心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと・・・再稼働?!
 IMG_4139.jpg

「大飯原発再稼働・・・何を根拠に安全宣言?」

「4月13日、政府が福井県の大飯原発再稼働を『妥当』と判断した。」と、14日付けの朝刊にありましたが、とうてい納得できるものではありません。福島原発事故の原因究明も解決も全くじゅうぶんでない現実に、さらなる事故が加われば、近畿の水がめ琵琶湖は甚大な被害を受け、日本は、経済のみならず多くの分野で打撃を受け、信用も失うでしょう。日本は地震国、原発は津波の起こる海辺にあるというのを、まさか忘れているわけではないでしょう。福島レベルの事故が再三起これば、日本は滅亡すると述べた学者もいました。「地元の要請で政府が再稼働を急いだ」と記事にありましたが、「地元」とはどこ?誰が責任を持つの?もっと大きい視野に立って、政治は行われるべきでしょう!


4月13日(金)朝日新聞「ひと」欄に「脱原発」をめざす老舗かまぼこ会社の副社長鈴木氏(56歳)の話が紹介されていて、共感を覚えたので、以下に少しだけ引用(色つき文字)しながら、私の思いも述べたいと思います。

 genpatuigimousu.jpg

エネルギー安定供給のため、経済界は原発再稼動を要請-。ニュースで聞くたび、違和感が膨らんだ。「経済界って、だれだ」

このたびの大飯原発再稼動をめぐる政府の動きに、大いなる疑問と憤りを感じている私としては、この「経済界って、だれだ」という言葉に、強い共感を覚えました。国民皆が安心して暮らせる世の中にするのが、政治の役割でしょうに、「一握りの経済界」のために動いているとしか思えない現状に、腹が立ってなりません。不況の中で、「経済界」と言えば何でも通る、誰でもごまかすことができると、政府は国民をなめているのではありませんか。私たちも、「不況なんだから、経済界の言うことに従わないと…」と、「だれだ」というのを追及するのも考えるのも止めてはいないでしょうか。また、原発頼みの地域経済活性化や中央集中による地域経済の衰退をなくすべく、今まで以上に真剣に取り組む時ではないかと考えます。


 「経済は安全・安心な暮らしの上に成り立つ」
マスクや線量計で放射能におびえる暮らしに「経済」なんて成り立たない。
 


ほんとうにその通り。先日、「お金を持っている高齢者が、お金を使わないから、不景気なのだ」という経済学者の弁を読みましたが、年金問題を含め、将来に対する不安を何一つ解決できない現状で、誰が気楽にお金を使えましょう。原発問題をはじめ、さまざまな分野での安全・安心が保障されないかぎり、明るい展望は開けません。


地域社会や環境も(箱根駅伝と)同じだと思う。「長い営みの中でご先祖や子どもたちから預かっているものを、少しでもましな形で次世代へつなぎたい」

地球環境のことを思いました。原発事故による汚染は、一地域にとどまらないばかりか、空や海を通して全世界に広がり、また何世代にもわたって続きます。事故がなくても、原発から出る廃棄物の処理については、大きな問題があります。自然が生み出したものは、自然に還りますが、原発は違います。現代の人間は、ずいぶん罪深いものを作って利用してしまったものです。今の世代だけの地球ではないのに、人間だけの地球ではないのに、あまりにも傲慢で自己中心の生き方を、私たちはしてしまいました。
こんなに便利でなくても贅沢でなくてもいい、と私たちは考え始めているはずです。豊かさを、目に見えたり形に残ったりするものの売買だけではなく、自然や文化の中に求めたい、そう思って、私たちは努力してきたのではなかったでしょうか。原発事故の後、福島の地で無惨に死んでいった牛の写真を見ました。他の生き物の命のことを考えて来なかった私たちが、招いてしまった動物や植物の死。金儲けと利便性だけを追ってきた人間が、地域社会も環境も無茶苦茶にしてしまったことに、いい加減気付かなければ、すべての命が救われません。
節電します。原発は要りません。

 IMG_4160.jpg
                                 
 PS:ラジオで頻繁に流れる関西電力のCM、「電力不足でご迷惑をお掛けしています。安定供給のための努力をしています。」そのたびに、「不足してないよ。迷惑してないよ。都合のいい世論を作らないで。CMに使うお金をもっと意義あることに使ってよ。」と、反応してしまう私です。

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

お久しぶりです。

電力不足って・・・どこかで、本当におこってるのかしらん?
節電されたら、困る人がいるんじゃないの?って、思っています。

家族みんなが、リビングでまとまって過すことが増えました。
食卓で宿題もしているし、その横で本を読んだり、たまにテレビを見ていることもあります。
テレビがついていても、宿題できます。
集中するってそういうことなのかもしれないって、最近は思えるようになりました。
それぞれが別々の部屋で明りをつけなくっても、いいよねって。
お風呂も一気に?時間をあわせて入ってます。次々に・・・って感じで。
最上の方法とか、もっと別のやり方があるのかもしれませんが。
私たちの住んでいる町は、大飯原発から100キロも離れてませんね。
福島の事故の後、なんらかの補償金が少額ながらも支払われた100キロという距離。
意見を、NOを言わせて欲しいな。

私たちは、今生きている自分のことだけ考えるんではなくって、これから生まれてくる子どもたちのことも、きちんと考えて選択していくべきですよね。
後から生まれる命のために、自然もちゃんと残してあげたい。

 
【2012/04/15 10:21】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
お早うございます。お返事遅くなりました。
昨日やっとお花見に行くことができ、その勢いで映画も見てきました。
アカデミー賞をとった『アーティスト』とても素敵でした!久しぶりの映画、よかったです!

>節電されたら、困る人がいるんじゃないの?って、思っています。
そうですよね。私もいつもそう思います。皆の生活パターンが変わるのが困る人がいるとしか思えないですよね。
でも、いつまでも、地球に悪いと分かっている過去のやり方にこだわるのも、賢明ではないですよね。

>家族みんなが、リビングでまとまって過すことが増えました。
素敵ですね。そこで、皆がそれぞれのことをしていても、互いに存在している空気感が、とても温かく思えます。

>最上の方法とか、もっと別のやり方があるのかもしれませんが。
極端な方法でなく、各家庭や事業所・学校などの少しずつの取り組みが、結果として大きいものになると思います。
我が家も、使わないところの電気を即消すなどこまめな方法で、電気代減りました。

>私たちは、今生きている自分のことだけ考えるんではなくって、これから生まれてくる子どもたちのことも、きちんと考えて選択していくべきですよね。
ほんとにその通りだと思います。
福井県の原発のある町では、そのお金で立派な図書館や中学生の留学保障などがあるそうですが(今は?)、その代わりに犠牲にしたものは大きかったのではないかと思います。
「国家百年の計」と言いますが、目先の利益に惑わされては、国民が迷走しますね。
【2012/04/16 07:02】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

どうも・・・
最近、毎日のように滋賀県知事が原発問題のニュースに出ているので今後の動向に注目しています。
【2012/04/18 00:37】 URL | kenji #tHX44QXM [ 編集]

kenjiさんへ
滋賀県の嘉田知事は、視野が広く、学習もよくされているので、発言も立派だなあと思うことが多く、尊敬しています。
滋賀県は、原発が近い上に、大切な琵琶湖を抱えているので、知事も真剣だと思います。
【2012/04/18 18:11】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/521-0ecd6cf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード