心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-ちょっと故郷へ
 ちょっとふるさとへ

両親・姉妹・義姉のお墓参りに1泊2日でふるさと内子と恩師や級友のいる松山へ。
新しく「町の駅」というお店ができていて、内子座の素敵な絵葉書を手に入れました。

  DSCF0005utiko1308.jpg 

  【子どもの頃も、こんな入道雲を見ては「夏休み!」と思っていました。】 


「塔」短歌会の上﨑智旦さんの歌集『くろつぐみ』より、内子を詠んだ歌をいくつか。

にはか雨に駆け込みし酢屋の軒下で差し出されたりコップの玉子酢

江戸風の大き提灯下がりゐる大森和らふそく屋にらふそくを買ふ

新しき幟はためく内子座の瓦屋根のうへに夏空広がる

木蠟と生糸に栄えし山あひの内子の町に残る内子座

小田川の橋のたもとの楡の木の小さな木陰に陽ざしを避ける

村役場は在りし日のまま旅人の宿舎となれり山を背にして 

蝉の鳴く内子の町の昼下がり白き日傘の人が過ぎ行く



他にも著名な俳人の方々が内子を詠まれた俳句を見つけました。

たむらちせい句集『菫歌(きんか)』より・「蝶」主宰(2010年より顧問)

かざぐるま止まりたる緋の内子町

春昼に点もる蠟の火泪色



伊藤通明句集『荒神(こうじん)』より・「白桃」主宰

内子座に雨をさけたる桜まじ

愛媛銀行内子支店の燕の巣



津田将也「青群」2011年秋号より 

芝居見終えて 内子の時雨に遇いました

  DSCF0006utiko1308.jpg

  【この色の百日紅(さるすべり)がいちばん好きです。】


『伊丹公子全句集』の中の1985年刊『パースの秋』より

和蠟燭の町

街道に梅咲くは 木蠟幻影か

滅びの燭をかこむ 風花 梅の暖

和蠟の町に 忘れた言葉 忘れたまま

厚く永い静謐 海鼠壁に沿う

瓶詰鰍(かじか)と木蠟 並ぶ 町の果て

和蠟燭作りの一家 眉 沓(よう)

蠟で冷えた 和蠟師の指 梅の家

焔となる前の和蠟へ あつまる雪

屏風の漢字 四角に並ぶ 蠟晒す

木蠟屋敷の 揺椅子 揺れない 風花季

箱階段の 音階の波 火の海へ

木蠟屋敷の廃園 雀は丸く丸く

風に窶(やつ)れ 古道に猫と和蠟燭

木蠟の町 寝てしまう 梅の香に

蠟梅は 和蠟の飛び花 内子路地



 松山三越で岩合光昭写真展「ねこ歩き」を見てきました。

nekoaruki1308.jpg nekoarukiehagaki1308.jpg

【我が家のハオとミューが写ってる!と嬉しくて購入した写真集と絵はがき。】

 松山では、高校の同級生たちと飲み会&カラオケ。今回も午前さまで、たくさん歌いました。
1月からずっと入院中の恩師のお見舞いにも行け、思っていたよりお元気な姿に安心しました。

     IMG_8036awazisima1308.jpg
     【車窓より明石海峡大橋】

行きは瀬戸大橋・高松道経由ですべての通行料の合計は8000円ほど、帰りは徳島道・淡路島経由で通行料合計は4000円ほど。ETCの割引が時間帯によっていろいろあるみたいで、帰りの安さには驚きました。ガソリンの消費量も徳島・淡路島経由の方がうんと少なくて、今までずっと瀬戸大橋・高松道経由だったのをちょっと後悔しました。

 8月17日追加:嬉しい記事を見つけたので…

1308俳句甲子園吹田東

 松山を訪ねたとき、大街道に「俳句甲子園」のお知らせがありました。今回、大阪の代表として出場するチームには、よく知っている生徒や先生がいますので、とりわけ応援の気持ちが強いです。今年初めて予選を見に行き、頑張る高校生やOBである大学生たちの輝きに、心打たれました。私立の進学校が強敵ではありますが、ここは公立高校の素朴で伸びやかな良さを生かして、ぜひ気持ちのいい闘いをと願っています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

うんざりするくらいの暑さが続いていますね。

この夏、ついに下のコにも身長で抜かれ、うちで一番チビになってしまいました。

下のコの野外活動のグループが瀬戸内海の島でキャンプするのに2泊3日だけ参加してきました。
石を積んでかまどを作り、枝を拾ってテーブルを作って、テント泊。
汚れを拭ったお皿を海で洗い、川の水ですすいで仕上げます。
帰宅すれば、楽しかった・・・と言えますが、現地ではナカナカ過酷でした。
子どもたちはまだ、島で頑張っています。

下のコが4月に始めたサッカーも、先輩が引退して、とうとう11人のサッカー部。
試合に出なけらばならないし、怪我もできません。
キャンプもサッカーも、自分で始めたことを「辞める」とは言わないコで、しんどいことの方が多そうに見えるのに、くじけてもあきらめない。
若いってすごいって、見守っています。

ふるさとがあるって、いいですね。
私は両親と同じマンションに住んでいるので、ちょっとうらやましく思います。

 

 
【2013/08/16 08:53】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

ほんとに!さすがの夏好きの私もうんざりする暑さで、クーラーを今年はつけています。

キャンプ、懐かしいです。
子どもが小さい間は、よく行っていましたが、老夫婦?となった今は、私たちだけで行くのも、もう気力も体力もなくて、ダメですね。
子どもさんが行くからこそのワイルドな体験、後から振り返れば幸せな思い出です。
海や川と直に触れる機会の少ない現代っ子たちにとって、とても大切な経験ができましたね。

この暑い中、サッカーも頑張っているんですね。
子どもって、前向きで真面目で一生懸命頑張るので、感動します。
この良さが発揮できない時は、大人の側に原因があることが多いのだと思います。
若いというのは、なんだかんだ言っても「元気のかたまり」ですもんね。素晴らしいですよね。

昨日見たテレビで「徹底した誠実さ」という、私の気持ちに沿ってくれる素敵な言葉を手に入れました。そのように生きたいと思います。
【2013/08/16 20:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


おはようございます。

>子どもって、前向きで真面目で一生懸命頑張るので、感動します。
  この良さが発揮できない時は、大人の側に原因があることが多いのだと思います。


心のどこかで思っていて、気がついていたのに、言葉にできていなかった。
言葉で、文字で、はっきりと見せていただいたことに感謝しています。
私ががんばる・頑張らなけらばならない理由を、確認できました。
できることが、まだ、きっとある。
気持ちのいい涙があふれました。


部屋を快適にする・・・っていうより、部屋にいてバテない温度にするためにエアコンつけています。
サッカーに持たせる水筒も1リットルのものを2本。
1本はアクエリ。もう1本はお茶。
重くていやがるんだけれど、お茶だけ・アクエリだけ・・・ってなんとなく、塩分とか身体との浸透圧、糖分・・・考えすぎなのかもしれませんが、無理言って2本に分けて持たせています。
うちではもっぱらお茶なんですけれど。
 

【2013/08/17 07:28】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimico さんへ
お早うございます。コメント、ありがとうございます。

>言葉で、文字で、はっきりと見せていただいたことに感謝しています。
そう言ってもらえて、嬉しいです。こちらこそありがとうございます。
実は、私も同じ経験をしていて、それが「徹底した誠実さ」。
ジブリの「風立ちぬ」を見て感じていたことを、テレビの「カンブリア宮殿」で、作家の村上龍が、モスバーガーの経営姿勢に対して言った言葉でした。
マクドは嫌いだけど、モスバーガーは好きなので、納得の一言でした。

>サッカーに持たせる水筒も1リットルのものを2本。
この暑さですもの、必要ですよね。
私が子どもの頃は、暑いといっても30度を超えることはなかったんじゃないかな。
地球が、愚かな行為をする人間に怒っているとしか思えません。
【2013/08/17 08:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

百日紅
大空の亀さま。
先日は素敵なお葉書ありがとうございました。そして、きょうはブログを、拝見いたしました。いつもながら、素敵なお写真と、文章ありがとうございます。綺麗な色の百日紅印象に、残りました。
【2013/08/17 10:32】 URL | クレマチス #- [ 編集]

クレマチスさんへ
こんにちは。こちらこそお葉書ありがとうございました。
このさるすべりは、ふるさとでお墓参りをしているときに撮りました。
夏の木の花は少ないですが、さるすべりは優しい色でいいですよね。
【2013/08/18 16:12】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


内子を詠った俳句 いろいろな風景が浮かび 大変 なつかしくてうれしくなりました。
お墓参り、お見舞い できて良かったですね。お疲れさまでした。
私も秋ころには 一度 ふるさとへと 思っています。
内子座は 催しがいろいろとあり、近くだったら ほんまにいろいろと観覧したいですね。
町の商店街も 結束されて 統一的に町おこしをされているようですね。
落ち着いた町を文化的にそして素敵に活気づいていくのではないかと思います。

岩合さんのBSの番組 たまにみることがあります。
ねこちゃんは私は馴染みがないのですが、結構 ねこ好きな友人が多いので
最近は興味が湧き みています。海外での猫ののんびりさには癒されますね。
昨晩は 猫が庭で 大けんかをしていました。びっくりしたあ。
この辺は野良猫がわりにいます。
畑にうんこをされるのが辛いです。今は庭でにゃんこ眺めています。

亀ちゃん 夏休み 楽しめて良かったですね。
【2013/08/19 16:56】 URL | よりやん #- [ 編集]

よりやんへ
こんばんは。コメントありがとう。
昼間の暑さは相変わらずですが、朝夕はやっと涼しくなってきましたね。

>内子を詠った俳句 いろいろな風景が浮かび 大変 なつかしくてうれしくなりました。
喜んでもらえてよかったです。こんなふうに詠んでもらえる故郷があって、幸せですね。
お金に余裕があったら、内子座・伊予銀行・大森和ろうそく店・森文・本芳我家などに、これらの句碑や歌碑を建てて、故郷の観光に貢献したいけど…。

我が家の猫は、マンションの廊下に落ちている死にかけの蝉を見つけては、くわえて家まで持ち帰り、もてあそびます。
鳴かなくなったら見向きもしないのですが、はかない命の蝉の最期をこんな風にして申し訳ないと思いつつも、今朝、この夏五匹目が犠牲に。

>私も秋ころには 一度 ふるさとへと 思っています。
いいですね。兄もお彼岸頃に、青春18きっぷで、お墓参りに行くと言っていました。
いつかゆっくり、一軒まるごと借りられる大西家か高橋家に泊まり、皆で遊びたいね。

この夏は、今まで頂いたものの、忙しくて読めずにいた歌集十数冊をやっと読み切り、感想の手紙も書くことができ、一年ぶりに胸が晴れ晴れしています。
今日は、愛媛がたくさん出てくる歌集を読みました。またいつか紹介しますね。
【2013/08/19 17:30】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

残暑お見舞い
この残暑はまだまだ続くのようですね。

青い空に白い雲、百日紅が美しいですね。

同じころに四国にいたのね。
この時期なので分かっていましたが最高に暑いツアーでした。

内子座と言うのがあるのね。
私は金比羅宮に上らなかったので金丸座に行ってきました。
花道を歩き、舞台に立ち、勘三郎さんのエッセイに出てきた場所に立っている、と感動しました。

金比羅様は高校の修学旅行で上りました。

【2013/08/19 21:43】 URL | ベンジャミン(keiko) #oUPgpoCM [ 編集]

ベンジャミン(keiko)
こんばんは。コメントありがとうございます。

>同じころに四国にいたのね。
そんなんですよ、びっくり!
本当は帰りに徳島に寄って、阿波踊りも見るつもりだったので、もしかしたら楽しい偶然があったかもしれませんね。
暑い熱い四国の旅、私はよさこい踊りも阿波踊りも見たことがないの。石鎚山も眉山も…。
父や姉が生きていた間は、故郷へ直行でしたから、灯台もと暗しで。
これから、お墓参りに帰るついでに、あちこち寄ってみようと思っています。

>私は金比羅宮に上らなかったので金丸座に行ってきました。
金毘羅さんは、自分の小学校の修学旅行と、息子が小学生の時に行きました。
なかなかハードな階段ですよね。ガーンと真っ直ぐ見えるから…。
内子座は金丸座ほど立派ではないですが、なかなかいいところですよ。

【2013/08/20 19:59】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/610-c9b14e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード