心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-今年最後のご紹介本
 今年もあと少しで終わり。毎日悔いのないようにと、自分なりに一生懸命生きました。
世の中はなかなか自分の思うようにはいきませんが、せめて自分自身は自分の思うように。
パソコンに向かう時間は最小限にし、できる限り地に足をつけて生きようと思った一年でした。
今年も拙いブログにお付き合い下さってありがとうございました。コメントに励まされました。
さて、今年最後の本の紹介です。ちょっとその前に、皆さんに見ていただきたい写真を一枚。

 今年撮った中で一番気に入っている元気になれる写真です。
103歳の書の先生。右の条幅(半切大)は、先生のこの秋の書道展用の新作です。
忘年会の食事の飾りについていたクリスマスブッシュを手に満面の笑み。(ほろ酔い?)
45歳も年下の私よりずっときれいでつやつやしたお肌!口元の小じわがないのも驚異的!
ご自身の歯と髪です。自分でお買い物もお料理もされ、十数名の生徒を持つ現役の書の師。
生き生きと明るく元気でよく動かれます。大きな笑い声のたえない毎日に、長寿の秘訣あり。
甘えず自分のことは自分でするという当たり前のことを、ずっと続けておられるからですね。

suganoyasensei.jpg

 まだ紹介してなかった本の中から、読みやすいものを10冊。
今年読んだのは、173冊。本物の読書家のような難しい本は、読めていません。

A:人が殺されないミステリー。なので、謎解きを楽しみながら、私にも読めました。

  biburiakosyo.jpg   bannoukanteisi.jpg

三上延著『ビブリア古書堂の事件帖』(メディアワークス文庫・2011年・590円)
    気楽に読める楽しい本でした。本好きの人は、はまりそう。次も楽しみです。

松岡圭祐著『万能鑑定士の事件簿Q ⅩⅡ』(角川文庫・2011年・514円)
    太陽の塔が舞台で、住んでいる地域がたくさん出るので、このシリーズ最終巻だけ購入。
    土地勘のある人間が読むと「あれ?」と思うところもありましたが、近所が出て嬉しい。


B:中高校生向きの作品が多い作者ですが、上手い書き手で気に入りました。

 pinkunokamisama.jpg  musibotoru.jpg  engeisyounen.jpg

魚住直子著『ピンクの神様』(講談社・2008年・1500円)
     七つの短編集で、若い女性が主人公。人と関わる時の微妙な心理がよく書けています。

魚住直子著『大盛りワックス虫ボトル』(講談社・2011年・950円)
     中学2年の男子3人が主人公の物語。面白いだけでなく、しみじみとした良さもあり。

魚住直子著『園芸少年』(講談社・2009年・1300円)
     高校1年の男子3人が主人公。園芸に癒され成長していく、面白くてさわやかな物語。
    

C:俳句や国語など言葉に興味のある方、学んでみたい方にもってこいの本です。

  haikuhassouhou.jpg  kokugonokiso.jpg  kokugodokkairyoku.jpg

ひらのこぼ著『名句集100冊から学ぶ俳句発想法』(草思社・2011年・1500円)
     こんなに上手い句を読んだら却って作れなくなるかもしれない…と、心配になりました。
     所属する「空」の主宰柴田佐知子先生の句集『垂直』も、紹介してあります。

後藤武士著『読むだけですっきりわかる国語の基礎』(宝島SUGOI文庫・2011年・476円)
後藤武士著『読むだけですっきりわかる国語読解力』(宝島SUGOI文庫・2011年・457円)
     どちらも納得のいく内容で、国語という教科の特性や学び方を習得できるいい本でした。


D:懐かしい感じのする漫画です。気持ちがよく表現できていて、浅くないのがいい。

  3gatunoraion.jpg  supika.jpg

羽海野チカ著『3月のライオン』(白泉社・2011年・486円) 
     将棋士の主人公と、彼と関わりのある一家の真剣で温かい物語。人間が描けている。
     マンガ大賞2011と講談社漫画賞のW受賞もうなずける力作です。

羽海野チカ著『スピカ』(白泉社・2011年・500円)
     初期の短編集。彼女の作品の原点が詰まっていて、これもよかったなあ。 

          皆さん、よいお年をお迎えください。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この一年 いろいろと 楽しませていただきました。
亀ちゃんもおせちとか頑張ってつくっているのかなあ  今ごろ

書の先生  素敵なすばらしい方ですね。 私たちもまだまだ ひよっこですね。
人との出会いは自分の人生にいろいろな影響を受けますし 考え方をころっと変えていただくことも多々ありますね。

亀ちゃんもゆっくりとこれからも素敵なことの発信を楽しまれることを祈ってます。
この一年もお疲れさまでした。
今 高松の息子が帰ってきて 元町の海文堂に本を買いに行きました。
さあ お正月 大変かも。適当にがんばりまああす。
 
【2011/12/30 15:18】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
こちらこそ大変お世話になりました。
いろいろ力を貸してくれて、ありがとう。ご主人様にもよろしくね。

>書の先生  素敵なすばらしい方ですね。 私たちもまだまだ ひよっこですね。
私の身内に、こんな長生きの方はいないので、学ぶことがいっぱいです。

何歳からでもやりたいことがあればやったらいい。
自分のことは自分できっちり責任をもってやっていこう。
助けてもらえることは助けてもらい、でも自分を甘やかすことはせず…等々、

書を習うより、先生とお話がしたくて通っている人がほとんどです。

>元町の海文堂
懐かしいなあ。元町には、ジュンク堂や古本屋さんもありますね。好きな街です。

>適当にがんばりまああす。
そうですね。私も。今年は大掃除を早々と済ませたので、気が楽です。
ご家族の皆さんが揃われるんですね。いいですね。楽しいお正月を!
【2011/12/30 22:49】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/504-f9231e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード