心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本‐小林よしのりの漫画3冊
小林よしのりの本(漫画だが、本と言いたいほど読み応えがあった!)を三冊読んだ。

 datugenpatukobaysi.jpg  hantppronkobayasi.jpg   okinawaronkobayasiyosinori.jpg

小林よしのりについては、「ゴーマニズム宣言」という言葉から怖くて傲慢な人なのだろうとか、どこかから右翼らしいということをぼんやりと聞いていて、私にとって苦手な人だなと勝手に想像し、今まで近寄らずに来た。
ところが、先日(といってもだいぶ前になるが)、「脱原発」について発信し続けている「うみそら居士」さんのブログで、小林よしのりの『脱原発論』が紹介してあり、興味を持った。

  IMG_58731211.jpg

小林よしのり自身が「脱原発は右翼とか左翼とか言ってる場合じゃない」と書いているように、「脱原発」は、今を生きている私たち全員の、地球への責任だと思う。
そして、彼の「右翼」も、いわゆる私のイメージの中にあった「国粋主義者の右翼」ではなく、「ふるさとを大切に思う、人として原点のあり方」なのだということが分かった。
すべての考えに賛同するわけではないけれど、少なくとも、他人の頭や既成の主義主張でなく、自分で資料を集め、現地に取材に出かけ、真摯に向き合い、真剣に考え、さまざまな脅しに耐えながら、自身の主張を発表し続けている姿勢に、共感を覚えた。
「ごーまんかましてよかですか」と言いながら、章ごとに自分の意見を述べるのは、「傲慢」だからではなく「謙虚」だからなのだということも感じた。彼の本を読みながら、たえず頭に唱歌「ふるさと」が流れていた。

       IMG_58921211.jpg
        【樹齢600年のケヤキ!】

       1. 兎追ひしかの山 小鮒釣りしかの川  夢は今も巡りて 忘れ難きふるさと
       2. 如何にいます父母 恙無しや友がき  雨に風につけても 思ひ出づるふるさと
       3. 志を果たして いつの日にか帰らん  山は青き故郷 水は清きふるさと

話がそれるが、この歌の作詞をした高野 辰之(たかの たつゆき)には、「朧月夜」「もみじ」「春が来た」「春の小川」など、懐かしくて大好きな歌が多い。

 IMG_58941211.jpg

『脱原発論』 (2012年/小学館/1700円)

収束の兆しが見えない福島原発の大事故、10万年後まで残る危険な核廃棄物等々、どれ一つとっても原発は一刻も早くなくしていかないといけない、政策の失敗であったと思うのに、いまだにその利権にしがみつく人たちがいる。
推進してきた当時の自民党政府は、その責任をどう感じているのか。事故でふるさと(国土)を失ってしまう前に、やるべきことはたくさんあるのではないか。原発の問題点が分かりやすく書かれているので、ぜひご一読を。

 IMG_59021211.jpg

『反TPP論』 (幻冬舎/2012年/1500円)

アメリカの言いなりになる怖い条約。自民党の小泉総理時代に行った「規制緩和」で、労働条件が厳しくなり人々の生活が苦しくなったのは、周知の事実。きちんとした中身を知らず考えず雰囲気だけで投票した人たちが多かった選挙の、反省すべきことの一つだ。
今回も同じことにならないか心配だ。食糧自給率を上げる、内需を拡大する、私たちの暮らしを良くするために国内でできることがまだまだある。外に目を向ける前に、まずは足元からと強く思う。

 IMG_59041211.jpg

『沖縄論』 (小学館/2005年/1600円)

77冊の資料と現地への取材とで、沖縄の歴史をさかのぼって書かれた沖縄論。太平洋戦争の末期、地上戦が行われ多くの犠牲と悲劇を生んだこと、1972年の沖縄返還まで米軍に占拠され施政下に置かれた上、復帰後も米軍基地が多く存在し、不平等な日米地位協定により人権が侵害されている現状、どれもみな本土の人々が知っておかなくてはいけないことばかりだ。
本書では、著者が尊敬する瀬長亀次郎氏について一章を割いているが、このような人格の優れた立派な政治家を陥れた勢力があったことに、憤りを覚えた。この本は辛い本だが、目をそむけてはならない事実が書かれている大切な本だ。

       IMG_59101211.jpg

ここにあげた三冊を読みながら、「知らないこと・知ろうとしないこと」の社会的な無責任さと罪を思った。この三冊を読んで、今まで知らないことがいっぱいあったことを知った。知らずに雰囲気だけで流されていることがいっぱいあった。
今度の選挙は、日本の未来を考える大切な選挙だ。過去の歴史や現状をしっかり学び、各政党の政策をしっかり読んで、自分の考えと一致するところに投票したい。たかが1票、しかし、その積み重ねでしか、政治に関われないのだ。目先の利益だけを見苦しく追うのではなく、子どもたちの未来にも地球全体にも責任の持てる賢い選択をしたい。

 IMG_59191211.jpg

 写真はすべて京都北野天満宮の梅林の奥にある「御土居(おどい)」で撮りました。
晴れていたら、紅葉に透明感が出てもっと綺麗なのですが…。箕面を凝縮したようでした。

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
こんばんは… 
沖縄論…もちろん持っています!
瀬長氏は、初代那覇市長です。少年時代、学校の授業「沖縄の偉人」でかならず登場する人物です。

紹介していただいてうれしいです。
【2012/12/09 00:01】 URL | ケンジ #tHX44QXM [ 編集]

ケンジさんへ
>沖縄論…もちろん持っています!
力作ですね。多くの人に読んで、沖縄にかけている負担を知ってほしいと思いました。

>学校の授業「沖縄の偉人」でかならず登場する人物です。
そうなんですね。人々のことを真剣に考え行動できる、ほんとうの人格者!
こういう方にこそ、国を代表する政治家になってほしかったです。
今回の選挙では、たくさんの党ができましたが、党首や代表の人格を見極めたいです。
【2012/12/09 09:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/566-eeecb516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード