心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-東日本大震災から1年
 あの大地震から1年。まだ行方不明の方々、2万人に及ぼうとしている亡くなられた方々、家族を家を仕事をなくされた方々、大変な状況の中で頑張り続けておられる方々…に、私は心を寄せ、微々たるカンパしかできない1年でしたが、本当に皆さんにはどんなに辛く悔しく情けなく、言葉にできないしんどい日々だったかと思います。そのしんどさは、今日で終わりではないけれども、ともかく1年過ぎました。明るい未来に向かって、新たなスタートの日となりますことを、心より祈っております。

hisaitihagaki.jpg

被災地の方々が作られた絵葉書です。パソコンボランティアで、被災地(石巻市)の皆さんと交流のある、ブログの友人からプレゼントしてもらいました。


 先週1週間、テレビの特集から目が離せませんでした。
3月4日 NHKスペシャル 映像記録3.11“あの日を忘れない”・・・1年前の報道では知り得なかった各地の地震・津波の映像に、改めて衝撃を受けました。
3月6日 NHKクローズアップ現代 被災3000人アンケート震災を生きた記録・・・津波から孫を助けたのち、お祖母さんが「生きろよ!バンザイ!バンザイ!」と言いながら流されたという話に、号泣してしまいました。
3月8日 MBSTV 関西人必見!巨大地震・津波のホント?ウソ?
3月9日 NHK かんさい発震災特集
3月10日 関西TV 池上彰スペシャル企画あの大震災から1年…・・・仲間に支えられ工場を再建された方の話に涙がこぼれました。原発や原油に頼らない電力供給の情報に、希望を感じました。民間に技術力があるのだから、国が真剣に取り組んでほしいと思います。


genpatukikitotoudaiwahou.jpg


 『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語』 原発訴訟の弁護団の一人として頑張っている友人から、いい本だと勧めてもらい早速注文しました。

今朝の新聞の社会面にあった「15歳の約束 ここから」を読んで、泣きました。
・・・いやだ。目の前で人が死ぬ。手の中で命が消える。「悔しいとか悲しいとか、そういうのを感じないほど心がなんかぼろぼろで」・・・大切な人や家も失い、悲しくて、苦しくて、今はどうにもならないけれど、それをいつか「良かった」と思えるぐらい、自分は大きくなりたい。・・・津波で壊滅した旧校舎で卒業式を開いた中学生たちの言葉です。彼ら・彼女らが、絶対大きな力になると信じています。


 ここからは、私なりの東北の方との関わりです。東北の方の優しくて温かい人柄に、こちらが励まされています。

今年の1月13日(金)、大阪なんば高島屋で「現代書道二十人展」と「大東北展」があるというので出かけました。そこで、伝統工芸士さんの作られた「雄勝硯」(宮城県石巻市雄勝町産の天然石の硯)を買いました。
ogatusuzuri1.jpg  suzurimatu.jpg  hude.jpg

優しい丸味が気に入り、値段も思っていたより安かったので、少しでもお役に立てば…と買おうとしたところ、穏やかな顔をされたご主人が「あっ!」と言われました。値札を付け間違えてしまったようです。「正しい値段をおっしゃってください。」と何度もお願いしたのですが、「いや、自分の間違いだから。」とどうしても直されず、結局安いまま購入してしまいました。
「支援をと思って買いに行ったのに、かえって損をさせてしまった…。石巻市のご自宅は流されてしまって、今は娘さんのところにおられるというのに…。」と、帰宅してからも気になって仕方ありません。夫に話すと、「じゃあもう一回行って買ってきたら。今のままだと悔いが残るやろ。」と言ってくれたので、翌日、ちょうど歌会で大阪市内に出かけるので、その前にと再度出かけました。

事情を説明して、昨日は他の物(大好きな東北のしそ巻き杏など)もいろいろ買ってお金もなかったので、今日はもう少し値の張るものをと、蓋つきのを選びました。ところが、ご主人は「わざわざ二度も足を運んでもらって申し訳ない。同じ値段にするから、こちらの高いのにしなさい。こちらの方がいいから。」と、上等のを何度も勧めて下さいます。「またサービスしてもらったのでは、今日来た意味がないから。」と、私も粘って、最初に決めたのを買いました。
ところが、ご主人は「じゃあ、この筆をもらって。伝統工芸士さんので書きやすいよ。」と、「そんな、申し訳ないです。」と断る私に、「どうしても」と包んで下さいました。「またもらったりして、悪いなあ…」と思っている私に、ご主人は「石の文鎮も持って行って」と言われます。「これ以上もらったら、私はまた眠れなくなります。」と必死で断って帰りました。
帰宅後、頂いた筆の値札を見ると、結局、割り引くからと言われていた硯の割引額と同じくらいの値段でした。「こんなことなら、ご主人が熱心に勧めて下さったようにした方が、お勧めの硯が手に入って、お互いよかったのだ…。」などと思い、自分のとっさの判断力の無さにあきれました。

yamagunino.jpg nononizito.jpg gekkouno.jpg

そんな話をお習字の先生にしながら、頂いた筆を使うと、これがまあほんとに書きやすいのです。先生も試されて「いい筆だわあ。」と感激されていたので、「その筆で百人一首を書いて下さいませんか。雄勝硯の方に送ろうと思うのです。百三歳の方の字で、しかも同じ東北出身と分かれば、喜ばれるし励みになると思うのです。」と、ちょうど練習していた歌をお願いしました。快く書いてくださり、私は裏打ちをしましたが、考えてみると半紙の大きさでは飾るのが難しいし、よく見ると歌の内容もふさわしくないのです。
かえって失礼になると、先生にもう一度お願いして、今度はふさわしい俳句を選んで、色紙に書いて頂きました。左から順に「山国の雪解しづくは星からも 鷹羽狩行」「野の虹と春田の虹と空に合ふ 水原秋櫻子」「月光のつらら折り持ち生き延びる 西東三鬼」。もう一枚(ここには載せていません)は私の字で「おむすびは心のかたち雪のくに 成田千空」です。3月11日には届くように送りたいと思っていたのですが、もたもたして、結局遅れてしまいましたが、ちょっぴりでも心が届くといいなと思っています。

テーマ:東日本大震災 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
こんばんは…
私も先週一週間のテレビの震災特集は涙が出ました。

美しい字ですね…今度、私にも激励のサインをお願いいたします!
全国大会、スタッフの一員としてがんばりますので…
【2012/03/12 21:31】 URL | kenji #tHX44QXM [ 編集]

kenji さんへ
こんばんは。コメント、ありがとうございます。
>私も先週一週間のテレビの震災特集は涙が出ました。
地震・津波・原発で、多くの命が奪われました。
人はもちろん、動物も植物も。悲しくてなりません。
自然災害はともかくとして、人的災害には憤りを覚えます。
被災者の方々の言葉を読んだり聞いたりすると、涙があふれますね。
【2012/03/13 19:42】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


硯のお話は亀さんらしいですね。ご主人様も。
蓋つきで立派な硯だわ。

先週はテレビをちゃんと観ました。
辛いけど何事もなかったように平和に暮らしている者として出来ることの一つだと思っています。
昨日、1年ぶりで会った友人と福島、津波被害の話を延々として・・・時の経つのを忘れました。
何と言っても腹立たしいのは福島原発です。

おしゃべりの後、東急ハンズに行くと「防災用品コーナー」が混んでいました。
【2012/03/17 08:50】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)
お早うございます。
珍しく早い時間からパソコンを開けたら、コメントがありました。いつもありがとうございます。

硯、お店のご主人はお花の絵柄で明るいのを勧めて下さったのですが、私はこの松の絵が奇跡の一本松に思われて、「これを買って」って絵に言われているような気がしたのです。
ご主人にそんなことを言うと、辛い震災・津波のことをその場で思い出させてしまうと思い、口にはしなかったのですが、ずっと忘れないためには、この松の硯がよかったと思っています。

>辛いけど何事もなかったように平和に暮らしている者として出来ることの一つだと思っています。
同感です。最初に紹介させてもらった絵葉書もそうですが、「忘れられる」ということが、いちばん辛い気がします。

>何と言っても腹立たしいのは福島原発です。
ほんとに!日本国中、いえ、世界中の原発をなくしてほしいと思います。
ここに紹介した本『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語』を今読んでいます。
思っていたよりずっと分かりやすく、書いてあることに共感を覚えます。
【2012/03/17 09:07】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


お久しぶりです。
体調が悪いのを理由にお邪魔していませんでした。

3・11忘れられませんね、今でも地震がある度に一人で発作が起きない様に心に思いながらいます。
上手く気持ちが掛けませんが、ついあの日の事を思い出して今います。
そんな心配なく過ごせる日が来る事を祈っています。

一日も早い復興を祈っています。
【2012/03/17 13:55】 URL | 夢詩 #- [ 編集]

夢詩さんへ
お久しぶりです。
体調、だいぶましになられましたか。

北海道は、東北が近いし、以前に釧路で大きな地震もあったしで、なかなか気持ちの整理がつきませんね。
私も、阪神大震災のあとは、長い間気持ちが落ち着きませんでした。

東北では、まだまだ揺れも多く、生活再建も難しい方が多いようで、どんなに心身ともに大変かと思います。
今は、がれき(と、生活の場所だった建物などをひとくくりにするのは、心が痛みますが…)の処理が進まず、復興が遅れているのですね。
どうか早い復興ができるよう、政府に積極的に具体的に動いてほしいと思います。
【2012/03/17 18:24】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/515-065c8b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年4カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード