心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く言葉-いろいろ言葉や置物
 2月は、2月2日にゃんにゃん、2月22日にゃんにゃんにゃんと猫の日多し。
というわけで、頂いたり買ったりで、私のもとにある猫の置物をアップしてみました。
あわせて、
新聞や雑誌を読んでいて見つけた、最近お気に入りの言葉を手帳からうつ(写・移)しました。

  nekocard.jpg   IMG_3673.jpg   IMG_3678.jpg
友人から今年届いたBirthdayCard。  餃子鍋をのぞくハオ。  身軽なミューと重たいハオ。

*高浜虚子(俳人)に 「清濁併せのまないと大成しないよ」と言われ、
 水原秋櫻子(俳人)は 「濁をのむなら大をなさなくてよい」・・・同感!
 秋櫻子 「主情を通して景を詠む。しかし言葉が生であってはいけない。」

*歌(短歌)に大切なのは「切実」であること。・・・誰の言葉だったかなあ?

*藤原和博 「一つのことを成そうと思えば10000時間必要。1日3時間で10年間。
      一流にはなれなくても二流のトップにはなれる。」・・・なるほど。

  IMG_3698.jpg   IMG_3710.jpg   IMG_3700.jpg

*上野由岐子(ソフトボール) 「自分で自分を信じることができれば、できないことはないと今も思っています。」

*山崎直子(宇宙飛行士) 「自分で信じて歩いた道を『選んでよかった』と思えるように、毎日を精一杯生きてほしいですね。」

*桂枝雀(落語家) 「おのが運はおのが手でつかめ」・・・そうだよね。

  IMG_3691.jpg   IMG_3706.jpg   IMG_3709.jpg

*北方謙三(作家) 「僕の死生観ですが、『生き残っている者ができることは、忘れないってことなんです。忘れない限り、死んでいないんです。』」

*司修(本の装丁家) 「肉体が滅んでも、魂は大きく存在しうる。人間が生きることの根本は、死者の魂へ語りかけることだと、ぼくはずっと思っているんです。」

・・・言葉は違いますが、お二人は同じことを言われていますね。私もそう思います。


 月は「往(い)ぬ」 月は「逃げる」 月は「去る」 あっという間にもう2月。


若い知人からお誘いがありました、俳句イベントのお知らせです。

シンポジウム&句会ライブ(主催:俳句グループ「関西俳句なう」)
「子どもと作る楽しい俳句を考えませんか」

◆と き:2012年3月3日(土)14:00~(開場:13:30)
◆ところ:平生記念セミナーハウス
     〒658-0051 神戸市東灘区住吉本町2-29-15
     電話 078-854-1605
◆参加費:事前申込:1000円/当日受付:1500円
◆問い合わせ&申込:下記へどうぞ。2月末までに。
     電話:078-412-1660(塩見)
     Eメール:dfcum908@kcc.zaq.ne.jp
     船団ホームページ「お便り」欄

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
どうもです!
どれも素晴らしいコトバですね~

私はドラマティックな脇役を目指します。
私の今年の漢字一文字は「学」です。いろんな事を学びたいと思っています。
【2012/02/06 21:18】 URL | kenji #/qX1gsKM [ 編集]

kenjiさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>私はドラマティックな脇役を目指します。
どんな感じなのかなあ?でも、自分の人生の主役は、もちろん自分ですよね。

>私の今年の漢字一文字は「学」です。いろんな事を学びたいと思っています。
学ぶことは楽しい、嬉しいことですね。私もいろんなことをきちんと学びたいです。
【2012/02/06 21:47】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


猫づくしですね。

猫派と犬派がいて、猫派は道に歩いている猫をみるとすぐに気付き、
犬派は犬の事ならなんでもすぐに目がいくようですね。
検診に行く歯科の先生は猫派でカレンダーや飾り物が猫ちゃんばかりです。


『生き残っている者ができることは、忘れないってことなんです。忘れない限り、死んでいないんです。』

この言葉好きです。
いつか私が死に、娘たちも死ぬと孫がいないので本当に死にます。
【2012/02/08 20:01】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
こんばんは。
今朝は、吹雪いていたので、雪景色でもと思ってカメラを持って出かけましたが、積もる前に止んでしまいました。
テレビで見る雪国は、そんな風流なことも言えない大変な状況ですね。

私は子供の時、犬も猫も飼っていて、どちらも大好きです。
犬も猫もそしていろんな動物たちみんな、なんて愛らしいのだろうってウットリします。

我が家は独身の息子二人で、孫以前の状況なのですよ。
この世で自分が悔いなく生きられたら、それでいいわって思ってます。
亡くなった身内や友人のことは、心の中に宝物みたいに存在しています。
存命かどうかを問わず、大切な思い出はいっぱいあって、心を豊かにしてくれます。
【2012/02/08 22:31】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/511-3c6b1937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード