心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本‐こうの史代のエッセイと漫画
『夕凪の街桜の国』で好きになった漫画家こうの史代のエッセイと漫画を紹介します。

こうの史代著『平凡倶楽部』
(平凡社/2010年/1260円)

 heibonkurabu201209.jpg

『夕凪の街桜の国』の印象で、まじめなイメージの強い作者ですが、ユーモラスな面、豊かな感性、深い思索と、さまざまな作者像を知ることができ、親しみがわきました。
子どもがよくやる絵と文字を組み合わせた手紙、チラシの裏や原稿用紙・グラフ用紙などに描いた漫画や絵、描くことにとことんこだわるのは、漫画家の業でしょう。絵はもちろん上手いのですが、ここまで描ける&書けるエネルギーに驚きました。


こうの史代作『この世界の片隅に 上・中・下』
(双葉社/2008年から2009年/各680円)

konosekainozyou201209[1]syou konosekainotyuu201209[1]syou konosekainoge201209[1]syou

 昭和18年から昭和21年の広島(呉)を舞台に、庶民の日常を優しいタッチで描いた漫画。絵を描くのが好きでおっとりした主人公のすずを中心に、家族・友人・親戚・近所の人たちの日々の暮らしばかりでなく、すずと夫の気持ちの揺れを丁寧に描き、最後までじっくり読ませてくれました。ちょっと気をつけて見ると、伏線のような絵があって、それも楽しめました。
声高ではないけれど、一人ひとりをきちんと描くことで、戦争の酷さを伝える素晴らしい作品に仕上がっていると思います。単に反戦平和というようなことではなく、文学作品的な要素を備えていて、好感が持てました。
 

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/557-1a241800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード