心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
手作りが好き!-和服のリフォーム
 久しぶりの「手作りが好き!」です。

この夏は、和服のリフォームにはまってしまい、一気に八着作りました。
お裁縫は、中学校で習った以外は、すべて本を読んでの自己流なので、全く自信はないのですが、考えたら、お料理だってそうなのです。きちんと製図をしての洋裁は苦手ですが、これは、「冷蔵庫の残り物を組み合わせてオリジナルの料理を作る」楽しさに通じるところがあって、限られた布で使える部分を利用してというのが、私の性格にとても合っていました。和服の布地は思っていたよりずっとしっかりしていて、35cmほどの反物の幅を生かせば、端ミシンの必要もなく短時間でできたため、次々と作ることに…。面白かったです。ミシンを出したついでに、クッションやカバーをたくさん作り替えました。縫い物をしているときって、「無心」になっているんだなって、改めて気づきました。

  IMG_2615201108.jpg   IMG_2643201108.jpg

これはツーピースに見えますが、実はワンピース。母の着物から作りましたが、見頃・衽(おくみ)・衿(えり)をそのまま利用しているので、再度着物に仕立て直しができます。


  IMG_2637201108.jpg   IMG_2649201108.jpg

これは袖と衽だけで作りました。とても簡単です。スカーフ状の衿の結び方を変えると、いろいろ雰囲気が変わって楽しめます。 (色の違いは光の加減によります。)


  IMG_2639201108.jpg   IMG_2646201108.jpg

これは利用できるところを探しつつ、まず布をはぎ合わせてから型をとりました。はぎれで、花のブローチを作りました。つける位置で楽しめそう…。(色の違いは光の加減によります。)


  IMG_2633201108.jpg    IMG_2635201108.jpg

東寺の市で買った布ですが、派手なので、のれんにもできず使い道に困っていました。縞を生かしてギャザースカートにしたら、民族衣装みたいになったので、合わせてボレロも作ってみましたが、一緒に着るのはちょっと勇気がいるかも…。


  IMG_2636201108.jpg    IMG_2642201108.jpg

左:頂いた布の利用できるところをすべて使って、何とか着られる状態にしました。あちこち接ぎ合わせているのですが、その組み合わせを考えるのが、工夫のしがいがあって面白かったです。

右:深いV衿なので着やすいです。お揃いのスカーフを巻くと、ちょっとお洒落な感じで気に入ってます。いちばん出番が多くなりそうな予感がしています。


  IMG_2644201108.jpg   IMG_2629201108.jpg

衿の部分は、ブローチやスカーフ留めのちょうど似合うのがあったので、気楽に着られる一着となりました。最初にこれを作りました。布を接ぎ合わせたところには、グレーのパイピングを入れてアクセントにしました。

 追加で…

実は何年も前から、自分の書の作品を自分で表装しようと、そのための布を集めていました。しかし、なかなか大きな条幅作品の表装をするまでに至らず、20年前の作品がそのままになっていました。この夏ひょんなことから、よりやんのご主人に安いお値段で表装して頂くことができ、やっと長年の懸案事項が片付きました。と同時に、自分がするよりずっと美しくしかも安く、プロがやってくださることがわかり、表装用にと買っていた布が不要になりました。というわけで、古い着物地をリフォームする決心がつき、今回の服作りとなったのです。

  IMG_2601201108.jpg   IMG_2603201108.jpg   IMG_2604201108.jpg

  左二つが「丸表装」、右端が「三段表装」。隷書にチャレンジするも、未熟。
  「黄琬(こうえん)」は雅号です。


  IMG_2606201108.jpg   IMG_2609201108.jpg   IMG_2611201108.jpg

   左二つが「丸表装」、右端が「三段表装」。
   わけも分からず書いていて、ひどい字です…特に真ん中。


再び追加です。

リフォーム着物の参考本を教えて欲しいという声がありましたので、私が使ったのをご紹介します。

   hasamiwoirenaikimono.jpg  hasamiwoirezunikimono.jpg

古川敏子著『はさみを入れない着物リフォーム』(2009年/河出書房新社/1365円)
古川敏子・伊藤恵子著『はさみを入れずにおしゃれ着物リフォーム』(2011年/河出書房新社/1365円)
この2冊は、作り方が詳しく載っていて、初心者でもすぐできますが、その分、種類は少ないです。

   yasasiikimono33.jpg  kimonorimeiku.jpg

渋谷容子著『やさしい着物リフォーム』(2010年/成美堂出版/1155円)33点載っています。
佐藤智子・羽山みな子著『きものリメイクスタイルブック』(2010年/永岡書店/1365円)これは、この後新たに購入しました。

 私は見るのも楽しみなので購入しましたが、図書館にもいろいろありましたので、一度借りてみて、自分の好みやレベルに合う本を手元に1冊持たれるといいかと思います。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
素晴らしい
亀さんてなんでも最後遂げられるのね。
お母様想い出のお着物がこのほうにリメイクされて嬉しいですね。
以前お会いした亀さんのお顔をお洋服の上にのせて思い出すとピッタリとお似合いだわ。
矢絣のベスト?は長めでお尻が隠れそう(お尻を隠す事が私には大事なので)

書も立派ですね。
こうして表装された書は見ごたえがあります。

草書のかすれもきれいに出てて、(分からないのですが)お上手ですね。

いい夏をお過ごしですね。
【2011/08/19 09:09】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]


やっと 今日は少し 涼しい風を感じています。
和服のリホーム 楽しく 素敵に変身しましたね。凄いです。
着物さんたちも喜んでいるでしょうね。どんどん 着て遊んであげなくちゃね。
書は読めない字がたくさんありますが、鑑賞するのは好きです。筆使いや流れを頭のなかや指でなぞっています。さきほど 主人にこのコーナーを見せました。うれしそうに観てました。私は中学まで風呂やさんかつお習字の先生のところで習ってました。亀ちゃんも同じところかな。そのころは生徒がいっぱいでおうちの台所まで生徒さんが陣取っていました。大きな庭があり池には大きな鯉が泳いでいて。渡り廊下の向こうがお風呂屋さんになっていました。高校の最後に 突然書道部に入部してふたたび その先生に学校で少しだけ 習いました。そのとき 商業科に物静かな人で右手が不自由で左手で上手に書いておられる同級生もおられたり  人数は少なかったですが皆で 仲良く練習したのを思い出しました。
書は 私は今はぜんぜんやっていませんが、鑑賞していますと落ち着きます。
今日はじっくりと主人にみせてもらっていまぜんでしたので 鑑賞させていただきました。
 
そのうち 帯の改良をお教えしますね。すごいよ 私のオリジナルは。
【2011/08/19 21:55】 URL | よりやん #- [ 編集]


素敵!着物って洋服にリフォーム出来るんですね。
スカーフになっているデザインのもの、とても良いですね。
素材も着ていて涼しそうですね。

書もたしなんでおられるとは知りませんでした。
自分の作品を書いて掛け軸に出来るなんて素敵ですね。
うちの母も、3年前程前から近くの書道教室に通って何やら書いています。
気持ちがすっと落ち着くそうです。
【2011/08/20 14:52】 URL | 宮岡絵美 #- [ 編集]

ベンジャミン(keiko)
お早うございます。コメントありがとうございます。
短歌の大会で長野に行っていて、お返事遅くなりました。

>矢絣のベスト?は長めでお尻が隠れそう(お尻を隠す事が私には大事なので)
私もです。これがいちばん重宝しそうだなと思ってます。
作りつつ、着ることそのものより、作ってみることが好きなんだなって、改めて気づきました。

>こうして表装された書は見ごたえがあります。
わけも分からず書いていた時代の作品ですが、きちんと表装してもらったので、その時代の思い出と一緒に残すことができ、よかったです。

>いい夏をお過ごしですね。
ありがとうございます。有休と夏期休暇をとって、忙しく楽しんでます。
私が夏が好きなのは、お休みがまとめてとれるせいかもしれないですね。
【2011/08/22 08:08】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

よりやんへ
お早うございます。コメントありがとうございます。
短歌の大会が今年は長野であり(昨年は松山)、金曜から出かけ、昨夜遅く帰ってきました。

>やっと 今日は少し 涼しい風を感じています。
この一週間は涼しそうですね。涼しくなると、「夏が終わる…」と、寂しくなります。

>どんどん 着て遊んであげなくちゃね。
そうですね。「遊んで」の方が、主になりますけどね。

>さきほど 主人にこのコーナーを見せました。うれしそうに観てました。
本当は、もっとアップで、布の質感や、本紙(作品)の周りの細見(細く入れて頂いた筋回し)などが見られるようにしたらよかったのですが…。
とってもきれいにして頂いて、いい思い出になりました。
またお願いすると思いますので、よろしくお伝え下さい。

>亀ちゃんも同じところかな。
私が行っていたところは、蔵を改造したところが練習場所でした。
池があったり、渡り廊下をはさんで、本宅があるところは似ているけれど、お風呂屋さんだったかなあ?本町4丁目のF薬局の横の筋を入ったところでした。

>高校の最後に 突然書道部に入部して
そうだったんだ!全然知らなかった。よりやん、達筆だものね。なるほど!
ちなみに私は一瞬だけ、桂子さんとESSに入ったのよ。
私のは、ここに載せて改めて見ると、未熟なのがよくわかり恥ずかしい限りですが、息子と一緒に習いに行っていた頃がよみがえり、きちんと残してよかったと思いました。

>そのうち 帯の改良をお教えしますね。すごいよ 私のオリジナルは。
とっても楽しみ!母や姉からもらった着物も着てあげないと、天国で悲しむものね。 
【2011/08/22 08:27】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

宮岡絵美さんへ
お早うございます。コメントありがとうございます。
「塔」の全国大会で、長野に行き、昨夜遅く帰って来ました。来年は、大阪です。

>素敵!着物って洋服にリフォーム出来るんですね。
たくさん本が出ていて、見るだけでも面白かったのですが、作るとはまりました。
スカーフが衿になっているのは、生地が色もデザインも気に入ってます。
確か、東寺の市で安く買った生地だったと思います。

>気持ちがすっと落ち着くそうです。
お母様もされてるんですね。私も、仮名を始めました。
無の境地になるから、いいですよ。縫い物をしているときも。

ここに載せた作品は、20年ほど前、長男と習いに行っていたときのものなんですよ。
忙しかったので、きちんと研究もせず、ただ書いていただけ…、未熟なのが目立ちます。
今書いたら、またちょっと違った感じかなと思いますが、今度は逆にこんな大きな(1・5mくらい)のを書く体力が足りないわ…。
【2011/08/22 08:37】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/488-9f5524d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード