心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-野崎まいり
 「野崎参りは屋形船でまいろ~どこを向いても菜の花盛り~粋 な日傘にゃ蝶々もとまる~ 呼んで見ようか土手の人」の野崎小唄でおなじみの、野崎参り(旧暦4月1日~8日・今は5月1日~8日)に少し遅れた、緑の美しい5月の晴れた日に行ってきました。

 水上交通が発達した江戸時代、大阪の八軒家浜からお金持ちは舟に乗って(そうでない人は徒歩で)、野崎観音まで17kmを日帰りで行くのが、庶民の娯楽として定着したそうです。
 舟の速度と歩く速さが変わらなかったので、互いに「ふり売り喧嘩」という言い合いを楽しんだのが、河内地方に話芸の達者な人の多い理由だとか。また、舟を陸から引っ張る人が必要だったため、相撲取りも多く輩出したとのことです。

       IMG_5799201605.jpg
  大東市のボランティアガイドさんの案内で、昔のコースどおり、まず「専応寺太子堂」に。
 
       IMG_5817201605.jpg
     野崎観音のある慈眼寺へは、この階段の上にある三門(楼門)から入りました。

 IMG_5818201605.jpg
  慈眼寺(平安時代中頃、十一面観音像を拝み病の癒えた「江口の君」が再興)の本堂。
 IMG_5823201605.jpg
  
       IMG_5831201605.jpg
    境内の茶店で上品な生菓子とお抹茶を頂き、「お染久松」の紙芝居を見ました。

       IMG_5841201605.jpg
    茶店の床几は、この白猫(老猫)の居場所らしく、静かに「どいてね」という様子。
    境内には、あと二匹(茶寅・黒)の猫がいました。寺社の境内は猫が似合いますね。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/720-088b138c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年7カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード