心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
あんなことこんなこと-いつまでも平和な空を!
 空を眺めるのが好きです。7月中旬、夕食時に二日続けてきれいな夕空に出会いました。
   この空に戦闘機が飛ぶような時代を二度と作ってはいけない!切実に思うこの7月です。

 IMG_4238201507.jpg

 40年前、友人と二人でフランスとイギリスを訪ね、20日間ほど過ごしました。パリはちょうど市長選の最中で、楽器を演奏しながら候補者を先頭に街を練り歩いたり、喫茶店では旅人の私たちまでつかまえて、支持する候補者のことを熱く語ったり、民主主義が市民に根付いているのを感じました。いつか日本もこんなふうに政治のことを、井戸端会議や職場や学校で気楽に話せる時代が来てほしいと思ったことを覚えています。

 IMG_4240201507.jpg

そして今、やっとそんな時代が始まりつつあるかなと、若者たちの頑張りに期待を寄せているところです。この若者たちが挫折することなく、孤立することなく、まともな政治が行われるようになるまで、中高年の私たちも諦めないで意志表示をし、行動をしない限り、この国にほんとうの民主主義は訪れない、そう思っています。

 IMG_4241201507.jpg

「法案が成立すれば国民は忘れる」-首相に近い参院議員
「まだ国民の皆様のご理解が進んでいないのも事実だ」-首相
「法案を10本に束ねたのはいかがなものか」-採決をした浜田委員長
7月15日衆院特別委員会で、安保関連法案の強行採決時の言葉です。

私たち国民をなめきっています。税金は納めるけれど、その使い道には無関心。選挙にはとりあえず行くけれど、議員がどういう言動をしているかには無頓着。そういう積み重ねが、国民をバカにしきった今の政治を作ってしまったのです。

 IMG_4258201507.jpg

採決されたからって、諦めるのはまだ早い。
というか、監視し続け、まとまな政治をさせるのは「主権在民」の私たちの任務です。
私も、無理のない形で、ずっと続ける姿勢で、できることから取り組みたいと思います。
「新聞の言うとおりなら(安保関連法案に)80%が反対している。もっと抗議の電話が来なければおかしいが、ほとんどかかってこない」-首相の盟友、麻生太郎副総理〈16日派閥の会合〉


明日の自由を守る若手弁護士の会 HPに、
「安保関連法案 まだまだ阻止できます☆ 」という文章が載っています。ぜひアクセスを。
http://www.asuno-jiyuu.com/2015/07/blog-post_15.html


澤地久枝のよびかけ「アベ政治を許さない!!」
https://sites.google.com/site/hisaesawachi/
7月18日(土)午後1時きっかり同じポスターを全国一斉にかかげよう。
アベ政治の非道に、主権者一人ひとりの抗議の意思をいっせいに示そう。
「アベ政治を許さない」 の文字は金子兜太さん(俳人)が書かれました。


戦争法案は廃案に!おおさか1万人大集会
7月18日(土)午後5時扇町公園 集会後パレード
呼びかけ人は、弁護士・宗教家・芸術家・大学教授・医師・ジャーナリストなど多方面。

 IMG_4260201507.jpg

自由と平和のための京大有志の会 http://www.kyotounivfreedom.com/
の「声明文」(著作権フリー)が素晴らしかったので、ここに転載します。
日本中に世界中に、この言葉が広がって、ほんとうの平和のために皆が行動できますように。

戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。

海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。


テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

発売日は20日ですね。

街の空が美しいです。

このところのモヤモヤした気持ちが治りません。
日本の安全保障の為には、と私のような者にも解る納ように得できる説明をが欲しいです。
数の力、野党よ しっかりしろ!と言いたいです。

新国立競技場が白紙になりましたね。
良かった、と素直によろこべません。
1週間ほど前に有識者会議で決定した時これを覆せるのは総理の一言しかない、とあるキャスターが言っていました。
本当に覆せるのですね。

あのデザインは初めから嫌悪感を持っていました。
緑豊かな神宮の森に似合わないと思います。
【2015/07/18 09:08】 URL | けいこ #oUPgpoCM [ 編集]

けいこさんへ
お早うございます。コメントありがとうございます。
>このところのモヤモヤした気持ちが治りません。
全く同感です。国民主権はどこへ行った?この国の総理は独裁者か!そもそも独立国家ではなく、アメリカの属国ではないのか?などなど、
安保関連法案、新国立競技場、沖縄の基地、原発再稼働…民意を無視すること、酷すぎますよね。

新国立競技場の件では、舛添知事も怒っているけれど、2500億円はないですよね。工学部のある学者さんの試算では1兆円!だったそうですよ。
見直すのなら、今まで他国で作ってきた500億円~600億円を念頭に置いてほしいです。
総理は、世論を聞いて計画案を見直したところを見せたいのでしょうが、だったら他の命にかかわる重大案件も当然見直すべきですよね。
新国立競技場の件では、8割以上の反対がありましたから、他の案件も8割以上の反対&内閣不支持があれば見直さざるを得ないだろうという可能性も感じました。

今朝の新聞に、ここにも載せた自由と平和のための京大有志の会の「声明文」が大きく取り上げられていました。
政府のやり方に憤りを感じているみんなが、この文章を広めてつながってほしいです。

本はすでに出ているみたいです。図書館なら確実かもしれません。ありがとう。
【2015/07/19 07:36】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


おはようございます。



私は息子の手に銃など決して持たせたくない。
どんな大義名分を与えられてもかざされても、そんなことのために産んで育ててきたんじゃない。

この国で未来を生きていく若者に武器を持たせようとする大人を許さない、許せない、見逃さない。


毎日、きちんとニュースを追いかけて、しっかり聞いて、ちゃんと自分の頭で考えて、NOをはっきりと言います。
【2015/07/31 09:23】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimico さんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

kimico さんの書いていることに全く同感です!
戦争をしたい人には、まず自分が、そして身内が先頭に立つという覚悟があるのかしら?
儲けたくて戦争を起こしたい一部の人のために、一般の人が巻き込まれるのはごめんです。
ここは国に頼っていてはろくなことにならない。国民一人一人の言動・行動が決め手ですよね。決してあきらめず戦争反対の声を上げ続け、頑張ろう!

首相の答弁も「絶対」とか「断言」とか、強い言い方で実の無い言葉ばかり。
オリンピック誘致の時の「汚染水の影響は完全にブロックされている。」の首相の発言以降、いかに彼の発言というか強弁が信用ならないか、国民は学びましたもんね。
私も今までになく、新聞を真剣に読んでいます。NHKのニュースはダメね。
【2015/07/31 21:46】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


おはようございます。


私にとってはとても不思議に思えてしまう「賛成」の方々の意見を、特に注目してひろっています。何を憂いて賛成へと考え至るのか、理解できずにいます。
原発も安保関連法案も、これ以上、もう、未来ある未来を生きていかねばならないこの国の若者に負の遺産を背負わせたくないのです。


ところで先日、息子が中学校のクラブ活動中に熱中症になってしまったらしく
汗でビシャビシャになってふらふらと帰宅してきました。
朝8時からの練習で、1時間半くらいで倒れてしまい、保健室にお世話になって、帰宅を命じられたそうです。
本人は「熱中症だから帰れって・・・」としか言わなかったのですが、クラブ後に帰宅した他の生徒が家で保護者さんに倒れた様子を話し、心配した保護者さんからいくつもの連絡をいただきました。
本人が倒れただの保健室にお世話になっただの言わなくって、深刻さに気がつかず、
保護者の方々からのご連絡で事実を知る・・・残念な自分にガッカリしてしまいました。
クラブ顧問からも保健室の先生からもご連絡はなかったので、そんなたいしたことないようにも思えますが、一緒にサッカーしていた生徒たちはかなりの衝撃だったようで。
中学3年生男子が家で母に話すレベルの倒れ方をした・・・なのに、帰ってきた息子の様子に「エアコンかけるからのんびり過ごしましょうね」くらいの自分。
まだまだ修行が足りてないなぁ・・・と。
もっとしっかり頑張らないといけないと、反省しています。
 
 
【2015/08/01 08:47】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
こんばんは。コメントをありがとうございます。

>何を憂いて賛成へと考え至るのか、理解できずにいます。
根本的に、武力で威嚇して戦争を止めるという考え方があるのではないでしょうか。
反対の人たちは、武力の行使は戦争への歯止めがきかず、世界的に平和を徹底することにしか真の解決はないと考えていると思います。

昨日の報道ステーションには、賛成派の岡本という人が出ていましたが、自衛隊が海外で自由に行動できないために、国民が金銭的に大きな負担を強いられていると言っていました。
1人当たり12000円とか…。自衛隊の人には命の危険の覚悟はできているとも…。
私などは、お金で済むなら、それでいいじゃないかと思うし、自衛隊の人だって殺したり殺されたりの現場に行きたくないのではないかしら?と思いますが…。

日本には70年間戦争を放棄したという事実があり、それゆえに外国からも信頼されているのだから、特定の側の意見を聞いて、戦争に加担する必要は全くないのに、と私は思います。


息子さんの熱中症、大変でしたね。無事でよかったです。
男の子は、親に心配かけてはいけないと思って、大変なことほど言いませんね。
私なども、私が心配性なのを息子たちは分かっているので、何も言ってくれません。

いじめの事件などでも、「なぜ親に伝えなかった?」とか「なぜ気付かなかった?」とか、よく言われますが、いじめられていることは、本人のプライドをずたずたにされている出来事なので、親にそんな情けない自分を知られたくないんですよね。

今回の件は、いじめとは無関係ですが、お母さんに心配を掛けたくなかったのだと思います。
私もこういう親として「がっかりな自分」に出会うことがいろいろありました。
>「エアコンかけるからのんびり過ごしましょうね」くらいの自分。
これで充分だったのではないでしょうか。皆さんに心配してもらえる息子さんは、素敵です。
まだまだ暑い日が続くようですから、水分と休憩に気をつけて、乗り越えましょう。
【2015/08/01 20:38】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/693-f7f253c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年8カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード