心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-朝井リョウ著『何者』&この頃しきりに思うこと
         IMG_7440201305.jpg
        【動物写真家岩合光昭さんの猫番組を見ながら我が家の猫たちを撮影】

 このごろしきりに思うこと。
 
活断層上(地震国)の原発、核廃棄物・汚染水の処理が行き詰っている原発、放射能による被害が農漁業をはじめ広範囲に及ぶ原発、事故による補償額を入れると膨大な費用となる原発・・・と、ちょっと考えただけでも問題点だらけの原発を、現政府は「早期再稼働」「外国への輸出」と信じられない行動をとっています。

東北大地震のあと、無惨に死んでいった動物たちの姿を思い浮かべるだけでも、いちばん大事なのは「儲けること」(誰が儲けるのかという視点を忘れてはいけません。)ではなく、「いのち」であることは、当たり前のことであるのに、政府主導の経済はとんでもない方向へ進んでいます。円安や株高を一部の大企業や富裕層は喜んでいるかもしれませんが、中小企業や農漁業従事者の大変さをニュースで知るたびに、誰のための政治かと思います。

先日の大阪市長の下品な暴言を追及しようとした市議会も、結局、「再度市長選をする」という脅しに負けてしまいました。選挙の仕組みに大いなる問題があり、なかなか民意が反映されない状況がありますが、選ばれた側(たとえば今の大阪市長)は、「民意の結果」だと胸を張ります。ただ愚痴るだけでは変わらない、ましてや、誰かが何とかしてくれるでは変わらない。一人ひとりが意識を高く持ち、民意を選挙に反映させない限り、世の中はよくならないと思います。不穏な動きが活発化している9条と96条のことも、心配でなりません。


nanimono.jpg 朝井リョウ著『何者』(新潮社/2012年・2013年4刷/1500円)

第148回直木賞受賞。彼の作品を読むのは三作目(『桐島、部活やめるってよ』→『少女は卒業しない』→『何者』)だが、書くたびに上手くなっていると感じました。今回の作品は、心理描写が丁寧で、とてもよかったし、ストーリーだけでなく、ちょっとした情景描写も味がありました。1989年生まれの彼、いったいどこまで進化&深化するのか、とても楽しみです。

 IMG_7452201305.jpg

にのみやたくと(二宮拓人)が主人公(語り手)、主な登場人物は他に、コウタロー(光太郎)、瑞月、理香、隆良、ギンジ、サワ先輩。

 IMG_7469201305.jpg

P16 俺は星と星をつないでいくように、スーパーの中を慌ただしく動く。俺が歩いたところを線で繋いでいけば、「ひとり暮らし」という星座ができそうだ。

 IMG_7486201305.jpg

P108 夕方に差し掛かろうとしている二月の午後三時の電車の中では、目的地に向かおうとしているのか家に帰ろうとしているのか、どちらか分からない人たちがマフラーの中に顔の下半分を仕舞い込んでいる。
 
 IMG_7490201305.jpg

 「就活」の大変さやずらっと黒いスーツの若者が並んだ映像などを、新聞やテレビで見ることが多く、「就活」の話とは知っていたので、正直読むのがしんどいかもしれないと後回しにしていました。

なぜ皆が同じかっこうをして会社訪問をしたり、会社に入ることを「就職」と考えるのだろう、もっと違う生き方もあるのではないかと、どうしても私は「就活」を批判的に見てしまい、なんとか「就活」せずに働く方法はないかと考えるタイプでしたし、集団で同じことをするのは今も嫌いです。

この小説の上手さは、私のように「就活」と一括りにものを見てしまう人間に、「就活」の背後にある一人一人の事情を見せてくれ、考えさせ、私の愚かさにも気付かせてくれました。今どきの若者を描きつつ、昔も今も変わらない人間の弱さや強さを見せてくれる、普遍的な小説に仕上がっていて、好感が持てました。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
こんばんは…
原発問題…福井の敦賀に近い、滋賀県在住ですので毎日のニュースが気になります。

今後、どうなるのか注目しています。
【2013/06/02 18:36】 URL | ケンジ #tHX44QXM [ 編集]

ケンジさんへ
こんばんは。
近畿の水がめ琵琶湖が汚染されたら、とんでもないことになりますね。
地元は、原発があることでたくさんの恩恵も受けていますが、周辺地域は被害こそあれ、恩恵はありませんよね。しかも汚染した空気は地球全体を巡ります。
地方の経済が、国策としての原発を引き受けかつ頼ってきたということもありますが、地震や津波による事故の有無以前に、やはり原発は問題が多すぎると思います。
【2013/06/02 20:26】 URL | 大空の亀  #- [ 編集]


昨日はPCを立ち上げたらネットが繋がらなくなって悪戦苦闘しました。
メーカーとのやり取りに1時間・・・
ボランティアで使うことが増える時期なので入院(1週間から10日)させることも出来ず、
ふ~、クタクタになりました。

猫ちゃんたちの平和な様子がいいですね。
こういう何気ない平和が一瞬にして奪われたのよね。
福島(東電)のニュースは腹立たしく、悲しいです。
生まれ育った土地を捨てなければならない方々、家畜を見捨てなければならなかった辛さははかり知れません。
【2013/06/07 11:12】 URL | ベンジャミン(keiko) #Egzc4Nlk [ 編集]

ベンジャミン(keiko) さんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。
日中外に出ると日差しは厳しいですが、家の中は涼しく風が気持ちいいです。

>メーカーとのやり取りに1時間・・・
ここで、なんとかつなげるようになるところが、ベンジャミンのすごさですね。偉いなあ!

>福島(東電)のニュースは腹立たしく、悲しいです。
なんにもと言っていいほど後始末ができていなく、いまだに次々と隠していたとか発表が遅くなったとか、下請けの人たちへのむごさとか、体質が変わりませんね。

おまけに、日仏共同で原発輸出に精を出すそうです。この時点で!?ひどいですよね。
「金儲け虫」のため、日本だけでなく、地球規模で破滅に向かおうとしているのではないかと、思ってしまいます。ひたすらそういう政治のありようが悲しいです。

もの言える人間たちがなんとかしないと、もの言えぬ動物や植物まで巻き添えにしてしまう…。
いつも最初に犠牲になるのは、もの言えぬものたちからなのですものね。辛いです。
【2013/06/07 17:17】 URL | 大空の亀  #- [ 編集]


こんにちは

朝井リョウさん、大好きe-266

久しぶりに、全部買って本棚に並んでる作家さんです。
すばるで賞をとられたときに読売新聞で知って、ずっと楽しみに読んでいます。
「桐島・・・」で好きになって「星やどり・・」でやられちゃって「少女は・・・」でダウンした?って感じかしら?
大学生の20代男子がどうして?って。
上質の愛情に包まれて育って、しっかりとそれを受け止めて・・・なのかしら?
次回作「世界地図・・・」も予約しています。
若者言葉もたくさん出てくるし、でも、日本語の使い方の上手な方だなぁ・・・って思っています。
漢字やカタカナひらがなの混ぜ方とか、句読点・改行を今の会話の言葉のペースと同じ感じに使われているから?とても読みやすくて。

「星やどり」が一番好きなんですが、愛情与えられて・受け止めて、それをどう返すかの表現方法に、こんなにいろんなやり方があるのか・・・って、せつなくなります。
ひとりひとり、ちがう。
それぞれのやり方があって、みんなが認めあう。
それぞれに思いあう。
大切にしている。
自分のやれることを、自分のやり方で・・・それでいいんだって、もう一度気づかせてくれた作品です。
 

先日、ネットで見かけたレシピ。
「東電クッキング」
「まず皮を分厚くむき、傷んだ部分を丁寧に取り除いたのち小分けに。水に放して軽く通電してビリビリさせ、あざやかに反省の色がでたら水気を切ります……」というレシピ。
読んでみたくて、予約中です。
【2013/06/07 17:23】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>朝井リョウさん、大好き
そうなんですね。私は、三冊読んだだけですが、kimicoさんはこんなにたくさん。
私も、『星やどり…』予約して、読んでみようと思います。
若いのに、どうしてこんなに上手に書けるのかしら。
どんな育ち方をしたのか、ちょっと知りたいです。
ちゃんと就職もできてるしね。堅実で驚きます。

>「東電クッキング」
って、レシピ本形式で出ているのですか?皮肉って風刺してるんですよね。
最終的にどういう仕上げになるのかしら?

私は最近、詩を読むのが楽しくて、言葉に「おっ!」と感じることが多いです。
俳句も有名な作品をきちんと読んでおきたいと、分厚い本にチャレンジ中です。
本との出会いは、嬉しいことが積み重なっていくようで、素敵ですよね。
【2013/06/07 21:39】 URL | 大空の亀  #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/601-c6da18e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード