心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-宮脇昭氏の取り組み
 だいぶ前になりますが、うみそら居士さんのサイトで、宮脇昭氏のことを知り感動しました。今までの不明を恥じ、本を四冊読みました。内容的には重なることも多いのですが、とにかく素晴らしい!の一語です。長年の徹底した研究で確かな裏付けを持ち、さらにそれを熱い思いで実現されている、宮脇氏の考えと行動力を全面的に支持したいと思っています。

  inotiwomamorumori201308.jpg

 本に載っていたサイトから、このようなセミナー(東日本大震災復興支援セミナー/いのちを守る森づくり-森の長城プロジェクトの取組み)があることを知り、早速、申し込みました。
宮脇氏が講師で来阪されるので、直接お話を聞けるのが楽しみです。

  sanbonsyokuzyu201308.jpg    morinotikara201308.jpg

宮脇昭著『三本の植樹から森は生まれる-奇跡の宮脇方式』
(祥伝社/2010年/1000円)
地球環境の破綻を食い止めるためには、引き算の省エネだけでなく、足し算の森作りが必要であるという考えのもと、その土地にあった具体的な植林の方法(ドングリからの苗木を作る方法から、植林に取り組んでいる組織の紹介まで)が書かれています。写真も豊富で、たった三年で豊かな森に成長していく様子に感動します。


宮脇昭著『植物生態学者の理論と実践』
(講談社現代新書/2013年/740円)
帯文―4000万本以上の木を植えた科学者の熱きいのちの物語
P168 防災・減災の基本は、非生物的な人工の材料と何千年もそこに生き続ける緑の構築材料をどう使い分け、使い切っていくかにかかっています。
 死んだ材料は当然生き抜こうとはしません。一方、生きている緑は自ら必死になって生き抜こうとします。ここに大きな違いがあるのです。緑の生命力と再生力を積極的に活用すべきです。森の力を借りればいいのです。森と共に生き抜こうとすればよいのです。
P187 私はまだ八五歳。いのちの森づくりの一億本の植樹を目指して、みなさんと一緒に明日も明後日も木を植え続けます。東北被災地はもちろんのこと、日本各地、アジア各地、世界各地でいのちあるかぎり、木を植え続けることをみなさんに誓います。

  tinzyunomori2013.jpg   miyawakiakirahatenakitatakai.jpg

宮脇昭著『鎮守の森』
(新潮文庫/2007年/420円)
阪神・淡路大地震後調査した植物学者の著者は、予想が当たっていたことを確認する。すなわち神社の森は鳥居や社殿が崩壊しても倒れていなかった。さらに著者のいう潜在自然植生の木(その土地に最も合った木)は、防火の役目も果していたのだった。(アマゾンより)

一志治夫著『宮脇昭、果てなき闘い(新版‐魂の森を行け)
(集英社インターナショナル/2012年/1400円)
p162 木を植えれば日陰はでき、落ち葉が舞い、虫も来る。でもそれは、自分が都市砂漠の中で当分生きていける、他の生物と共生できるという命の証なんです。落ち葉を踏んで生きていけるということは、生態系の一員、緑の寄生虫の立場でまだ生かされている証なんです。それを枯れ葉が落ちるから木を切れとか、あるいは殺虫剤、殺草剤で全部やってしまえというのは、自殺行為なんです。

p 204 宮脇は、防潮堤の構想を「いのちを守る森の防潮堤」と名付け、実現に向けて邁進していく。一方、日置(輪王寺住職)は「いのちを守る森の防潮堤推進東北協議会」を立ち上げ、防潮堤に植える広葉樹の苗木づくりの活動を主に担うこととする。
森の土台となるマウンドは、高さ20メートル。ここに土地本来の木であるタブノキやシラカシ、ウラジロガシ、アカガシ、スダジイ、ヤブツバキなどおよそ9000万本のポット苗を植える。これが10年もすれば成長し、最終的には30メートル近い高木となって計50メートルほどの鬱蒼とした森の防潮堤が完成するわけである。
肝心なのは、マウンド内に津波で出た大量の瓦礫を土と混ぜて埋めることである。適当な隙間が酸素を有し、根群の呼吸を助ける。できれば地面より数メートルの深さの穴を掘り、そこに瓦礫を入れ、上から土で覆いほっこらとしたマウンドとする。
 木々の根は成長するにしたがって瓦礫を抱え込み、やがてそれを分解し、有機土壌へと変えていく。瓦礫を燃やすこともなく、さらには、いわゆる「広域処理」という名のもとに全国の都道府県へと運ばれることもなく、その場で処理できる画期的な方法だった。

・・・法律の壁、環境省の壁、様々な困難が立ちはだかるが、宮脇と彼の右腕である新川は徐々に駒を進め、2012年5月25日、財団「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」http://greatforestwall.com/が正式に発足した。


 先日のニュースで「樹林墓地(葬)」というのを紹介していて、自分が亡くなったあとが木や森になって、自然環境に役立つって、とてもいいなと思いました。例えば、エジプトの王が自分の墓としてピラミッドやスフィンクスを作る代わりに、森を作っていれば、今の地球もずいぶん違っていたのにと思います。時の権力者が本当に賢く、人民や自然のことを考えられる人であったなら、人類の英知はもっと発揮できたのではないかと、日本の原発事故の処理と総理大臣の動きを見ても、つい思ってしまいます。宮脇氏のように、立派な人物が現におられるのに…。


 8月31日追記:映画『少年H』を観てきました。

 syounenhomote2013.jpg syounenhura2013.jpg

 とてもいい映画で感動しました。さすが『鉄道員(ぽっぽや)』などでおなじみの降旗康男(ふるはたやすお)監督の作品だけあって、心情が丁寧に描かれていて、「人のあり方」が心に沁みました。降旗監督が子どもの時(長野県松本)、「少年兵の募集があっても、絶対に手を挙げてはいけない。」と言ってくれた国民学校の先生と同じような人が、神戸にもいたというのを「Hのお父さん」にも感じ、そういう「物事をきちんと考える一人ひとりの存在」の大切さを伝えたい、という気持ちの反映された映画でした。
還暦を迎えた水谷豊の魅力が「Hの父親」の魅力と重なり、また奥さんの伊藤蘭さんとの共演も自然で、素敵でした。H役の吉岡竜輝くんの演技は、子どもの頃の「妹尾河童(原作者)」さんを彷彿とさせ、妹役の花田優里音ちゃんの愛らしさには参りました。戦争の時代を背景としているけれど、描かれているのは「真に良識のある人間」で、とても良質な映画で、しみじみとしたものが心に残っています。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

おはようございます。
宮脇さんは本当に素晴らしい活動をされている方ですよね。
私も、宮脇氏の考えと行動力を全面的に支持したいと思います。

実は、私の仕事関係の団体が宮脇さんの講演会を企画したことがありまして、
関西で行われたので、私は参加することができなかったのですが、
その時の様子を撮影したDVDをもらって、それは私の宝物となっています(笑)
皆さんにお見せできないのが残念なのですが…

じゃぶじゃぶと資源を使って、見せかけの経済成長ばかりを追及するのではなく、
こういう本物の智慧こそ世の中に広く流布されるべきものだと思います。
ご紹介ありがとうございました。合掌
【2013/08/31 06:58】 URL | うみそら居士 #- [ 編集]

うみそら居士さんへ
お早うございます。コメント、ありがとうございます。

>宮脇さんは本当に素晴らしい活動をされている方ですよね。
こんなすごい方がおられるんだと、本を読んで驚きました。
今度、直接お会いできるのが楽しみです。「眼力」がありますよね。

「いのち」にとって、一番大切なことを、言うだけでなく身を持って示すというのは、大変な意志の強さが要ります。
未来に向けて「負の遺産」を残すのではなく、一番必要な「その土地に合った森」を残すという考えと行動力、見習いたいです。

我が家にも、まずは三本から「森」を作ろうと、宮脇氏の本を参考に計画中です。
東北への植林活動にも行きたいなと、話しています。
【2013/08/31 08:22】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


おはようございます。

>足し算の森作りが必要

なんだか、すごく、前向きに頑張る気になれる、素晴らしい考え方だと心が揺さぶられてしまいました。
今年は本当に暑くて、瀬戸内海の島にキャンプに出かけたときに、木陰の涼しさ、良さを体感してきました。
土の持つ力と、木の生命力と。
経験できたことに感謝しています。


最近読んだコミック「デイジー」
ももち麗子さんの作品なんですが、震災後の、福島の女子高生四人組を描いたマンガでした。
震災で起きたさまざまな問題を、うまく想像できない私にも、いっぱい伝わってくる、気づかせてくれるコミックです。
勤務校で「3.11を忘れない」というコーナーを作ってるのですが、そこに置くことにしました。
写真はきっと繰り返し報道され続けるので、目にすることが今後何度もあるだろうけれど、その時、その直後、現地の方々がどんなふうに感じて、どんな目にあって、どう生きてきたのかを、知ることによってできることを考える指針になるのではないかと・・・
写真も文章もたくさんありますが、コミックにもたくさんあるようで、切り口はイロイロあってよいかなぁと思っています。

 
【2013/09/01 09:30】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

>土の持つ力と、木の生命力と。経験できたことに感謝しています。
バーチャルな世界でなく、自分の体で自然を体感できて、とてもよかったですね。
少し前にNHKで、子どもたちが瀬戸内海の島でサバイバルなキャンプをしている様子を特集していました。
子どもたちが日に日にたくましくなって、顔つきが変わっていくのが感動的でした。
きっと、こんなふうな経験を、息子さんもされたんだろうなと思いながら見ていました。

>ももち麗子さんの作品「デイジー」
いい本を教えて下さって、ありがとう!
>「3.11を忘れない」というコーナー
これもいいですね。いいアイデアですね。参考にします!
「忘れない」ということが、大事ですもんね。
【2013/09/01 20:34】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/612-5a9e4724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年1月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード