心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
季節の詩歌(28)~若葉・新樹・新緑~
 俳句雑誌「空」42号(2012年4月)に載せていただいた拙文です。
   お時間の余裕のあるときにでも読んで頂けると、嬉しいです。

季節の詩歌(28)~若葉・新樹・新緑~

        IMG_4232.jpg

花よりも若葉かしこし吉野山     石塚 友二

桜の花にはもちろん心惹かれるが、義姉が亡くなった四年前の春から、この句にあるように「花よりも若葉」と感じることが多くなった。それまでも春には、母、姉、妹と早くに亡くしたが、私が若かったせいか、「花よりも若葉」とは思わなかった。年を経てからの義姉の死は、実姉のように慕っていたこともあって、その時の桜の花が心底淋しく思われた。花の季節が終わり、萌え出た若葉に自分でも驚くほど励まされたのは、そこに長く続く命を感じたからである。私にとって、若葉はまさに「かしこし」、つまり「もったいなく、すばらしいもの」である。桜で有名な吉野山であるが、莟から落花まで人々の心は慌しく、山は騒がしい。ようやく静寂の戻った山で、若葉を前にした作者の感慨は深く、長い思索に浸ったことだろう。

若楓枝を平らにうち重ね       富安 風生

川しもに端枝ひろぐる若楓癒えかてぬ身の目見(まみ)にけぶらふ        吉野 秀雄

ところで、春の桜花に対して秋は紅葉、なかでも楓は注目を集めるが、季語においても楓の若葉には「若楓」という特別な言葉が用意されている。水辺を好む楓は、川や池の畔で見かけることが多い。この句も歌も、遮るもののない場所で伸びやかに枝を広げ、五月の風に枝全体がゆさゆさと揺れる楓の様が思われて、心地よい。瑞々しく柔らかな緑がけぶるように見える様は、病の癒えぬ身にとって、尚更、生命感にあふれ眩しい存在であったろう。若葉は、見る者に元気を与えてくれるが、なかでも柿若葉の新鮮な緑は、際立って明るく爽やかである。

柿若葉重なりもして透くみどり    富安 風生

枝伸びて廂におよぶ柿わか葉濡るるかと見ゆその若き照(てり)          窪田 空穂

この頃は農村の高齢化で、晩秋になっても採られないままの柿の実も多く、他人事ながら心配になる。が、春の連休に遠出をした折など、遠目にも鮮やかな柿若葉を見ると、心が浮き立ってくる。太陽光を透かす美しさ、日に照る輝き、大きくシンプルな葉の形、どれをとっても若葉の王者と言えよう。遠出はせずとも、自宅の庭、公園、学校など身近な所にある若葉も、もちろん魅力的である。

借景は空でありけり庭若葉      宮地 玲子

庭に、仰ぎ見るような大きな木があるのだろうか、それとも、背景に空間が広がるのだろうか。「借景は空」という表現が、大らかで夢があり、若葉にふさわしく思われる。次の歌は、公園の芝生の上だろう、槻(欅の古名)の木の下で、若葉の光の滴りを浴びるかのように、並び坐る二人。使われている言葉の一つ一つもそうだが、情景を想像しても幸福感でいっぱいになる。若葉には、祝祭の気分がある。

槻若葉かがよふ芝に坐りをれば二人あることに心充ちゆく             篠 弘

遠目にも母校の樟の若葉かな      石黒 節子

若葉風講義の室に吹き入りて骨骼標本をかすかに鳴らす              石川 恭子

樟は五十メートルを超えることもある常緑高木で、寺社のシンボルツリーであったりする。常緑だが、春に新しい葉が出ると、前年の葉は落ちる。この句の樟も、遠くからそれと知れる立派さなのであろう。明るい緑の若葉に重ね、学生の頃の初々しい気持ちや出来事を、作者は思い出しているに違いない。歌のような情景も、その一つであろう。新しい学年で、まだいくらかの緊張感をはらむ教室、そこに若葉を通り抜けた風が吹き入り、骨格標本が硬く小さい音を立てる。思わず窓の外に目をやった作者は、視界に入った若葉に心が揺れたのではないか。触覚・嗅覚・聴覚・視覚で受け取った、初夏の季節感はいくつになっても忘れることはない。どこにも行かない木と結びついた思い出は、一層確かである。

傘にすけて擦りゆく雨の若葉かな    杉田 久女

傘さしてほどなく畳む細きあめ梢の若葉を発光させつ               島田 幸典

窓そとにしげる若葉はおもひきり雨のしづくをふるふ音する            佐藤佐太郎

植物は、雨が好きである。なかでも葉は、雨に打たれると嬉しげである。「傘に擦りゆく」のを、作者も楽しんでいるふうなのは、若葉の軽やかさゆえ。作者と若葉が共鳴し交歓しているようで、心地いい句だ。僅かな雨に濡れた若葉が、瑞々しさを増して輝く様子を詠んだ歌には、美を発見した作者の喜びがある。佐太郎の歌は、「雨のしづくをふるふ音」に、若葉の勢い、力強さ、これから伸びてゆくものの元気な生命力が集約されていて、言葉の力を思う。

 IMG_4239.jpg

今まで葉に注目した季語「若葉」を含む詩歌を見てきたが、木の佇まいに焦点を絞った季語に「新樹」がある。「樹(じゅ)」という音のせいだろうか、私はまず、街路樹の新樹を思い浮かべた。

夜の新樹詩の行間をゆくごとし     鷹羽 狩行

都会の街路樹が若葉の頃というのは、歩くのにいちばん気持ちのいい季節だ。街灯を透かして、若葉の色の明るさにも目が行くだろうが、昼間ほどではない。それより、樹々の間を抜ける風や若葉の新しい匂いが心地よく、ゆったりと歩くことを楽しみたい。それがちょうど「詩の行間」を味わうようで、この心身のゆとりが、とてもいいと思うのだ。

この新樹月光さへも重しとす      山口 青邨

淡い若葉の色が透けて見え、守ってやりたいような稚さを感じているのだろう。昼間の強い太陽光は言うまでもなく、静かに降り注ぐ月光ですら重いのだという、作者の感受性は繊細だ。次の二句にも、小さな変化を見逃さない作者の細やかな感性が表れて、新樹の清々しい気が漂う。

夕空に新樹の色のそよぎあり      深見けん二

新樹はや匂へる風の渡るなり      鏑木 洋子

「そよそよと音をたてる」様子を「そよぐ」と言うが、この句では「色のそよぎ」と表現することで、目と耳両方に優しく柔らかい情景を印象付けた。背景が夕空であることが、この穏やかな場をさらに美しいものにしている。二句目は、まだ芽吹いて間のない若葉が、一人前に木の香りを発していることを、風の中に感じ取った句である。作者の驚きと喜びが、「はや」という修飾語から知れる。木々が発散する香りはフィトンチッドと呼ばれ、新緑の頃がいちばん発散量が多いそうだ。

新樹とふ空にたばしる水の群れ萌ゆる嫩葉(わかば)となりて噴き上ぐ       沢田 英史

「水の群れ」という捉え方が新鮮だ。人間も生まれた時がいちばん水分が多い。若葉もそうなのだ。新しい命を空に向かってつき上げてゆく様は、勢いがあって「たばしる」という言葉も実にふさわしい。新樹の、上へと伸びる力強さを見事に表現したこの歌は、読む者に未来への勇気をくれる。次の二首に、「新樹」という語は使われていないが、「一本の木」として捉えてあり、先の歌と通ずるところがある。

ここを動かず五月の空に立つ欅一処(いつしよ)の生(せい)の輝き降らす       橋本 喜典

もうすでにきみの一生(ひとよ)はをはりぬと若葉を吹けるこの大欅           前 登志夫 

冬の間すっかり葉を落とし美しい樹形を空に広げる欅が、私は大好きだ。春が近付くと、幹がほんのり赤みを帯び、新しい命の誕生を準備しているようであるのも、好ましい。柔らかな色の葉が萌え出で、若葉が噴出するように出そろうと、私の喜びは頂点に達する。もう何年も見ている欅が、毎年新たな「生の輝き」をくれる。

 IMG_4248.jpg

「若葉」「新樹」より少し新しい季語に「新緑」がある。若葉におおわれた野山など、広がりが感じられる場面や雰囲気を表す場合によく使われている。

新緑の浅間雪なく雲もなし       水原秋櫻子

からまつの新緑想う恋のごと      窪田 久美

新緑の浅間山には一切の残雪がなく、くまなく晴れた青空が広がっている。爽やかな五月を象徴するような秋櫻子の句である。また、この時期、信州の高原に出かけると、新緑のからまつ林の美しさに心を奪われる。一度この風景を目にすると、この句のように「新緑」に「恋」をしてしまうのだ。

新緑やまた水楢(みづなら)に歩をとゞめ       佐野青陽人

新緑の樟(くす)よ椎(しひ)よと打仰ぐ         高木 晴子

新緑の雑木林をのんびり散策している時の、満ち足りた気分がよく出ている両句である。落葉高木の水楢、常緑高木の樟、椎、いずれも春に、淡く新鮮な緑の若葉を生じ、見上げる我々の心を軽快にしてくれる。若葉の色のみならず、光合成による清浄な空気、しっとりと体を包む湿り気、馥郁たる木々の香り、木漏れ日、これらの澄明な気に満ちた林は、森林浴に最適である。言葉によるイメージの森も素敵だけれど、新緑の季節は、やはり外に出かけ、自然の力を体ごと受けとめたい。

新緑の低き庭木にさす朝日ひかりとかげの濃き綾を織る              窪田 空穂

新緑の朝なりおぼろに霧らひつつ日高く照れりおほけなきかなや         前川佐美雄

最後の二首は、作者がふだん暮らしている身近な場所で目にした新緑である。どちらの歌にも、空気の爽やかな朝の時間帯に、ゆっくりと新緑と向かい合っている作者がいる。「おほけなき」は「恐れ多い、もったいない」という意味の古語で、本文冒頭の「かしこし」に通じる、自然への畏敬の念に溢れた言葉である。豊かな恵みを育む、木の偉大さを思う。


        IMG_4250.jpg

           写真はすべて、家の近くで、4月末に撮影しました。

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

写真とてもすてきですね!!


俳句も全部読ませてもらったんですけど、意味までていねいにかいてあってすごく勉強になりました^^


これかくのに時間もかかっただろうし、朋子さんはブログにかける熱心さがすごくて尊敬しますe-420


手間暇かけて頑張って作っているのがブログからもつたわってくるし、このブログにくると心が和みます^^


また朋子さんの知っているいろんなことを教えて下さい★


また訪問しに行きます^^
【2012/05/02 22:40】 URL | kyoka&ryoka #- [ 編集]

kyoka&ryoka さんへ
お早うございます。窓一面の新緑が気持ちいい朝です。読んで下さってありがとう。v-290

>俳句も全部読ませてもらったんですけど、意味までていねいにかいてあってすごく勉強になりました^^
ありがとう!若い方に、そう言ってもらえると、ここにアップしたかいがありました。

長い文章で、しかも歴史的仮名遣いのものや難しい漢字のものがあるので、読みづらかったのではないでしょうか。
欅(けやき)、槻(つき)、楠(くす)、椎(しい)、楓(かえで)…読み方のわからないのがあったら、尋ねてくださいね。

私は、木や草が大好きなので、それを詠んだ(=俳句や短歌を作ることを「詠む(よむ)」と言います。)作品を集めるのが、とても楽しかったです。

この文章は、俳句の結社が出している雑誌に載せるために、二か月に一回書いていて、その発行が終わったら、ここに写真を添えてアップしています。
「空」という結社は、福岡にあるんですよ。遠いので、私は、郵便やメールで送っています。
【2012/05/03 07:41】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

素敵!
新緑に空の青がまぶしくて・・・・・めっちゃ素敵です。

ゆっくりと、こころに風が吹いてくるように感じられます。

好きだなぁ、どの写真も。


連休・・・良い時間を過ごされますようにe-267
【2012/05/03 09:20】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
こんばんは。今日は、緑を濃くする雨でしたね。
明日からは、よいお天気になりますね。楽しい連休になりますように。

>ゆっくりと、こころに風が吹いてくるように感じられます。
素敵な言葉をありがとう!「ゆっくりとこころに風来る並木道」・・・ちょっと頂きました。
雲ひとつない美しい青空の日でした。若葉と青空・・・自然が味方してくれた写真です。

【2012/05/03 20:06】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

どうも・・・
おつかれさまです…

借景は空…というのが印象的でした。
他の作品も良いです。
【2012/05/04 22:33】 URL | kenji #tHX44QXM [ 編集]

kenjiさんへ
きれいな青空の連休です。楽しんでいますか?

私は、昨日は出かけた先で、知人に会ったり、お祭りに出会ったり、偶然の素敵な出会いの多い幸せな日でした。

連休、kenjiさんもいい思い出ができますよう。
【2012/05/05 07:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


午前中に毎年、お声がかかる筍を買いに行ってきました(お隣さんの竹林らしいです)
声をかけて下さった方のお庭に大きな山椒の木が何本もあり、いつも好きなだけ頂きます。
芽を摘みながら気付くのですが枝先の若い芽と大きくなった若くない?葉との手触りがまるで違うんですよね。
若葉の方は赤ちゃんの肌に触れたような気分になり大事にビニール袋に収めて頂いてきました。

「若楓」ってこれから未来が開けている気がする言葉ですね。

山梨では山々の木々の若葉の色がそれぞれ違うことに感激してきました。
毎年、こんな事の繰り返しで新緑を楽しんでいます。
【2012/05/06 15:17】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
こんばんは。コメント、ありがとうございます。
ついに連休が終わってしまいました…。サザエさん症候群の人、多いでしょうねえ。

今晩のベンジャミンさんの食卓には、筍と山椒で若竹煮、湯がきたての筍の姫皮で梅肉和え・・・など美味しい筍尽くしが並んでいそうですね。

>山梨では山々の木々の若葉の色がそれぞれ違うことに感激してきました。
連休の時期の山々は、ほわっとした目に優しい緑で、感動しますよね。
雄大な山梨の山々が目に浮かぶようです。私も近辺の山々、楽しんできました。
木も草もみんな春の訪れを喜んでいるみたいに見えます。

>「若楓」ってこれから未来が開けている気がする言葉ですね。
ほんとに!「若い」っていう字が、とても素敵に感じられます。
【2012/05/06 22:43】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

わかば
日に何度でも緑の下で深呼吸したくなるこの季節です。
明日演奏ボランティアで『わかば』を演奏します。大好きな曲で、亀様のこのコーナーから「花よりも若葉かしこし吉野山」と「からまつの新緑想う恋のごと」をご紹介しながら演奏しようと思います。

素晴らしい詩歌を沢山載せてくださっていて本当に有難うございます。良い1日をお過ごし下さいませ。
【2017/05/27 10:56】 URL | 初夏 #NrHHfgLQ [ 編集]

初夏さんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
5年前の文章を改めて読んでくださって、感謝しています。
自分でもすっかり忘れていましたが、こんなにまじめに書いていたんですね。
残念で寂しいことですが、今、この根気はありません・・・。
こんなふうに残しておいてよかったなと思います。

明日の演奏で紹介してくださるのも、嬉しいことです。
素敵な演奏会になりますように。
楽器の演奏ができる人生は、豊かですね。
目の前の窓から、すっかり青葉になった楓が見え、幸せです。
【2017/05/27 18:44】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

御丁寧な返信有難うございます
今晩は。
本当に素晴らしいブログですよ。
『心に響く…』タイトル通りで
いつもワクワクしていました。
本に纏めて出版なさるといいなぁ、と心から思っています。
【2017/05/27 21:46】 URL | 初夏 #NrHHfgLQ [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/05/27 22:24】 | # [ 編集]

初夏さんへ
ありがとうございます。
そんなふうに言っていただけると、励みになります。
読み直すのもいいもんですね。
【2017/05/28 10:27】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

鍵コメさんへ
コメントありがとうございます。
スマホからメールを送ってみました。
無事届くといいのですが・・・
【2017/05/28 10:29】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/527-37591621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード