心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-GWは美術館三昧
 皆さん、連休はいかがお過ごしでしたか?私は、ずっと見たいと思っていた美術展がたくさんあったので、ひたすら美術館通いの日々でした。好きなものをいっぱい見られて、ありがたく幸せでした。

兵庫県立美術館 4月26日~6月26日
 『カンディンスキーと青騎士 色彩革命!モダン・アートはここから始まった

kandinsky201105.jpg  kandinskybook.jpg  kandinskyforms.jpg

私の大好きなカンディンスキーが、右端のような絵(これはありませんでした)を描くようになるまでの美術運動を、ミュンヘン市立レンバッハハウス美術館所蔵作品を中心に紹介した展覧会でした。私の好みのものは、今回あまりなかったのですが、作品の中の青色がとても印象的で心惹かれました。絵葉書をいっぱい買いました。本も。
写真中央・・・美の20世紀〈7〉『カンディンスキー』(二玄社/2007年/1680円)


京都国立近代美術館 3月12日~5月15日
 『パウル・クレー おわらないアトリエ

paulklee201105.jpg  kleebook.jpg  kleetunawatarisi.jpg
 
今回は「クレー作品が物理的にどのように作られたか」に焦点をあて、私の大好きな右端のような絵が、どのような方法で描かれたか紹介してあり、ちょっと真似したくなりました。アトリエの写真に写っている作品と目の前の作品の番号が合わせて飾ってあり、興味深かったです。下書きが多かったので、いつかベルンのパウル・クレー・センターを訪ね、カラフルな完成品に触れたいです。色の美しさと線の面白さに、絵葉書をいっぱい買いました。本も。
写真中央・・・美の20世紀〈9〉『クレー』(二玄社/2007年/1680円)


BBプラザ美術館 3月11日~4月17日/4月19日~5月22日
 『三好和義写真展 世界遺産 屋久島

miyosikazuyosi201105.jpg  yakusimamiyosi.jpg  morudeibu.jpg

澄み切った海の写真で大好きになった三好和義氏の写真。今回は、私もずっと憧れている屋久島を撮った写真展です。兵庫県立美術館の近くにある小さな展示室なので、興味のある方は、ついでに見に行く程度でいいかなと思います。私はドジなことをして、別の日に訪ねてしまいました。以前にデパートであった井上博道氏の写真展や奈良の写真美術館にある入江泰吉氏の写真展のように、今度は大きいところでやってほしいです。
三好和義写真集『世界遺産・屋久島』(小学館/2000年/3780円)
三好和義写真集『モルディブ―青い楽園』(小学館/1999年/2310円)


 大好きな人たちの詩集

kure-noehon.jpg  kure-notensi.jpg  hazimarinouta.jpg

美しいものは、自然も、人間が作ったものも、心を癒してくれます。
そこに、大好きな人たちの詩が加われば、言葉好きの私には最上の喜びです。

パウル・クレー/谷川俊太郎『クレーの絵本』(講談社/1995年/1575円)
知っている詩がほとんどでした。表紙の魚の絵「黄金の魚」に添えられた詩が、今の気持ちに合いました。
どんなよろこびのふかいうみにも / ひとつぶのなみだが /とけていないということはない

パウル・クレー/谷川俊太郎『クレーの天使』(講談社/2000年/1575円)
私は「天使」という言葉が少々苦手なのですが、夫のリクエストで買いました。線描を真似たいそうです。
表紙の絵「忘れっぽい天使」に添えられた詩の四連目が好きです。
ああ そうだったのかと / すべてがふにおちて / しんでゆくことができるだろうか

写真詩集『はじまりの詩』(ピエ・ブックス/2011年/1280円)
帯文―卒業、就職、旅立ち、結婚…新たなスタートラインに立つあなたに贈る4つの詩
佐倉康彦「なにかにであうため」、新沢としひこ「みちくさ」、高丸もと子「今日からはじまる」、吉野弘「祝婚歌」が美しい自然の写真と組み合わされて載っています。ほっとしたい人、誰かにプレゼントしたい人にぴったりの優しい気持ちになれる詩集です。高丸もと子さんに頂いたサインが可愛くて嬉しいです。


テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

こんばんわ、今本に飢えています。
ちょと今色んな事に手を出してしまい、本を読む時間が夜しかないのですが夜になると目疲れて
でも、ブログにお邪魔して久しく詩集を読んでいないなぁと思い、若い時の様にまた読んでみたくなりました。
時間を見つけて探しに行こうかと
また、したいことが増えてしまい、何からやろうかと考える楽しみも増えました。



【2011/05/11 20:43】 URL | 夢詩 #- [ 編集]


どうも…
それにしてもホントに勉強熱心でうらやましいです。

三好和義氏は私も大好きです。
【2011/05/11 21:18】 URL | 中村ケンジ #- [ 編集]


「芸術のGW」
亀さんらしい連休でしたね。
充実されて心に栄養が染みわたったことでしょう。


箱根に美術館がいろいろありますが二女の婿殿には関心がなさそうなのであえて提案しませんでした。
新しい発見、婿殿2が歴史好きだったの。
箱根神社で「蘇我兄弟展」 関所跡の資料館でそれはそれは丁寧に観ていました。
【2011/05/12 14:47】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

夢詩さんへ
お久しぶりです。お元気でしたか?
地震・津波・原発・・・辛いことの多い春でしたね。
言葉は、お腹は満たしてくれないけれど、心を救ってくれることがありますものね。
お時間ができたら、詩集にも触れてみて下さい。

私も、最近は俳句や短歌など五七音の定型ばかりで、詩を読む機会が少なかったので、久しぶりの詩集はなんだかちょっと不思議な感覚でした。

>また、したいことが増えてしまい、何からやろうかと考える楽しみも増えました。
北海道はこれから野外が気持ちいい季節ですね。大いに楽しんで下さい。
【2011/05/12 22:49】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

中村ケンジさんへ
>それにしてもホントに勉強熱心でうらやましいです。
興味や好奇心がある限りは、元気でいられるかなって思います。
中村さんも、大いに勉強して下さい。
謙虚に学ぶ姿勢が、人間的な成長を促すと、私は信じています。

【2011/05/12 22:53】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベンジャミンさんへ
私は美術館で見終わって、絵はがきを買うのがとても好きなのです。
絵もすべてを丁寧に見るわけではなく、好きな絵を見つけるのが好き!というマイペース型ですよ。

昨日、BS朝日で運良く「パウル・クレー」の特集をやっていて、ますますスイスのベルンにあるパウル・クレー・センターに行きたくなりました。
NHK教育の日曜美術館では、いつも東京の素敵な美術館の紹介があり、お近くにお住まいのベンジャミンさんを羨ましく思っています。
箱根の美術館も憧れているので、いつか必ずと心に留めています。

お婿さんが歴史がお好きという発見は、嬉しいですね。
美術館は駄目でも、歴史ある土地にご一緒に出かけられる楽しみが増えましたね。
【2011/05/12 23:02】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/465-dd0eaab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード