心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く音楽-チューリップ
20060513172136.jpg  (携帯で撮影)

このサボテンは、私の背の高さぐらい。「孔雀サボテン」といって、直径15~20cmの花をつける。
職場の、人にも花にも優しいNさんが、手入れをしていて、次々と大きな花を咲かせている。
彼女の周りには植物がいっぱい。しかも、元気に育っている。

「サボテンの花」と来ると、やっぱり浮かんでくるのは、チューリップの歌。私の手元には、黄色い花柄のジャケット『チューリップ・ガーデン』がある。彼らのシングル12枚(1972年~1977年)の曲を入れた2枚組のLP盤。
思いっきり青春していた頃の歌。懐かしい人には、懐かしい!?
「魔法の黄色い靴」「心の旅」「夢中さ君に」「銀の指環」「青春の影」「ぼくがつくった愛のうた」「ブルー・スカイ」など、ほぼ全部、財津和夫の作詞・作曲。

夕べも僕は ねむれなかったよ    終わった愛を さがしていたんだ
二度と帰らない 夢のような恋よ   君はいつのまにか 消えてしまったよ


これは、上のどの曲の歌詞かわかりますか?

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント
ふたりが誓った愛のしるし

高校・大学と何度もコンサートに足を運びました!

高校2年の時の曲に 虹とスニーカーの頃 があって修学旅行のバスの中で歌ってました

もつれた糸を引きちぎるように 突然ふたりは他人になった

このフレーズが、あの頃心に痛かったのを思い出しました。

チューリップガーデン、私も持ってました。漏水が原因でダメになってしまったけれど・・・
どの曲にも思い出があるし、歌詞カードなくてもフルコーラス歌えるかも?
いろんな曲の様々なフレーズに思い出がゆっくりとよみがえってくるようで・・・

 
結婚指輪、私がこだわって ティファニー にしてもらいました。
他のと違って 銀のわっか って感じの細工のないフォルムだけのシンプルさが好きだったからですが、チューリップの 銀の指輪 を聞いたときからのこだわりが?引っ掛かりがあったのかもしれません。
・・・あ、別れちゃうふたりの歌だった・・・・・・・!!!
【2006/05/13 21:45】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimico さんへ
そうか!もっとう~んと年離れてると思ってたんだけど。
「虹とスニーカーの頃」も、ありましたね!「銀の指輪」大正解です。

ティファニーだなんて、リッチだね。私は映画の「ティファニーで朝食」ぐらいしか、縁がないなあ。
そこいら辺で買った結婚指輪は、同じく「銀のわっかって感じの細工のないフォルムだけのシンプル」なものでしたが、どうにも締める感じが嫌で(心身共に)、すぐにはずしちゃった。

なんか、チューリップの歌は、別れる歌詞が多い気がする。
【2006/05/14 00:19】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

月下美人かと思いました!
孔雀サボテンだったのですね。そっくりですね見分けがつきませんね。
我が家にある数本の月下美人も毎年花が咲きますが、本当に1夜限りで
しぼんでしまいます。でもその香りのいい事!2階にあるのに玄関を開けた
とたんに「咲いたんだ!」と分かる位です。
37年振りの松山の友だちが、3年前に我が家に遊びに来た11月の夜、
見事に咲いて歓迎をしてくれました。そうかと思えば、夫の実家の義父に
咲きそうだからと持って行ったけど、朝2階から降りたら咲いた残骸が・・・
の事もありました。1夜だからこそのドラマですね。

さてチューリップの「心の旅」は私も大好きでEP盤?持ってましたよ。B面が
「ぼくがつくった愛の歌」だったと思います。就職して初めてもらったお給料で
買ったプレイヤー(ステレオじゃなかった)で何回も聞きましたね、独身寮で。
懐かしい!20歳の頃でした・・・
今も気持ちはあの頃とそんなに変わってないと思いますが?図々しいって
言われそうですね。
【2006/05/14 00:20】 URL | れんげ草 #- [ 編集]


お花を咲かせるのが上手な人っていますね。(前にも書いたけれど)私は観葉植物系で、後は毎年知らず知らず芽を出してくれる、宿根草が幾つか。
お花は、切花の潔さが好きなようです。彼女たちも綺麗な一瞬だけを見て欲しいのではと、自分の無精を棚に上げて、今理由を考えました。

ところで、結婚指輪への、kimikoさんのこだわりとロマンもいいですね。
これは結婚相手と、結婚へいたるシュツエーションも関係するかも。kimikoさんのそこにいたる幸せが想像出来ます。
私の場合は、大空の亀さんより、もっと自由で(と言うか、お互い捻くれてたのかも)、指輪がないの。旧姓をなくする怖さと同じで、何かに縛られそうではめれなくて。
若い人が(ひなのチャンが、シャズナのいざむと結婚する時、「結婚と言う可愛い制度があるんだからそれを利用したいと思って」と言ったのが、新しい世代的で、私には新鮮だった。あ、でもあっけなく離婚しましたね。
【2006/05/14 07:56】 URL | 犬塚 #- [ 編集]


亀さん、おはようございます!
大きな純白のお花ですね。

れんげ草さんが言われるように、私も月下美人かと
思いました。
濁った私の心も、このお花を見ていると心が
綺麗に洗われそう・・・(^_^.)
【2006/05/14 08:20】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]

れんげ草ちゃん&犬塚さん&ぴょんこさんへ
れんげ草ちゃんへ
月下美人のきれいな写真送ってくれて、ありがとう!
編集してここのブログに載せますので、お楽しみに。
一夜限りというドラマ性がいいんですよね。香りかいでみたいな。
そういえば、南こうせつの歌に「夢一夜」という、美しい歌が。

ところで、このチューリップのLP2枚組で4000円!
お互いに結構、音楽にお金を注いでたんですね?


犬塚さんへ
あまりにもいろんな事が似ているので、笑ってしまいました。
観葉植物系、縛られるのを嫌う所、世代的に?性格的に?
結婚相手のタイプは、だいぶ違ったみたいだけれど…。
kimikoさんは、少し若い分、ロマンがあるのかなあ?

ひなのチャンの「結婚と言う可愛い制度」には、驚きました。
なぜ?どこが?どう?可愛いと?花嫁衣装が?でも、制度って言ってるし???



ぴょんこさんへ
お花好きのぴょんこさん、いつも可愛いコメントをありがとう。
花は自分の種を維持するために、虫に好かれる努力をしている訳だけれど、
その花が、こんなに人間を慰めてくれたり、心を洗ってくれていること、知らないんだろうな。
人間にも、そんな人居ますよね?存在そのものが優しい人。その人の心の中はどうなんだろう?
【2006/05/14 14:52】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

これは犯罪です

中学3年の頃、1円玉にきりで穴をあけてやすりで丁寧に穴を広げてわっかにして、偽銀の指輪を作って男子が好きな女子にプレゼントしていました。

私は誰からもいただけなくて・・・

羨ましかったんです。

指にくちづけして二度とはずれない・・・

・・・って私はすごくあこがれてしまってv-353
具体的に誰から贈られたいという訳ではなかったはずなのですが
シュチュエーションに強くあこがれてしまったのでしょうね。

・・・あ!でも高校は親と担任の反対を押し切って、憧れの先輩のいる学校を無理やり受験したんでした。
ひとことも言葉をかわしたことのない先輩でしたけれど。


結婚した時に、どちらの姓を名乗るかはじゃんけんで決めたふざけたふたりです。
どっちも日本で多い苗字ベスト10にはいるありふれた名なのですが。
【2006/05/14 15:54】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
1円玉で指輪!初めて聞きました!
ヤスリで削っている間、相手のことを思っているわけですねえ…。
いやいや…、「そんな時代もあ~たねと、いつか笑って話せるわ~」v-342
恋に恋する年頃が、あったんですよね、昔!

思わず、息子が保育園時代に作った瓦ペンダントを思い出しました。
セメントでこすって3ミリほどになったペンダント。彼は何を思って…?

「どちらの姓を名乗るかはじゃんけんで」やっぱり、この辺りが、あなたらしいと思いましたよ。
【2006/05/14 21:07】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/52-9dd1c1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード