心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本‐岡本太郎著『自分の中に毒を持て』
 岡本太郎著『自分の中に毒を持て 
                  あなたは“常識人間”を捨てられるか』
   表紙に「いつも興奮と喜びに満ちた自分になる 
    あたりまえの人間なんて屁の役にもたちゃしない」
    (青春出版社/1993年・2009年34刷/467円)

  zibunnonakani.jpg

 「芸術は爆発だ!」と叫んでいた頃の岡本太郎さんは、正直わからなかった。目をギョロギョロさせた変な芸術家だと思っていたし、太陽の塔ももう一つ好きにはなれなかった。しかし、あれから40年が経ち、太陽の塔が私の中で大好きな存在になってきたのを機に、岡本太郎さんの本をいろいろ読んでみた。そして、彼は、世間より40年も50年も先を行っていたのだと気づいた。20年前に書かれたこの本が、あまりにも今の世の中に当てはまるのに驚いた。情けないことだが、いいふうに変わってはいない。さらに悪化しているだろう。

彼は、子ども時代からあらゆる本を濫読し、小学校高学年ではトルストイ、ツルゲーネフを夢中で読み、中学では哲学にとりつかれ、パリに留学してからは原書で、スタンダールやニーチェなどを読んだという。大変な読書家だ。しかも、骨がある。彼の言葉が本物であることを確信した。「ほんとうに生きる」というのはどういうことなのか、しっかり考えさせてくれる素晴らしい本である。どの頁にも、彼の力が満ちていて、大いに励まされた。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

こんにちは。岡本太郎さんは良いですよね。
私も大好きで、「自分の中に毒を持て」も何度か読んでいます。
“「ほんとうに生きる」というのはどういうことなのか、しっかり考えさせてくれる素晴らしい本である。”
まったく同感です。嬉しいです!

あまり知られていませんが、彼は写真の腕前も超一流なんですよね!
“岡本太郎が撮った「日本」”という素晴らしい写真集があるのです。
ご紹介したいところなのですが、もう絶版になってしまっているかもしれません。
ありがとうございました。合掌
【2012/09/04 10:06】 URL | うみそら居士 #- [ 編集]


岡本太郎さんが読書家だったとは知りませんでした。
強烈な作品は印象に残りますね。
去年は美術館に行ったり記念館に行ったりして岡本太郎にだいぶ触れました。

前日記の「本当に強く生きる」ために大切にすべき十五のことがらは亀さんがまとめられたのですね。
分かりやすく箇条書きになっていますね。

  12.人生に遅すぎることはない

今の私に言われているようです。
やりたいこと、いっぱいあるような気がするのですけどね。
【2012/09/04 15:01】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

うみそら居士さんへ
こんばんは。
>私も大好きで、「自分の中に毒を持て」も何度か読んでいます。
わー、そうなんですね。
最初、図書館で借りて読んだのですが、とてもよかったので結局買いました。
励まされるし、自分の人生、積極的に生きようって気になりますよね。
岡本太郎さんを見習って、自然を敬いつつ、人間らしく生きたいと思います。

>“岡本太郎が撮った「日本」”という素晴らしい写真集があるのです。
ご紹介ありがとうございます。早速、注文しました!
眼力のある岡本太郎の写真、楽しみです。
最近、あまり写真を撮ってなかったので、きっと刺激を受けることと思います。
【2012/09/04 20:01】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
こんばんは。
この夏は、お互い、パソコンの不調にストレスをためてしまいましたね。

>岡本太郎さんが読書家だったとは知りませんでした。
私も、こんなに本格的な読書家だとは知りませんでした。
いい本をたくさん読んでいるので、器が大きいのだろうなと思います。

>分かりやすく箇条書きになっていますね。
これはね、本の小見出しなのです。
簡潔にまとめてあって、内容を思い出しやすいので、抜き出してみました。
著者は、人格的に優れた方にたくさん会われているので、学ぶことも感じることも多いでしょうねえ。
せめて、本からでもお裾分けしてもらおうと思いながら読みました。

>12.人生に遅すぎることはない
そうですよね。やりたいことは、悔いを残さないようチャレンジしていきたいと思います。
自分の人生ですものね、自分で作り上げていきたいです。
【2012/09/04 20:10】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/544-18cc84ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード