心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-選挙結果に思うこと
寒い日が続いていますが、皆さんお元気ですか。

IMG_32351412.jpg

阪急百貨店のショーウィンドーは、11月下旬からリサとガスパールのクリスマスバージョンです。
ここの飾りつけは、季節ごとにとっても工夫がしてあって、前を通るたびに見とれてしまいます。
例によって、梅田に出かけたついでに阪急ギャラリーに寄り、「池田あきこ展」を見てきました。
猫のダヤンがとっても魅力的で、絵本を買いたくなりました。いつものように絵はがき購入。
特に「タシールエニット博物館」「アベコベアの月」「タシルの街とフォーンの森」が気に入りました。「わちふぃーるど大図鑑」や「フォーチュンカード」も素敵でした。猫好きさんは、ぜひ。

 1412ikedaakikotenomote.jpg 1412ikedaakikotenura.jpg

 長くなりますが、今回の選挙で思ったことを書きます。読んで頂けると嬉しいです。

 今回の衆院選の投票率は、過去最低の52.66% 前回より6.66ポイント減でした。「入れたい政党・候補者がいない。そもそもなぜこの時期に、貴重な税金を使って選挙をするのか納得できない。」といったことが棄権の理由でしょうか。私の場合は、すべての項目に賛同できるわけではないけれど、一番重なる項目の多い政党・候補者に投票しました。
 私が今回の選挙で一番感動したのは、沖縄の選挙結果です。知事選に続き、沖縄の意志をしっかり示した皆さんに敬意を表します。政権党もマスコミも、沖縄の声に真摯に耳を傾けて、これ以上、沖縄に対して冷たい対応をすることのないようにと願っています。

 私の住むところでは、自民党の(余裕で当選と言われていた)候補者が「どこに入れてもいいから、とにかく選挙に行って下さい。」と、選挙終盤に連呼していました。50%を切っては、選挙をした意義を問われ責められると、おそらく上からの指示があったのでしょう。国民をこの程度と見限った、有権者を馬鹿にした選挙でした。権力者は、貴重な税金を使うことに心が痛まないのでしょうか。大勝したからといって、原発・憲法…など何でも意のままになるとは思わないで頂きたい。ほんとうに国民のことを考えて、不幸な人を生まない政治をして頂きたい。と強く思います。

 小選挙区制が導入されてから、民意の反映されない選挙になってきたと感じ続けています。小選挙区は比例復活を除けば1人しか当選しないため、落選候補に投じられた票の多くが民意を議席に反映しない「死票」になってしまいます。
 小選挙区に出馬した自民党候補は、300選挙区の有効投票総数のうち43%の票を得たのに対し、獲得議席数は300議席の79%にあたる237議席。民主党は有効投票総数に占める総得票率が22.8%でしたが、300議席の9%の27議席。日本維新の会の得票率は11.6%で、300議席の4.7%の14議席。今回最多の299選挙区に候補を擁立した共産党は、得票率7.9%に対し獲得議席はゼロでした。選挙の後、スッキリしない印象が残るのは、こんな得票率と議席数の矛盾にも原因があるのでしょう。

 今回の衆院選(2014年)と前回の参院選(2013年)の得票数を比較すると、自民党1846万票→1756万票〈減〉、公明党757万票→728万票〈減〉、民主党713万票→975万票〈増〉、共産党515万票→603万票〈増〉となります。もし今回の選挙が、全国1区比例代表制だったら、獲得議席は、自民158、維新75、公明65、共産54、社民12、次世代12、生活9…という議席数になります。この方がよっぽど民意に近いのではないでしょうか。1票の格差も違憲の判決が出て、ずっと問題になっていますが、民意がそのまま反映されず、有権者の関心をそぐ結果になっている小選挙区制も、いい加減考え直す時ではないかと、私は選挙のたびに思います。国政に参加できる唯一の機会が、なおざりにされていては、政治に対する国民の意識も高くはならないでしょう。今の生活だけでなく、地球規模で考えないと大変なことになりそうで心配です。



この記事に対するコメント

こんばんは。


とても、悲しいつらい投票をしました。
させられた・・・のかな?

私たちのまちは候補者3名。
選挙は必ず、20歳で選挙権を得てから、日本にいるときには必ず投票に行っています。
子どもたちが幼かった頃は、連れていってました。
投票することを、当たり前に思ってほしいから。
さすがに育っちゃって、もう、連れていくことはしませんでしたが
「投票に行って来る」と言ってでかけ、投票済みの紙をもらって帰ってきて見せました。
上のコは2月で20歳。
ちょっと間に合わなかった。
でも、興味を持っていたようでした。

今回は、この方にとは、残念だけれど思えず、消去法で選ぶしかありませんでした。
悲しくつらい思いでした。


たった3人の候補者だったし、地元のかたではなくとーきょーから選挙のためにここで立候補した人だったりするし。

それでも、投票にはでかけます。
これからも、必ず、投票には、行くと思います。

つぎこそは、期待に胸ふくらませて投票に行ける選挙でありますように。
 
【2014/12/19 23:16】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
お早うございます。寒い日が続きますね。お元気ですか?
コメントありがとうございます。無理強いの情けない選挙でしたね。
それでも、直接自分の思いを届けるチャンスを放棄してはいけないと、私も欠かさず投票しています。

消費社会に終止符を打って、もっと自然や資源を大切にしてほしいと思うのですが、相変わらず物造りと購買力を刺激することを訴える候補者がほとんど。
都市と都市を結ぶ、ほとんど地下に潜るリニアモーターカーなんて、要りません。
その代わり、福祉を充実させて、皆が安心して暮らせることに、お金をつかってほしいです。

私たちはすでに、お金を使う先を、物を増やすことではなく、文化を楽しんだり、自然を味わったり、といった方面にシフトしていっているのに、それを支える政策でなく、相変わらず物を消費させる方向でしか、政治家は考えていないのかなって、ものすごく感じました。

男社会は、新しく物を造っては壊すのが好き。
私たちが、いいものを大切に補修しながら使っていく文化を、もっともっと大切にすることで、変わっていくものがあるのではと思います。
地球の資源を、私たちの世代で台無しにしてはいけませんよね。
そういう政党が出てほしい。
【2014/12/20 09:17】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


可愛いショーウィンドウですね。
通るのが楽しくなりますね。

「男社会は、新しく物を造っては壊すのが好き」
亀さんの言葉ですが一昨日、駅前でマイクを持って演説している人がいたので立ち止まって聴きました。
市議さんです。どうやら野党?

最寄駅を通る私鉄は新宿の次に乗降客が多い駅です。
再開発中の駅前に最大級の映画館を作ろう!と声をあげています。
わが市は「映画の街」を謳っていますがたった一つの映画館も潰れ今は一つもありません。

新宿まで特急で15分、下りに特急でひとつの駅前にはシネコンがあります。
無駄としか言いようがありません。

投票に行っても私たちの声は一向に反映されません。
でも必ず行きますよ。


今年最後にいっぱい愚痴りました。
一年間、お付き合いを有難うございました。
佳いお年をお迎えくださいね。
【2014/12/26 21:11】 URL | けいこ #oUPgpoCM [ 編集]

けいこさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
お体、もう大丈夫ですか?大人の高熱は辛いですね。お大事になさってください。

大阪の梅田にも大きなシネコンができました。
お店もつぎつぎできていますが、
お客さんは入るのかな?とかつぶれないかな?とか心配になります。

まあ、梅田は街で人も集まるから、なんとかなるかもしれないけれど、
それ以外のところは、イオンの一人勝ちで、地元のお店は青息吐息。
昔のように町のお店が生き生きできる時代は、もう来ないのでしょうか?

映画館も町に一つか二つあった頃は、時間がゆっくり流れていましたね。
家族もみんな揃って、豊かな心がありました。
自分の子どもの頃が涙が出るほど懐かしいのは、年のせいかしら?
クリスマスもお正月も、今みたいにお金はかけないけど、すごく嬉しい行事でした。
私たちの世代は、進む道を誤ってしまったのでしょう。
せめて今からでも何とかしなくては…と思います。

この一年も、温かいコメントをありがとうございました。
お体、無理をされず、よい年末・年始をお迎えください。
【2014/12/26 22:04】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/669-4368115e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード