心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-京都上賀茂&永田和宏『近代秀歌』
暑くなってきましたね。私は昨日、世界中の人と手をつないで海で泳いでいる夢を見ました。その上、すごいことにビートルズのライブを、生で友人たちと見ている夢!寝る前にビートルズを聞いたわけでも、海の映像を見たわけでもないのに、なんとハッピーな夢。この夢だけで、一日幸せでした。

 さて、今回は京都市営地下鉄北山駅から北および東を散策した時の写真をアップします。

 写真の下には、所属結社「塔」短歌会の主宰永田和宏先生の最近の著書から、「一緒だ!」と共感を覚え嬉しかった部分を中心に引用(色つき文字の部分)しました。黒字は私の感想です。


       IMG_7338midorogaike.jpg
       【深泥池(みどろがいけ)。ここの生物・植物は国指定の天然記念物。】


(高校時代に通っていた小さな塾の国語教師、佐野孝男先生が)近代の短歌百数十首をガリ版刷りでプリントして、一首一首をいとおしむように鑑賞してくださった。・・・理系の大学教授である永田先生が、短歌にも詳しく、かつ、この本を書かれた理由の一つが分かると同時に、自分の高校時代の恩師(国語科)が同じ名字の「佐野先生」だったので、親しみを感じました。

正直に言うと、私は会津八一の歌が苦手である。どうも生理的に受けつけないのだ。・・・実は私も苦手なので、こういう吐露にほっとしました。


 IMG_7347otazinzya.jpg
 【大田神社かきつばた。これも国指定天然記念物。清楚な花です。】


(与謝野晶子の詩「君死にたまふことなかれ」を引用したあとで)女性の立場から戦争の愚かさを詠った、もっとも早い詩として、これだけでも晶子の詩歌史における意味と意義は紛れもないものである。・・・ほんとうにその通りで、与謝野晶子の力は強大!


       IMG_7366kamigamozinzya.jpg
       【上賀茂神社境内。ここだけでなく、近くの疎水にも鴨がいました。】


彼岸花はとても精巧に作られた花だと思う。名前の由来などを除外して虚心にその花の作りを見れば、いかに繊細に、かつ優美に作られた花かと感心するのである。・・・彼岸花好きには、嬉しい言葉です。


 IMG_7352mitinohuzi.jpg
 【大田神社と上賀茂神社の間にある自然の藤。木の大きさと花の豊かさにビックリ!】


背景を知ることによって、歌の読みの幅が出てくる場合にのみ、背景を導入することに意味がある。・・・同感です!

歌は一首で読むべきか、連作として連作の場のなかで読むべきか、これは古くて新しい、いまなおむずかしい問題なのである。・・・はい。


       IMG_7375kamogawa.jpg
       【賀茂川は、33キロもあるそうです。ずっと畔を歩けるのかな?】


人間は、「無い」と言われることによって、逆に「無い」はずの存在を思い浮かべてしまう。・・・不思議ですが、そうなんですよねえ。

歌における自然詠とは、決して自然そのものを写すことではなく、自らの心のありようを、自然のなかに映すことでもあるのである。・・・そのように詠めるのが、私の目標です。


    kindaisyuka.jpg 永田和宏著『近代秀歌』(岩波新書/2013年/820円)

 ここにあげてある近代短歌100首は、国語の教科書や資料集でも目に触れたことがある歌ばかりでしたので、私はとても懐かしく、また、さらに詳しい読みを手に入れることができ、勉強になりました。次に『現代秀歌』も予定されているそうなので、私は、それがとても楽しみです。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント
こんばんは…
私も、北山通りが大好きです。
【2013/05/30 20:27】 URL | ケンジ #tHX44QXM [ 編集]

ケンジさんへ
お早うございます。
北山通りは、植物園と賀茂川が近くて、お洒落なお店も多くていいですよね。
私の好物のぶどうパンがとても美味しいパン屋さんがあります。
【2013/05/31 09:11】 URL | 大空の亀  #- [ 編集]

ありがとうございます。
素敵な風景写真と、良書のご紹介ありがとうございます。
【2013/08/17 10:18】 URL | クレマチス #- [ 編集]

クレマチスさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
涼しくなったら、また京都や奈良など訪ねてみたいと思います。
【2013/08/18 16:10】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/599-68e8403e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード