jpg
   【1階と2階に、すごい車がさりげなく飾ってあり、驚きました。私はこの青い車が気に入りました。】

 帰りの電車で、「幸せな一日だったわねえ」と話しこんでいたら、目的地である終点駅に着いたのも全く気付かず、三駅ほど戻ってから「あら、なんか変だわね」というような出来事もありました。
ほんとに夢見心地の一日だったのだと思います。

  IMG_99291012.jpg

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

お疲れさまです・・・

伊丹氏の写俳「天竺~」を今。読んでいます。
これから目標にします。
【2010/12/23 22:13】 URL | 中村ケンジ #- [ 編集]

中村ケンジさんへ
お早うございます。
クリスマスですね。いい一日になりますように。
>伊丹氏の写俳「天竺~」を今。読んでいます。
伊丹氏、喜ばれますよ。
写真の句碑、句も字もいいですよ~。
【2010/12/24 07:53】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


涅槃釈迦は住職のしゃれっ気が表れているような。
罰当たりとしかられかねないですが、思いやりからと思うのが本当に信心深い人なのかもしれません。
インドに比べたら日本は寒いですからね。
【2010/12/24 23:01】 URL | こもれび #hGt.gl.I [ 編集]

こもれびさんへ
この涅槃釈迦を彫られた住職さん、癌で余命3ヶ月と言われてから、大きな石仏を他にも何体か彫られ、10年寿命を延ばされたそうです。
このお釈迦様、大陸的なのんびりとした顔をされていますが、不動明王も愛嬌のある、でも媚びのない、いいお顔でした。また会いに行きたいです。
胴体のサツキが段々大きくなってメタボになってきたと、奥様が笑われていました。
【2010/12/25 09:44】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


おはようございます。

素敵な1日を過ごされたようですね、景色も綺麗で何か時代劇にでも出てきそうな建物ですね、
心和む景色、こちらは比一日と寒々しい景色に変わって行っています。

暖かい小春日和にお日様を浴びて散歩をしてみたくなります。

その日の代わりに亀さんの写真で空想してみますv-290
【2010/12/25 10:50】 URL | 夢詩 #- [ 編集]

夢詩さんへ
こんばんは。
今日は、こちらも大変な寒さで、初雪が少しだけですが、舞いました。
寒いので室内にこもって、年賀状を仕上げました。

写真の「應聖寺(おうしょうじ)」さんは、地方の長い歴史のあるお寺さんです。
とてもきれいにお掃除をされているので、透き通ったガラスに小鳥がよくぶつかってしまうそうです。
訪ねたときも、きれいなイカルという鳥が、その犠牲になっていて、かわいそうでした。

本格的な冬になってきました。お体、気をつけてくださいね。
【2010/12/25 17:53】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

行ってきました
こんばんは。
すっかり年末になってしまいましたね。

23日、予定通り夫と「せせらぎの湯」へ行ってきました。
私の家からナビを頼りに行ったのですが、加西市の北西部を抜け曲がりくねった峠に差し掛かるにつれて、なんだか記憶しているような風景・・・・
そういえば10年ほど前にバドミントン仲間と通った道のような。
峠を越えてつき当たりを右折して・・・なんと行ったことのある温泉だったのです。
びっくり。
薄れかけている記憶を手繰り寄せ、せせらぎの湯に入って、すぐ近くの食堂で食事をしたことを思い出しました。

先日はちょうどせせらぎの湯前の駐車場がアスファルト工事中で記憶の場所には入れませんでしたが、みはらしの湯でポッカポッカに温まりました。
売店で粉豆腐(生協でたまに見つけたら買うことにしているお気に入りなのです)を見つけ、大喜びで買って来ました。

思い出博物館は8周年だそうですから、きっとまだ博物館ができてないころに行ったのだと思います。
記憶の中ではもっと素朴だったから。

紹介してくださってありがとう。
忘れかけていたかつての楽しかった一日を思い出しましたよ。

【2010/12/26 23:23】 URL | GANKO #- [ 編集]

GANKOちゃんへ
お早う!
早速、行って下さったのね、ありがとう!

ここは、姫路の工場を中国に移転するにあたって、地元の雇用確保を目的に、会社の保養地だったところを、今のようにされたそうです。
地元の素朴さを売りにされているとのことで、今時流行のスーパー銭湯みたいじゃないところと設立目的が気に入り、パンフを送りました。

GANKOちゃんのところからは近いので、行ったことがあるのでは?と思っていましたが、やっぱり!
バドミントン仲間との懐かしい場所だったんですね!よかった!!!

私は、温泉の売店でよもぎ餅を買って喜んでいたのですが、「粉豆腐」っていうのがあるのね。今度行ったら買ってみます。
昼食の刺身こんにゃくが美味しくて透明感があってきれいだったので、これもおみやげに欲しかったのだけど、売ってないそうです。

夫と息子が、行きたいと言っているので、再訪する予定です。
先日案内して下さったご夫妻も、このブログを見て喜んで下さり、ちょっと恩返しができたかなと思っています。
【2010/12/27 11:32】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


こんばんは。
とうとうあと2日足らずで新年ですね。
パソコンを換えたので年賀状作りに時間がかかり、やっと書き終えました。
なかなか掃除もはかどらず、何もかもが例年より遅れています。
でも「掃除を手抜きしてもまあいいことにしよう」などと、夫と都合のいいことを言い合っているのです。
歳をとったものです。

「姫路の工場を中国に移転するにあたって、地元の雇用確保を目的に、会社の保養地だったところを、今のようにされたそうです。」

地域のことも考えて、素晴らしい経営者ですね。
感激しました。

福崎町の膺聖寺」は行ったことがないので、涅槃釈迦の体のさつきが咲くころにぜひ行ってみたいと思います。
春の楽しみになりました。

一針一針に心のこもった手作りのプレゼント、良かったねえ。
ホントに今年は良い年でしたね。
来年もよい年になりますように。



【2010/12/30 00:47】 URL | GANKO #- [ 編集]

GANKOちゃんへ
お早う!
>「掃除を手抜きしてもまあいいことにしよう」
そうそう、無理をしないのが一番です。
見える範囲が片付くだけで、ずいぶん気が楽になりますから、その程度で。

>地域のことも考えて、素晴らしい経営者ですね。
同感です。会社を経営するということには、それだけの社会的責任があるということです。
従業員の生活もかかっているし、地域への貢献もある。大器でないとできません。
従業員の方たちとのやりとりが温かで、互いに穏やな笑顔だったのが印象的でした。

>春の楽しみになりました。
我が家もです。サツキ、沙羅、蓮・・・。水仙の花畑には、鹿の糞が籾殻の上で目立っていました。
ゴイサギが、高い木の上で、池の鯉を狙っていました。
皆さんから頂いた鯉を守らねばと、奥さんもテグスを張って抗戦されていましたが、サギも餌に欲しいようで…。
熊?猪?が出るので、先生を先頭に集団下校というような話もされていたような記憶が…。
節分が餅まきなどもあって、面白いそうですが、雪が降ると怖いわね。

今年は、ほんとにいっぱい嬉しいことがありました。
いろんな人にいっぱい「ありがとう!」って言いたいです。
【2010/12/30 09:36】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/436-51c155ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年4カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード