心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-ちょっとお出かけ京都編
7月4日追加のお知らせ
 リンク先(右列)の「うみそら居士さんの原発のない社会をめざして」のブログは、意欲的に脱原発の記事をアップし続けておられます。そこに、FRYING DUTCHMAN という京都のミュージシャンが歌う(というか必死で叫んでいる)「human ERROR」という曲のビデオがアップされています。17分ほどあるのですが、とてもまともなことを熱い思いで訴えていて、「ほんとにその通り!」と相槌を打ちながら全部見ました。皆さんもぜひ、ご覧ください。この若者の頑張りに応えましょう!

 新聞には、大飯原発の再稼働が決まった途端、扇風機の売れ行きが落ちたと載っていました。それは、あまりにも情けないのではありませんか。原発がなくてもやっていけることを示すためにも、節電は続けなくては!そもそも電気を使った便利で快適な(ほんとに快適かどうかは疑問ですが…)生活に頼りすぎた人間が、さまざまなところに害を及ぼしているのですから。

 東京までは行けない皆さんへ、ここのページの一番下の記事と関連するお知らせです。
7月16日10時 吹田市片山町交差点ポケットパーク付近にて
「原発再稼働反対 7.16 吹田市民集会」 代々木公園に集まる10万人に連なろう!


kubosyukirie.jpg kubosyukirieura.jpg

 JR京都駅ビルにある「美術館 えき KYOTO」に、久保修切り絵展を見に行きました。画業40周年記念だそうで、約150点もの作品が展示してありました。作品はもちろんのこと、額と切り絵の取り合わせも、とても素晴らしかったです。阪神淡路大震災で被災し、多くの作品や下絵を失ってしまった久保氏は、それぞれの土地に残る伝統や文化を残しておかなくてはと、意欲的に全国を回っておられます。7月16日までやっていますので、ぜひ。


 京都四条大丸の北にある「楽紙館(らくしかん)」という和紙を扱っているお店にも行って来ました。紙好きには堪らない所です。「遊びをせんとや」という630円のお徳用セットには、100枚以上の和紙がなどが入っていて、ワクワクしました。手づくりの好きな方や小さい子どもさんのおられる方へのお土産にももってこいだなと思いました。お店の方も、とても感じ良かったです。京都はやっぱり文化的で、お店もそれぞれに特徴があって、買いたくなるようにできていますね。有名な錦市場も近いです。

  rakusikan.jpg


 京都大丸の地下で「水無月(みなづき)」を購入しました。外郎(ういろう)の生地に小豆をのせた三角形の和菓子で、お店によって、白、ニッキ、抹茶、黒砂糖味があります。買ったのは、京阪宇治駅前にある「駿河屋」さんのもの。宇治茶の産地だけあって抹茶味が濃くて、他の店と違って柔らかい食感がよく、とても美味しかったです。京都では6月30日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈って食べる風習があります。食べる前に写真を撮ればよかった…。


毎週金曜日、首相官邸前で、関西電力大飯原子力発電所再稼働への抗議行動が行われ、しだいに集まる人たちの数が増え、万人単位になっています。私は遠くて参加できないけれど、せめて何か思いを届けたく、7月16日(海の日)代々木公園で行われる「さようなら原発 10万人集会」へのカンパを、今日は振り込みました。1000万人署名は、700万筆を超えているそうです。97歳の方が駅頭に立って、190人分も集められたそうです。私も、さらに追加して集めたいと思います。ホームページはこちら→ さようなら原発1000万人アクション

sayonaragenpatu.jpg sayonaragenpatuura.jpg

 先日の報道ステーションで、福島原発の事故で避難を余儀なくされた方が、「80年暮らした故郷を捨てなくてはいけなかった」と、悲しみと憤りの涙をこらえておられました。原発事故は、長い時間をかけて築き上げた一切のものを、罪のない動植物の生命までをも、奪ってしまうものだということを忘れてはいけません。地震国ニュージーランドには原発がなく、人々はそれを誇りに思っているそうです。日本の経済優先の再稼働の決定は、「エコノミック・アニマル」と外国の人々の目には映っていると聞きました。何を大切にすべきかが、今ほど問われているときはないと思います。私は、今年の夏もクーラーをつけず、本来の人間らしい暮らしを楽しみます。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

京都はよさげですね。長いこと出掛けていなくて 亀ちゃんの情報で楽しんでいます。
もっぱら BSなどでお寺や庭 お茶室、ベネシヤさんの大原の生活も観て感動しています。
さて 原発問題考えさせられます。 主人の大学時代 物理の先生で日本は原発は絶対だめだとおっしゃってた権威ある先生がいらしたんですって。その先生がいらっしゃるときは原発は抑制されてたそうです。亡くなられた途端に様子が変わったそうです。福島の事故が起こらなかったら 私たちの意識は安易なままでほとんど問題意識が起こらなかったのでしょうね。コストの誤り、地震への甘さなどなど 。燃料の処分の甘さ。エネルギーの転換と無駄な消費を減らすことなど 問題はいっぱいですね。

うちは夏は涼しく 冬は寒い家ですが、 クーラーは使わないので省エネです。

大学の友人の旦那さんが関電の副社長さんでしたが事故後から いろいろと毎日大変だったそうで 今は電気をうる会社の社長さんで東京で単身赴任されています。なにも起こらなかったことに慣れて メンテは下請け会社に任せて危機感も皆無だったのでしょうね。いろいろな分野での立場ばかり大事にしないで 
いろいろな問題を解決しながら 人の健康と生活を第一に安全な日本を築いていかないとね。
省エネ がんばろう。
【2012/07/01 11:16】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
こんばんは。コメントありがとう。

>京都はよさげですね。
そうですよねえ。神戸もいいでしょ。次々と、お金儲けにならない文化を破壊しようとしている大阪市市長とはえらい違いです。
これからは、こういう伝統的な文化を、上手に今に生かす方法が大切だし、求められると思うのに、ほんま、かないません。

久保修さんの切り絵、本体はもちろん素晴らしいのですが、額装との相性がぴったりで、額縁を作られた方の楽しそうな顔が浮かぶようでした。
表装を一度習ってから、掛け軸を見ても額に入った絵を見ても、作品本体との取り合わせがとても気になって…。
どちらかと言うと、まず縁取りを見て、いい作品がどうか判断しているようなところがあります。
だから、図録を買っても、本体しか載っていないので、とても不満なのです。
本でいうと、表紙カバーをとって保存している国会図書館みたいだものね、味気ないです。
「鑑定団」の番組で、本物の時は、絶対、縁取りに品があって、本体とマッチしていますよね。

よりやんの周りには、原発について深く考えさせる関係者が、どちら側にもおられるのね。
今日のニュースで、太陽光発電が進んでいる様子が報道されていました。民間が頑張ってます。
一方で、関電の赤字緩和のために動かされる大飯原発、周辺の理解も、耐震工事も、さまざまな改善もされないまま、まずは動かすというお粗末さ。
活断層の指摘もされている中、地震活動期に動かして、ほんとに事故が起きたら、赤字緩和どころじゃ済まないの、なんでわからないのかしら。呆れます。
まともな学者さんは、みんな反対しているのにね。最悪の政府です。
【2012/07/01 22:16】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


扇風機の売れ行きが鈍った・・・意識って簡単に変わるんですね。

震災当時から関東の節電、計画停電は相当なものでした。
でも計画停電は同じ市内でもあるところとないところがでて、もちろん23区はありません。
まだ寒かった夜にたったひとりで停電の心細さを経験し、東京の街中は節電でどこもかしこも薄暗かったです。

たぶん、経験した者の方が節電は高いと思います。
計画停電のなかった友人達は節電をしていませんもの。

その後せっせと節電に心がけています。
私に出来ることなので。


京都はいいですね。
今回は修学旅行生が多く、わさわさした感じでした。
でも大原や宇治方面はあまり来ていませんでした。
数日、逗留したいです。
【2012/07/05 08:31】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
こんばんは。コメントをありがとうございます。
今年もまだ暑くなくて、なんだか昔行った北海道の夏みたいです。

>その後せっせと節電に心がけています。 私に出来ることなので。
そうですよね。原発事故の後も、今までと同じ生活感覚で過ごせる人の気持ちは、私もちょっとわかりません。
電気製品を買い、電気をたくさん使うことで、物質的に豊かになった私たちですが、あの福島の事故以来、その生き方が問い直されていると感じています。
洗濯機・冷蔵庫は確かに便利だし、今なくなったら大変ですが、それ以外はどうでしょう?
CMに乗せられ、私たちは不要なものを手に入れ過ぎ、一番大切なものを置いてきてしまったのではないかしらと思います。

>京都はいいですね。
伝統と新しいものを上手に取り入れて、おしゃれに暮らしているなと思います。
宇治に行かれる前に、ここに書いた「水無月」情報をお伝えできていたら、美味しい水無月を召し上がって頂けたのにね。
町の中に、大きくきれいな川が流れている所は、情緒がありますね。
今度は、ゆっくりいらしてください。一緒にお散歩できるといいですね。
【2012/07/05 20:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/536-9092e6bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード