心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-『自選谷川俊太郎詩集』から
 言葉が心を救ってくれると実感したのは、15歳の時に出会った谷川俊太郎さんの詩でした。
以来何十年も読み続け、何度も(つわりのひどかった夏も…)講演を聴きに出かけました。

今回は『自選谷川俊太郎詩集』から少しだけ。

  自選谷川俊太郎詩集  (岩波文庫・2013年発行・700円)

 『二十億光年の孤独』 (1952年刊)の「一九五一年一月」より

  海
 「沈んでいる霊達のために
 私の憐憫は祈りにかわってゆく
 沈んでいる愚劣のために
 私の悲嘆は怒りにかわってゆく
 深く湛えていることのさびしさが
 私の姿を荒くする」

 少年
 「生きてゆくことが必要だ
 信ずることが必要だ
 行動することが必要だ
 若さが私を大きくする
 銃の前に私はふるえないで立ってみせる
 そんなことはやめようとふるえないで叫んでみせる」


 IMG_4391201508.jpg

 『うつむく青年』 (1971年刊)の「木」より

  4
 
 木を見ると
 木はその梢で私に空をさし示す
 木を見ると
 木はその落葉で私に大地を教える
 木を見ると
 木から世界がほぐれてくる


    IMG_4354201508.jpg

 『真っ白でいるよりも』 (1995年刊)より

  地球の客

 躾の悪い子どものように
 ろくな挨拶もせず
 青空の扉をあけ
 大地の座敷に上がりこんだ

 私たち 草の客
 木々の客
 鳥たちの客
 水の客

 したり顔で
 出された御馳走に
 舌づつみを打ち
 景色を讃(ほ)めたたえ

 いつの間にか
 主人になったつもり
 文明の
 なんという無作法

 だがもう立ち去るには
 遅すぎる
 死は育むから
 新しいいのちを

 私たちの死後の朝
 その朝の
 鳥たちのさえずり
 波の響き
 遠い歌声
 風のそよぎ
 聞こえるだろうか
 いま


  IMG_4381201508.jpg

 『子どもたちの遺言』 (2009年刊)より
  
  いや

 いやだ と言っていいですか
 本当にからだの底からいやなことを
 我慢しなくていいですか
 我がままだと思わなくていいですか

 親にも先生にも頼らずに
 友だちにも相談せずに
 ひとりでいやだと言うのには勇気がいる
 でもごまかしたくない
 いやでないふりをするのはいやなんです

 大人って分からない
 世間がいったい何なんですか
 何をこわがってるんですか

 いやだ と言わせてください
 いやがっているのはちっぽけな私じゃない
 幸せになろうとあがいている
 宇宙につながる大きな私のいのちです


 IMG_4455201508.jpg

 今を生きる私の心に強く留まった詩を引用しました。
偶然さまざまな年代の詩になりましたが、どの詩も今に通じる普遍性があり、優れた言葉の力、心のこもった言葉の力というものを思いました。

 最後の写真はベランダから。それ以外は、長野で撮りました。

この記事に対するコメント

 おはようございます。


昨日、1年生の図書の授業で谷川俊太郎さんの『せんそうしない』を読みました。


読んですぐに・・・

「こどもと こどもは?」と言うと
『せんそう しない』って元気にこたえてくれました。

「けんかは するけど」
『せんそう しない』

ここもちゃんと。

一度読んだだけでも、6歳7歳のこどもたちに、ちゃんと響いてる。

子どもたち、スゴイ!

谷川さん、スゴイ!


来週は2年生にも読みます。 
 
亀さんも、ぜひ。
 
 

【2015/09/04 07:41】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]


追伸


そんな子どもたちに渡す 未来 に、もっと本気、真剣に取り組みたいと強く思いました。
 
 
【2015/09/04 07:46】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
お早うございます。コメントありがとうございます。
谷川俊太郎さん、さすがですね。
今も精力的に全国を回っておられるし。
子どもたちの心にきちんと届く言葉で、本を作られるし。
子どもたちの反応も嬉しいです。私も読みます!ありがとう。
8月30日の扇町公園は、7月18日の3倍の人で盛り上がりました。
もうすでに見ておられるかもしれませんが、名古屋の方が制作されたそうです。
青木拓人 ドキュメンタリー「A summer day」 you tubeで8月20日から公開中。
【2015/09/04 08:00】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/698-bd8fd832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード