心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-辰濃和男著『四国遍路』
 sikokuhenrotatunokazuo.png 辰濃和男著『四国遍路』(岩波新書/2001年・2012年第18刷)

 辰濃氏の文章が昔から好きだったのと、数年前に兄が歩いて四国遍路をした道をたどってみたくて読みました。予想通り文章も内容も素晴らしくて、付箋だらけになりました。中に故郷での出来事が詳しく書いてある箇所があって、とても嬉しく思いました。(p130~p135) 色つき字は引用箇所。

 IMG_7383201305.jpg
 【ベランダから。この森の中にいるホトトギスの鳴き声が食卓まで届きます。テッペンカケタカ…】

p9 八方に枝をひろげた巨樹の葉は自在に揺れ、一枚一枚の葉が風の子どもたちを遊ばせている。目に見えない風の子が光の粒になって揺れ、はね、流れ、細かい動作を繰り返している。
ほんの少し読んだだけで、こんな素敵な自然描写に出会えるのですから、読むのが楽しくて…。

p32 こころの鞄がお接待ではちきれそうになると、森の風、木漏れ日、川面の光、水引草の赤い点々、ビルの向こうの夕焼けなどがみな、特別のお接待に思えてくるのがふしぎだった。
宿舎の人、沿道の人、立ち寄ったお店の人、さまざまな人に飲み物やちょっとした食べ物などを差し出され、感謝の気持ちで頂く。そのお接待のこころをしっかり受け止め、自分もいつかお接待をする立場になる。歩くお遍路さんのしんどさを想像できる力が、相手を思う優しい気持ちと行動になるんですね。心が感謝の気持ちでいっぱいになったお遍路さんは、何を見ても感動できるのだと思います。

p130 野口雨情の唄に 伊予の内子を忘れてなろか/人の情の厚いとこ
というのがある。その内子町のはずれの「お遍路無料宿」に泊まった。いわゆる善根宿である。ここに泊まってから、宿、というものへの認識が少し変わった。

自分の故郷に、こんな宿があるとは知らず、改めて人の温かさを懐かしく思いました。

p162 心身が解き放たれるにつれて、自分の思考を縛る「概念的なもの」がたいそうひからびたものに思えてきた。・・・(略)・・・まっさらになったこころで見なくては本当のところが見えてこないと自分にいい聞かせる。概念に縛られてものを見るときは真の驚きはない。概念的なものを否定し、海に融和し、山に融和して見る新しい空間には静かな驚きがある。
辰濃氏と一緒に歩いて、同じような感動を得ているような気になりました。もっと広くて深い宇宙や太古に連なる文章もあるのですが、それは、実際にこの本で追体験をしてもらえたらと思い、ここへの引用は控えます。

 IMG_7389201305.jpg
 【駅までの道。この道に入る手前の茂みではウグイスが鳴いています。ホーホケキョ…】

 実際のお遍路道は、山道や海沿いの自然豊かな道ばかりではなく、自動車が走る国道を歩かねばならないことも多いようで、そのことの苦痛も書かれていました。車の多い国道ではなく、空気のきれいな自然の道や旧道が整備されたら、四国のお遍路道はもっと魅力的なものになるのではと思います。そうなったら、私も歩いてみたいな。霊峰石鎚山と空海に触れた文章があり、まだ石鎚山に登ったことのない私は、ぜひ一度行かねばと思いました。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
こんばんは…
吹田というと、大阪市に近いのでオフィスビルや高層マンションが多いイメージ(天満橋?)でしたので、このような自然豊かな素晴らしい街とは知りませんでした。どうりで短歌が上手と思いました。

四国…また旅行したいですね~

やっぱり内子が一番ですね~
【2013/05/30 20:33】 URL | ケンジ #tHX44QXM [ 編集]

ケンジさんへ
コメントありがとうございます。
吹田も北の方に行くと、ニュータウンなので人工的な自然ですが、緑が多いですよ。
万博公園も至近距離なので、鳥は多いです。きれいなキジを間近に見たこともあります。

>やっぱり内子が一番ですね~
ありがとうございます。なんといっても、沖縄の海の美しさは、世界屈指です!
【2013/05/31 09:16】 URL | 大空の亀  #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/600-ad35bc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード