心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-天神祭陸渡御
天神祭陸渡御に行ってきました。

15:30催太鼓(モヨオシダイコ)を先頭に、天満宮を出発。天狗の面の猿田彦が、馬にまたがって渡御列を先導し、神鉾(カミホコ)、地車(ダンジリ)、吉備講(キビコウ)、獅子舞(傘踊り、四つ竹も)、狸々山車(ショウジョウダシ)、采女(ウネメ)、稚児、敬神婦人会、文車(フグルマ=菅公の本を運ぶ)、牛曳童児(ウシヒキドウジ)、錦旗(キンキ)、風流花傘、唐櫃(カラヒツ)、総奉行、大真榊(オオマサカキ)、御車(オハグルマ)、御太刀(オンタチ=菅公の太刀)、御錦蓋(オキンガイ=日傘)、御菅蓋(オカンガイ)、御鳳輦(ゴホウレン=菅原道真公の御神霊を奉安した神輿で、渡御の中心的存在)、 瑞枝童児(ミズエノチゴ)、斎王、氏子総代、鳳神輿、玉神輿、天神祭囃子で、3000名2時間ほどの陸渡御は終了。続けて、船渡御へ。

IMGP4337201107.jpg

  催太鼓の若者たち。真紅の投頭巾をかぶった願人(ガンジ)が、勇ましくてかっこいい!

IMG_2399201107.jpg tenzinmaturi201107[2]

  この先頭の青年二人(花の人と傘の人)の顔と動きが、とっても素敵でした!特に足の動き!
  傘踊りの集団は、お囃子も踊りもリズミカルで洒落ていました。
  踊り手の衣裳もかっこよくて、衣裳と傘についている鈴の音と、元気なかけ声が華やかで、祭の雰囲気を盛り上げていました。

  IMG_2408201107.jpg

  IMG_2394201107.jpg

  獅子が氏子の家に入り、お店の前で互いに「大阪じめ」(=打ちまーしょチョンチョン、もひとつせ~チョンチョン、祝うて三度チョンチョンと、三度の手拍子)を交わしているところです。地元密着で、祭本来の意味を失っていないことに心ひかれます。

   IMG_2416201107[2]    IMG_2428201107[2]

  IMG_2431201107.jpg

  稚児さんたちは、ほんとに可愛くていいお顔!二階からの呼び声に顔を向けているところ。

  IMG_2438201107.jpg

  花飾りをつけた牛、たくさんの馬も、暑い中、長い距離を歩いてお疲れ様でした。

  IMG_2446201107.jpg

  IMG_2453201107.jpg

  IMG_2461201107.jpg

IMGP4535201107.jpg

  手の届くほど間近に見た御神輿は、大変な迫力でした。相当重そうです。

IMGP4544201107.jpg
 
  IMG_2506201107.jpg

  天満宮境内では、お囃子を奉納している人たちがいて、皆の注目を集めていました。
  御列が出た後の各講では、獅子に頭を噛んでもらっている人もおり、興味深かったです。
 
  IMG_2515201107.jpg

  IMG_2519201107.jpg

    出店も天神橋筋商店街も、大変な賑わいでした。商店街独自のお神輿もありました。

IMGP4561201107.jpg

 町人が、自分たちの力で守り育ててきた祭だけあって、参加をしている人の顔が生き生きしているのが、素晴らしかったです。1000年の歴史と今を生きる人のエネルギーと両方を味わうことができて、心を沸き立てるお囃子と、バラエティに富んだ衣裳にわくわくしっぱなしでした。運よく日陰で見ることができ、風も吹いて快適で、初めての陸渡御見学は、最高に楽しかったです。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

この記事に対するコメント
こんばんは
中国のお祭り?って思うほど漢字が難しいです。

ご年配の方、お若い方、そして小さな子供さんまで皆さんにいお顔をされていますね。
さすが亀さん、動きが伝わってきます。
大きなお神輿、人も乗ってますね。
数年前に友人の息子さん、娘さんが担ぐと言うので浅草の三社祭を見に行った事があります。
ここはお神輿の上に乗ってはいけない規則でした。

これからも長く続いて欲しいですね。

お祭りにはすっかり縁遠くなってしまったので金魚すくいの文字が懐かしいです。
【2011/07/28 19:54】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
>中国のお祭り?って思うほど漢字が難しいです。
さすが1000年の歴史!ですよね。
パンフレットを見ながら、必死?で写しました。

>ご年配の方、お若い方、そして小さな子供さんまで皆さんにいお顔をされていますね。
お祭やお花を見に行くのが楽しいのは、こんなふうに皆がいい顔をしているのに出会えるからかもしれませんね。
お祭は、おまけに、元気いっぱいだから、気持ちが高ぶるのかもしれませんね。

>ここはお神輿の上に乗ってはいけない規則でした。
お祭で命を落とす例がありますもんね。
お神輿と馬の時は、事故のないよう、関係者の方が気を遣っているのがよくわかりました。
踊りながら、水分補給の缶飲料を受け取っているのも、庶民的でよかったです。

>お祭りにはすっかり縁遠くなってしまったので金魚すくいの文字が懐かしいです。
ベンジャミンさんは、金魚すくい、お得意でしたか?
私は全く駄目で…、でもやってみたくて…。綿菓子が大好きでした、これは今でも。
【2011/07/29 07:44】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/485-30bd7be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード