心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-内田樹と岡田斗司夫FREEex『評価と贈与の経済学』
内田樹と岡田斗司夫FREEex『評価と贈与の経済学』
(徳間書店/2013年/952円)

   hyoukatozouyonokeizaigaku[1]syou

 内田樹氏は、今まで『日本辺境論』や『下流志向』などを読んで、武道家としての身体感覚を伴う発言に共感を覚えることが多々ありました。岡田斗司夫氏は、朝日新聞の悩み相談の回答がいつも素晴らしく、著書も何冊か読み関心を持っていました。このお二人の対談というので、早速注文。帯文の「役に立つのは“お金”じゃなくて“人柄”」というのに、大いに心惹かれ、例によって線を引きながら読みました。

私は、先日、とても素敵な若者に出会えて、その爽やかな人柄と行動力に感銘したところでしたので、この本の内容がすとんと心に入りました。お金だけが価値のあるように動く社会に対して違和感を覚えている人たちに、ぜひ読んで欲しいと思う本でした。岡田斗司夫氏のまえがきを以下に一部引用します。

(この部分は私のまとめ…いろいろな意味で対照的な)二人が対談したら驚きました。見えている未来がほぼ同じなのです。これからは人柄が大事。人の世話をする人が得をするし、幸せになれる。お金をいくらもらったか、いくら使ったかではなく、人に何ができたのか、何をしてもらったのか、で測られる。

 この文章、私の日々の暮らしの実感でもあり、大変共感を覚えると同時に、みんながこのように考えて生きていけたら、未来は明るいと感じました。東日本大震災以降、まともな人たちは「何がいちばん大切か」ということを、真剣に考えていると思います。そして、その「いちばん大切なもの」がお金でないことも、感じているのではないでしょうか。そういう意味でも、タイムリーな本だと思います。

 IMG_66871304.jpg

  山頭火の日めくりカレンダー、ここ数日の句が心にしみました。
 
      ふるさとは遠くして木の芽
 
          膝に酒のこぼるるに逢ひたうなる

              けふもいちにち風をあるいてきた


 IMG_66241304.jpg
 【どちらも大阪の大川沿い(天満橋から源八橋)川の両側に桜並木4200本】

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
こんばんは… 
山頭火も、大川の風景もいいですね~
【2013/04/14 20:04】 URL | ケンジ #tHX44QXM [ 編集]

さくらが終わりましたね
ボランティア仲間3人で話しました。
皆、望んでボランティアを始めたわけではないけど気が付いたらオーバーに言うとボランティア精神が身についていました。
お金で人のためになる事は出来ないけど小さなことで喜んでいただけるってすごい喜びです。
仲間のみんながいつの間にかその気持ちにどっぷりつかって、パソコンだけではなくいろいろな手助けに手を出し始めます。

何故か私の周りにはお金持ちが多いです。
お金の使い方が桁外れですが羨むことも背伸びすることもありません。
使い方も人それぞれ。
私のペースでお付き合いをしています。

一番大切なものは人それぞれでしょうね。
私は今は健康と答えます。



【2013/04/14 20:17】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ケンジさんへ
コメントありがとうございました。
昔に比べて川の水がきれいになったので、桜もうれしそうです。
山頭火の句は、さびしいとき合いますね。
【2013/04/14 22:14】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ベンジャミン(keiko)さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
桜は今、赤い若葉を出して、なんだかそれはそれで可愛い感じです。
八重桜が、こちらは今が見頃ですが、そちらはもう終わりましたか?

>お金で人のためになる事は出来ないけど小さなことで喜んでいただけるってすごい喜びです。
お金のある人は、お金で、そうでない人はそうでない方法で…。
誰かの役に立って、喜んでもらえるのが、人生の一番の喜びだと私も思います。
社会の中で生きているって、結局はそういうことなんだろうなって思います。

昔は、お金のある年配の人が、若くてお金のない人たちの面倒をみてきたと、この本の中にありました。
誰もかれもが、すべてのことを一人でしなくていいし、もっとゆるやかに関わり合いながら、皆が幸せを感じる生き方があっていいんだって、感じさせてくれた本でした。

いちばん大切なのは、確かに「健康」ですね。同感です。
【2013/04/14 22:25】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/592-5aabf110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード