心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-感銘を受けた本二冊
 最近読んで感銘を受けた本を二冊ご紹介します。
今の時代だからこそ読んでおきたい、読んでおかねば…と思った二冊です。

   sekainoutukusisawohitotudemo.jpg

石井光太著『世界の美しさをひとつでも多く見つけたい』
(ポプラ社・2013年・780円)
鎌田實著『〇に近い△を生きる』の中にあった対談で初めて石井氏を知りました。鎌田氏と友人のように語っていたので、この本で1977年生まれということに驚きました。早くから物を書くと覚悟を決め、世界の厳しい現地を訪ねてきたからなのだと分かりました。大変感銘を受け、付箋だらけになりました。生きる勇気が湧いてきます。おススメ!

[裏表紙より]
ほんの少し視点を変えるだけで人生は輝く!
世界がひっくり返るほどの感動をしたからこそ、なんとしてでも人にそれを伝えたい―。その一心だけを胸に日本を飛び出し、スラム、事件現場、被災地など国内外様々な場所に赴き、ひたすら現地で生きる人々と交わり、その記録を生業にした作家が初めて綴った、革新的な人生訓。いかなる惨状の中でも必ず希望を見出し生き抜く人間の生命力から、これからの日本に必要なことを問う。


   zidaiwoikitameiku.jpg

高野ムツオ著『大人のための俳句鑑賞読本 時代を生きた名句』
(NHK出版・2012年・1200円)
宮城県生れ・在住の著者。第65回読売文学賞(詩歌俳句賞)、第6回小野市詩歌文学賞、第48回蛇笏賞の三賞を受賞された第五句集『萬の翅』。その中の東日本大震災を詠まれた俳句に感銘を受け、関心を持っていた作者です。最近講演を聴く機会があり、それも素晴らしく、もう少し著作を読みたいと思っていました。そして、見つけたこの本。とても深い解説でよかったです。おススメ!

[帯文より]
俳句は瞬間を詠う詩です。その瞬間には、作句に至るまでの作者が生きてきた過程、生き方、さらには境遇や時代が反映されています。その時代や人生をさまざまな角度から鑑賞していくとき、十七音に湛えられた豊かな言葉の世界が現出していきます。前「NHK俳句」選者の著者が名句205句を丹念に読み解きます。

中から特に強く心に残った五句を以下に引用します。一句目は東日本大震災後の句。

     寒昴(かんすばる)たれも誰かのただひとり       照井 翠

     海に青雲(あおぐも)生き死に言わず生きんとのみ  金子兜太

     被弾史の一木一草 天道虫             伊丹三樹彦

     一瞬にしてみな遺品雲の峰              櫂 未知子

     死ぬときは箸置くやうに草の花            小川軽舟


最近の暗澹としたニュースに打ちのめされている日々、私の好きな文学に果たして価値はあるのだろうかと悶々としていました。そんな中で出会ったこの二冊の本は、この先に明かりを感じさせてくれました。

追記:今日(8月6日・広島原爆の日)の朝日新聞朝刊1面と37面に載っていた吉永小百合さんへのインタビュー記事が、分かりやすくてとてもよかったです。以下に一部分抜粋。

「日本の原発の事故を見て、ドイツでは原発をやめましょうと決めているわけです。でも、日本はそうじゃない。やめたいと思っている方はたくさんいると思うんですけど、声を出す人は少ないんですよね。だからやっぱり、自分が思ったことは声に出したい、意思を伝えたいと考えました。」

「『私たち、忘れないでいようね』という思いが核兵器の廃絶につながってほしい」


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/653-7d9c5ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード