心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く本-長田弘全詩集
  IMG_4045201506osadahirosizensisyu.jpg 『長田弘全詩集』

『長田弘全詩集』
みすず書房/2015年4月30日第1刷・5月25日第2刷/6000円
 今年の5月3日、76歳で亡くなられた長田弘(おさだひろし)さんの18冊の詩集、471篇の詩を収めた本です。26歳の時の最初の詩集『われら新鮮な旅人』から76歳の書き下ろし「場所と記憶」まで、長田弘さんの静かで穏やかな世界が好きな人にはたまらない一冊です。

 私が長田さんの詩に出会ったのは、45歳の時出版された『深呼吸の必要』から後だったので、若い時の詩集から読み始めると何だか違和感があり、読みづらく感じました。そこで思いついたのが、650ページ以上ある全詩集を後ろから読むこと。そして読み進むうちに、長田さんの言葉の優しさは、何かのっぴきならないものを抱え、辛いことを経験した上での温かさだと気付きました。最後に、20代・30代で書かれた詩を読み、それらが彼の原点で、生の形で表現されていたので、苦しくてついていけなかったのだと分かりました。

  IMG_4057201506.jpg
  【菖蒲園は小雨か曇りの日がしっとりしていいですね。】

私が特に好きなのは、55歳以降に書かれている詩群です。なかでも『記憶のつくり方』という散文詩は、長田さんらしさがあふれ、何度読んでも飽きません。手元に置ける本は2冊(普通は1冊ですね…)だけと言われたら、迷わず、この全詩集と歳時記を選ぶでしょう。

 『記憶のつくり方』の「路地の奥」より
 ・・・ひとはひとに言えない秘密を、どこかに抱いて暮らしている。それはたいした秘密ではないかもしれない。秘密というよりは、傷つけられた夢というほうが、正しいかもしれない。けれども、秘密を秘密としてもつことで、ひとは日々の暮らしを明るくこらえる力を、そこから抽(ひ)きだしてくるのだ。・・・


  IMG_4063201506.jpg
  【紫系の色が好きだった母(中村富士子)は、女優になりたかったとか・・・叔母の話】

 『詩の絵本』の「最初の質問」より
〔一連目〕
 今日、あなたは空を見上げましたか。/空は遠かったですか、近かったですか。
〔二連目〕
 雲はどんなかたちをしていましたか。/風はどんな匂いがしましたか。
〔六連目〕
 このまえ、川を見つめたのはいつでしたか。/
 砂のうえに座ったのは、/草のうえに座ったのはいつでしたか。
〔八連目〕
 夜明け前に啼きかわす/鳥の声を聴いたことがありますか。
 ゆっくりと暮れてゆく/西の空に祈ったことがありますか。
〔十連目〕
 いまあなたがいる場所で、/耳を澄ますと、何が聴こえますか。
 じっと目をつぶる。/すると、何が見えてきますか。
〔十四連目〕
 時代は言葉をないがしろにしている―
 あなたは言葉を信じていますか。


 本当は全部書きたいほど、どの連の言葉も気持ちも大好き!
この全詩集、大好きな表現がいっぱいで、付箋と線だらけになりました。
沈んでいた気持ちを、静かに慰め、生きよと励ましてくれる、大切な一冊です。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

こんにちは。


私も長田弘さんの詩集は大切にしている本のひとつです。

『最初の質問』はいせひでこさんの絵も、とても素敵です。
亀さんがあげられている他にも・・・

あなたにとって「わたしたち」というのは、だれですか。

「美しい」と、あなたがためらわず言えるものは何ですか。

「ありがとう」という言葉を今日口にしましたか。


まだまだ、たくさんのこころにしみる言葉がありますよね。


『深呼吸の必要』も大好きで「あのときかもしれない」は、特に何度も読み返しました。

やさしい言葉を紡いで、こんな風に日本語の美しさも感じさせてくれる、大切な一冊です。


【2015/06/28 17:34】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimico さんへ
こんばんは。コメント、ありがとうございます!

以前、 kimico さんに教えてもらって、長田弘さんの詩を好きになったのでした。

ほんとにやさしい言葉で、分かりやすいのだけど、奥深くて、ステキですよね。

全部抜き出したいくらい、気持ちの届く、ステキな言葉ばかりです。

>『最初の質問』はいせひでこさんの絵も、とても素敵です。
そうなんですねえ。私のは『全詩集』なので、残念ながら絵はついていないのです…。

一冊ずつの詩集も、布の装丁が落ち着いていて、まさに「大切な一冊」という感じですね。

これからも繰り返し読みたいと思います。いつかまた、詩の話ができるといいですね。
【2015/06/28 19:03】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/688-bba89551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード