心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-茨木のり子
 『六月』  茨木のり子

どこかに美しい村はないか
一日の仕事の終りには一杯の黒麦酒
鍬を立てかけ 籠を置き
男も女も大きなジョッキをかたむける

どこかに美しい街はないか
食べられる実をつけた街路樹が どこまでも続き
すみれいろした夕暮れは
若者のやさしいさざめきで 満ち満ちる

どこかに美しい人と人との力はないか
同じ時代をともに生きる
したしさとおかしさとそうして怒りが
鋭い力となって たちあらわれる


この詩を載せたくて、六月になるのを待っていました。
六月といえば、梅雨。どんよりと重い空、降り続く雨と、マイナスのイメージでとらえることが多かったのですが、この詩を知ってからは違ってきました。

豊かな自然の中で、気持ちよく働いて、一日の終わりを満たされた気持ちで迎える。
「正しいことは正しいと言い、おかしいことにはおかしいと立ち向かえる、そんな人間として当たり前の生き方をしようじゃないか。人生ってシンプルなんだよ。真っ直ぐ生きようよ。」というメッセージが伝わります。正直に生きている普通の人たちが、力を持つ時代であってほしいと思います。

茨木のり子さんは、今年の2月に79歳で亡くなられましたが、姿の凛とした詩を書かれる方で、読むと、私も姿勢を正さなくてはという気持ちになり、何度も励まされました。

わかりやすい言葉で書かれた次の二編は、有名な詩で、自分をふり返る時に読む人が結構いるようです。甘くない言葉が心地よくて、大好きです。

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて
( 中 略 )
自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ     
         (『自分の感受性くらい』より)


もはや
できあいの思想には倚(よ)りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくはない
( 後 略 )             
      (『倚りかからず』より)


hanano5gatu.jpg syakuyaku.jpg  yuri.jpg  baikautugi.jpg
「はなのさん」から配達された花/拡大可(もっと上手く生けたいな)
5月17日-アストロメリア・トルコギキョウ・バラ
5月24日-ポーラフェイ(シャクヤクの一種)・すかし百合
5月31日-バイカウツギ・トップホワイト(百合)・カーネーション

テーマ: - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
六月という詩拝読しました
茨木のり子さんの詩集毅然としていていいですね私はよりかからず一冊しかもつてないので教えていただきうれしいです先日握手という茨木さんの詩の中に親愛の情ゆうぜんと溢れるの一説があることを教えてくださつたかたがありました茨木のり子さんの詩や行き方こうして共鳴出来るのうれしいです、亀さんはよいお友達も多くこの 書き込みも顔見知りのかたたちでとてもたのしそうで私はおじやましてよかつたのかしらと今遠慮がちです。でもお花の素敵なアレンジ拝見したり詩を教えていただいたり親愛の情ゆうぜんとあふれまた書き込みさせていただきました。お花のアレンジも大好きです、六月美しく、凜とみつめ過ごしてみきたいです、六月にはいり亀さんにさらに感謝です。ありがとうございます謝謝
【2006/06/02 12:30】 URL | クレマチス #- [ 編集]


人生をすがすがしく生きるには、こういう詩こそ諳んじていたいものだと思いました。言葉ってすごい。しっかり生きなくてはと、私も姿勢を正しました!いつも、本当にありがとう。
【2006/06/02 15:58】 URL | keiko #- [ 編集]

クレマチスさん&keikoさんへ
クレマチスさんへ
たまたま今までお会いする機会がなかっただけのこと。
どうぞご遠慮なく、どんどんお越し下さい。お待ちしています。v-290
昔からの友だちも大切。新しい友だちもありがたい。よいご縁、大切にしたいと思います。

「親愛の情ゆうぜんと溢れる」の「ゆうぜん」。ひらがなが気にかかって辞書で調べたら、「悠然」以外に、「融然」「優然」の字が。「ゆったり、のびのび、落ち着いて」と、どれもよい意味でした。いいですねえ、こういう人間関係。


keikoさんへ
理論社から出ている「詩と歩こう」というシリーズ(水内喜久雄選・著)が、とても読みやすくて、私の最近のお気に入りです。v-367アイスもお気に入り。
ここに載せた詩も、その中の『茨木のり子詩集/落ちこぼれ』に入っていますよ。
【2006/06/02 18:05】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


亀さん、素晴らしいお花に囲まれて
素敵な詩を読めるなんて、すごく幸せなときです。v-10
知らない事ばかりの私ですが
亀さんのおかげで、食い気に負けず、少しずつ心もいっぱいに
なります。詩・・・心が休まりますよね。
ニャンコちゃんも可愛いしv-10v-10

私のブログで京都の和菓子のコメント、ありがとうございました(^・^)
食べたいですぅ~~~京都に早く行きたいなぁ~v-238
【2006/06/02 21:27】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]


亀さん、さっき、コメントするのを忘れました~v-12
20年前に、車が当たった???すごいっ!って、書きたかったんですv-10
【2006/06/02 22:53】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]

ぴょんこさんへ
 v-530さん、いえいえこちらこそ、大好きな和菓子でのご指名、ありがとうございました。
ぴょんこさんやお友達、いろいろ画面の工夫をされていてビックリです。
ちらっとbiancaさんのページも見ました。写真がとってもきれいでした。

私は、愚直にただただ好きな詩歌や写真を載せるのみですが、
そんなものでも、優しい皆さんが見てくださるので、励まされます。
これからも、よろしくお願いしま~す。v-283
【2006/06/02 22:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ぴょんこさんへ
コメントが同時間にクロスしてしまいました! 
そうなんですよ。車!1万人に1人という倍率。しかも初めて出して。v-315
電話を受けた時は信じられず、思わず駅まで、そのミニ夕刊を買いに走りました。
【2006/06/02 23:08】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


茨木のりこさんの詩は、とても好きです。と言っても「自分の感受性くらい」「倚りかからず」
の有名な部分だけなのですが、初めてこれらの詩に接した時の衝撃!はっとさせられ、本当に姿勢を正させられました。「六月」の詩も素敵ですね。ご紹介していただき有難う。詩集をお持ちでしたら、いつかお借りしたいです。
【2006/06/03 17:45】 URL | seiko #- [ 編集]

seikoさんへ
お久しぶりです。
今度お会いした時に、詩集お見せしますね。
茨木のり子さんのような詩は、作者の側も、生き方を問われますね。
【2006/06/04 22:23】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

やはり
ああ、もしかしたらと思ってブログ内検索したら、
さすが大空の亀さんですね。
「寄りかからず」も感銘を受けました。
もっとこの人を知りたいなぁと今更ですが思います。

教科書のテキストで見た時は自分が若すぎて戦争の影響がいまだに及んでいるなんて思いも至らず、本当に今更いろいろ考えさせられています。
【2009/07/19 08:44】 URL | 草笛 #Y4ecaAXY [ 編集]

草笛さんへ
こんにちは。
草笛さんのブログを覗いたら、茨木のり子さんの詩が書いてあり、嬉しくなりました。

せっかくの連休なのに、顔を怪我してしまい出かけられず、家に籠もって、今までノートに書いていて、多すぎてわけがわからなくたってきた短歌や俳句を、せっせとパソコンに打ち込んで整理しています。
猫のミューが、眠っている私の顔の上(鼻の下)を渡り歩き、バシッと裂ける音がして大きな傷ができてしまいました…。そのあとも遊ばれて、唇にも二カ所傷が…。

理論社から出ている「詩と歩こう」というシリーズ(水内喜久雄選・著)が、すごくオススメです。
他の詩人のもいいのがあって、お金があったら全部そろえたいぐらいです。
【2009/07/19 15:33】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/66-4e579750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード