心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-荒牧バラ園パートⅡ
頭の中が、子猫の「好(ハオ)」ちゃんでいっぱいで、全く働いてない…。
彼女の便秘はお腹をさすって、お尻をつんつん濡れティッシュで刺激したら、無事解消。
すごく賢くて(親バカをお許しあれ)、三日目にしてトイレを覚えた!
出先から、一刻も早く「好(ハオ)」のもとに帰りたい!!!
てな具合で、
よい本を読んだので「本の紹介」をとか、先日、本を紹介した「米原万里」さんが癌のため56歳の若さで亡くなられたとか、いろいろ書きたいことはあるのですが、パス!

前々回載せた「荒牧バラ園」を、新しいデジカメで撮ったバージョンを、今日はドドーンと載せます。  【拡大可】
zentai1.jpg   zentai2.jpg   zentai3.jpg

sinku1.jpg   sinku4.jpg   sinku3.jpg

kurimu.jpg   siro.jpg   pinku.jpg

ki.jpg   usumomo.jpg   koipinku.jpg


みづからの光のごとき明るさをささげて咲けりくれなゐの薔薇   佐藤佐太郎

この歌の薔薇は、なんとなく秋の薔薇のような気がします。

薔薇を抱き込み上げてくるものを抱き   蔦三郎

この薔薇は、きっと真っ赤な花束ですね。
花の色は対照的ですが、幸せの情景として、前々回の書き込みのkimicoさんの結婚式の話を思い出します。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

ご無沙汰しています。
忙しくしていて、久しぶりに覗いたら、何と同じ同人誌の(と言っても、私は下っ端、蔦さんは私にとっては先生のお立場だけど)蔦三郎さんの俳句。
蔦さん、ロマンティストなのです。俳句に恋心を滲ませたものがお得意。
今度、ここの事をお知らせしましょう。喜ばれますよ。
【2006/05/29 22:49】 URL | 犬塚 #- [ 編集]

ブートニア

夫はタキシードの胸にブートニアを挿すのを嫌がりました。
「でも、男の子がプロポーズする時に花束を渡して、女の子はYasの返事の代わりにその花束から1輪花を抜いて彼の胸に挿したんだよ?」って説得しました。

酔ってたんですね。
自分が主役になれるセレモニーにv-339

ウエディングに関するすべてを自分の手で企画してしまいました。
バイオリン・チェロ・ピアノの生演奏e-293曲まで指定して・・・
BGMもガラスのオルゴールのCD用意して・・・
洋館を借り切って、花も色や雰囲気を細かく・・・・・・・

貯金があんまりなかったのも原因のひとつですが、完全に酔ってました。
好きなんですね、企画するのが。


バラは、もう、かかすことのできないアイテムv-254
たくさんの思い出と、これから作られるであろうたくさんのしあわせな思い出のための・・・・・
【2006/05/29 22:50】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]


亀さん、こんばんわ♪
どれも、美し過ぎますv-10
本当にバラって豪華さ抜群ですよね!色もこんなに種類があってv-254
バラに囲まれて生活してみたい・・・
それには、ひろーーーーーーーい、お庭がないと駄目ですねv-12
宝くじ・・・宝くじ・・・でも、当たらないから永遠に無理かも?笑い
【2006/05/29 22:54】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]

薔薇は薔薇は
 v-216日曜日の夜 BS2で アニメソング2時間スペシャルをしてました。
ああ、一緒に歌いっぱなしだったのですが、「薔薇は薔薇は・・・」もありました。

 最後はやっぱりアトムだったんだけど、ワタシ的にはガッチャマンでいきたかった。
【2006/05/30 01:06】 URL | KANEGON #- [ 編集]

薔薇のお写真展拝見しました!
とても素敵!そして佐藤 佐太郎の歌も素敵です!kimicoさんの結婚式の様子も素敵!子猫の好ちゃんのお話も愛に溢れていて好きです、こうしてたまに亀さんワールドに入らせて頂き幸せ気分で、勉強させていただきうれしいです 搭五月号の河野先生に亀さんの一首好評でしたよね。今度は、好ちゃんの歌も拝見したいです。亀さんが幸せ気分は読む方にも伝染して嬉しいです。薔薇は、育てる苦しみもありそれをこえて充分楽しむ方も多い、しかし私の場合は諦めもありつつ自然に任せ虫と共に愛でてます。手も経費もかけられずですが、先日手も経費もかけたお庭拝見し、その時咲いていた真紅のイングリツドバーグマンという名前の薔薇は、亀さんカメラの一枚目のとよく似ていました、好きな女優さんの名前です。みづからの光のごとき明るさをささげて咲けりくれなゐの薔薇。なぜかこの歌あてはめたくなりました
【2006/05/30 02:55】 URL | クレマチス #- [ 編集]


好ちゃんがすぐにトイレを覚えたとはすばらしい。猫好きの実家の母がよく言ってました、「トイレを覚えてくれたらこっちのものよ!」と。今飼っているのが7代目ぐらいで、中には何回教えても覚えない、ちと、おつむの悪いのがいたらしいです。トイレは大事!
薔薇の写真を眺めました。やっぱりきれいね。
薔薇を見ていて思い出したのは、高校の教科書に載っていて、当時暗唱していた佐藤春夫の詩。ずいぶん昔のことだけど、不思議と覚えていて(本当?)、私の中ではこんな感じでした・・・「紀の国の五月半ばは、椎の木の暗きしたかげ、薄濁る流れのほとり、のうばら(野生ばら)のはなの一群れ、人知れず白く咲くなり・・・」何ページもあって、途中夏みかんが出てきたり、最後、はるかなるものみな青し、海の青はた空の青・・・というので終わっていた気がするけど、華やかな薔薇とはまた違う意味で印象に残っています。
そして、もう一つは、ダイアナ妃の結婚式。薔薇のブーケを持っていたかどうかわからないけど、イギリスと薔薇は切っても切れない感じだし、kimicoさんのクリーム色の薔薇と、ダイアナ妃のドレスの色が私の中で重なり合ったせいかもしれません。
【2006/05/30 17:20】 URL | keiko #- [ 編集]

コメントを下さったみなさんへ
いつも心温まるコメントをありがとうv-410
犬塚さんへ
先日は「サイードの世界」で少しは賢くなろうと、美容院に行き、犬塚さんデザインのスカートに合わせたサマーセーターを新調し、準備万端だったのに、行けなくてご免なさいね。

蔦三郎さんが同人とは驚きました。また、偶然ですね!
「薔薇」は美しすぎて句や歌に読みにくいのか、斜に構えた物が多い中、蔦さんの句は、「薔薇」の本質に真っ直ぐ向いていて、好感が持てました。
無断で引用してしまいましたので、よろしくお伝え下さい。

kimicoさんへ
結婚式のことだけで、一編の小説が書けそうなくらい思い入れの深い式だったのですね。
生演奏、洋館、驚きです。 kimico さんは、すご~くロマンティックv-345

全然ロマンティックな発想のできなかった私は、なんか女らしさを拒否してたんですね、当時。
全共闘世代に憧れてる世代だったから、披露宴は会費制の普段着で。
長男である夫の両親のために、夫の田舎で一応、普通の式もやったけれども…。

ぴょんこさんへ
雑誌とかに、よく薔薇だけで埋め尽くされたお庭とか出てきますよね。
薔薇のアーチ、お庭でティータイム、待ちましょう、宝くじが当たるまで!

実はねえ、当たったんですよ、車(ホンダ・シティ)!
ミニ夕刊紙のクロスワードパズルで!もう20年以上前になりますが。

KANEGONへ
「薔薇は薔薇は・・・」って、何のアニメ?なんか宝塚みたいな雰囲気。「ベルサイユの薔薇」?
KANEGONは、漫画も歌も大好きだもんねえ。ご主人や息子さんも、まさか一緒に歌っている訳では…??

クレマチスさんへ
なんとなく「塔」の方かな?と思ってはいたのですが…。
私は歌会にも数回出た程度で、面識のある方が少なく寂しく思っていました。
「塔」の方と、こんな形ですが、知り合うことができて、とても嬉しいですv-290

イングリツドバーグマンは気品と知性のある女優さんで、魅力的ですよね。そんな名前の薔薇があるなんて、ステキ!

河野裕子先生の歌は、ちょうど昨日・今日と朝日新聞の「折々のうた」に載っていましたね。
「ふくふくと弾み返せる赤ん坊からだのどこも土に触れしことなし」-『季の栞』より
「蒟蒻が道に落ちゐしゆゑよしを考へて無口な娘が笑ふ」ー『庭』より
想像から創造に至る楽しさを感じて、いつも感服してしまいます。

keikoさんへ
keikoさん、すごいな、こんなに長い詩を暗唱しているなんて!
私は、「紀の国の五月半ばは」と言われたら「うん、うん」て頷くぐらいしかできない…。

早速、佐藤春夫の詩集を取り出してきました。すごいの!表紙が薔薇の花!!
keikoさんが覚えているのは、「ためいき」という詩で、21歳の時の作品だって。
8連もあるけど、五七調なので、覚えられるかも。私もチャレンジしてみよう。
「渚の薔薇」っていう短い詩も見つけたよ。「ためいき」につながる詩!今度ブログに載せるね。
【2006/05/30 22:33】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/64-e58299fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード