心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-探しものは~?
      nakaragi1.jpg   nakaragi2.jpg
       
      nakaragi4.jpg   nakaragi3.jpg

      【 京都半木(なからぎ)の道 / クリックすると拡大します。】

なんでまた今頃、桜の写真?
ご免なさい。探していたMOが見つかったのです。大好きな「半木の道」の桜の写真。
桜の写真は、以前に「今年の分は終了」としたので、来年の春までとっておこうと何度も考えたのですが、心配性の私、「来年どうなってるかわからないし、もし載せられなかったら後悔するなあ。」と思い始めたら、もうダメ、落ち着かない。呆れられるのを覚悟での掲載です。

 探しものは何ですか?~     見つけにくいものですか?~
  カバンの中も つくえの中も   探したけれど見つからないのに~ 
 

この写真の入ったMOだけ、どういう訳か、未使用のMOをまとめた中に混じっていました。すぐ隣を何度も何度もチェックしたのに、未使用の山を確かめなかったんですよね。

 探すのをやめたとき 見つかることもよくある話で~

そうなんですよね。冬用の靴下。冬の間ずっと見つからなくて、この間衣替えをしたら、いつも使っている引き出しの奥深くに、一つにまとめて、袋に入っていました。不用になった頃に…。

でも、まだ見つからないのが、銀行のキャッシュカード。一度も持ち出したことなし。泥棒が入った形跡もなし。時々記帳して確かめるが、引き出された様子なし。丁寧に仕舞いすぎ、どこにやったかわからない。またしても、無効の手続きをしたら、出てきそうな予感。

   そこで、発見した「探しもの3原則」
   1、不要になった頃、簡単に出てくる。
   2、丁寧に仕舞いすぎると、見つからない。
   3、探していた場所のすぐ傍から出てくる。


結論:見あたらないという事実に焦り、冷静さを失うことが、見つからない原因を作っている。

    井上陽水の『夢の中へ』の一節のように「探すのをやめる」。
    探しものを見つけるには、案外いい方法かもしれませんね。

テーマ:なんてこったい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

v-22きれいな風景ですね。京都はとても憧れますね。
そうそう、探しものは私はしまいすぎて見つからないことが多いのです。
それと 私はどこかに出掛けて大事なものを忘れて帰って、後で連絡をいただいて戻ってくることが多いです。まあ あわてものですね。
 v-124大学入試で高熱をだして受けていたのでめがねを机の下に忘れて帰ってしまい、発表の日に大学から連絡してもらい戻る。
 v-108独身時代 松山から神戸のフェリーの中にセカンドバックを忘れ、用事を済ませて家に帰ってから連絡を受けて戻る。
 ですから、乗り物から降りる時や変わった所から帰るとき後ろを振り返ることにしています。 でもあわてものだから自信はありませんが。
【2006/05/16 21:20】 URL | よりやん #- [ 編集]

あるある!

先週、家庭訪問がありました。
・・・年末よりも念入りに、家中をかたずけました。

絶対に先生がごらんになったりされないのに、レンジフードやシンクを磨いてたりして・・・

チビが犬のような?かたずけのお手伝いをしてくれて、たくさんのものが行方不明です。
彼が気に入ったものを、彼だけにわかる理由でどこかにしまいこんでくれて
「ママの○○がない!」って言うと「ここ!」ってあらぬ場所から発掘してくれます。

我が家は連日、宝探し状態です。


20代の頃にブルーがかったグレーの色合いが気にってそれ以来大切にしている定期入れがあります。
夫には「ブーメラン」と呼ばれています。
何度も「ないない!」と大騒ぎして探すのですが、そのときには絶対にみつからない。
・・・でも。
数日・数ヶ月がたった頃、なんとなくあるんです。ありふれたところに・・・
探したはずのそこに。
まるで定期入れ自身が意思を持って旅に出て帰ってきたかのごとく (・・・と私は思っている)

とびきり大切な写真が入っているので、絶対に捨てたりはしない。
それだけは確かなことなので、もう、探さなくなってしまいました。
【2006/05/16 22:24】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

よりやんへ
そうですねえ。大事なものに限って、忘れて置いてきてしまうのは、なぜでしょ?
眼鏡なしで、どうやって帰ったのかなあ?とか、後から考えると変なことしてるよね。
セカンドバックって、結構大事なものが入ってるでしょ?
我が家も、湯村温泉で夢千代の銅像の所にぽんと置かれた大型財布を拾ったことがあります。

だいぶ前ですが、電車の乗り換えの時、夫が網棚にカバンを載せたまま下車し、一緒にいた家族全員、真っ青、膝の震えが止まりませんでした。
中味は、大事な用で必要だった通帳・印鑑・印鑑証明・旅行券・保険証・免許証・家の鍵・現金10万円・各種カード、つまり我が家の全財産。
幸い、よい人に見つけられ、翌日無事戻ってきましたが、その晩は恐怖で一睡もできませんでした。
【2006/05/16 22:40】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

kimico さんへ
みんな同じくらいの時間にコメントを書いているのかなあ?
送ったと思ったら、新たなのが届いて、よくクロスします。面白いね。

やっぱりそうですか!ありふれたところに、探したはずのところにね、不思議・・・。
「まるで定期入れ自身が意思を持って旅に出て帰ってきたかのごとく 。」
う~ん、いい表現!
「とびきり大切なものは、絶対に捨てない。それだけは確かなことだから、もう探さない。」
そうよね。確かに。

今日「猫の本」を一緒に読んだ子が、「猫の人魚」の絵を描いてくれました。
永遠に自給自足できるよね?楽しかった。子どもの発想は、ス・テ・キ!
【2006/05/16 22:51】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


kimicoさんの、特別大事な物って何だろうとか、可愛いチビちゃんなんて考えてたら、大変。大空の亀さん、な、何と、「オー、コワーッ」です。でも良かったね。
【2006/05/17 01:31】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

犬塚さんへ
ほんとに、「オー、コワーッ」でした。この件以来、夫に大事なものを託すのは止めました。
【2006/05/17 18:25】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/55-900dbcd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード