心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く詩歌-新川和江さんの詩
6gatu7nitihana.jpg    momonga.jpg    6gatu9nitiberanda.jpg

【写真左から順に、 6月8日の「はなのさん」白百合、エレンジュウム(松虫草の一種でドライ・フラワーに向く) / 我が家の可愛いオコジョとモモンガ / 6月のベランダ】

れんげ草ちゃんが、先だっての新川和江さんの詩のことを書いていましたね。
思い出の「初恋」だったか「片思い」だったか、恋の詩は、見つけられませんでしたが、「れんげ草」の出てくるのがありましたので、今回はそれを紹介します。

「橋をわたる時」

向ふ岸には
いい村がありさうです
心のやさしい人が
待ってゐてくれさうです
のどかに牛が啼いて
れんげ畠は
いつでも花ざかりのやうです

いいことがありさうです
ひとりでに微笑まれて来ます
何だか かう
急ぎ足になります


『新川和江詩集』(ハルキ文庫/780円)より
他に「詩と歩こう」シリーズ(理論社/1400円)『新川和江詩集・それから光がきた』にも。
これは、内田新哉さんの絵がとてもステキです。

この詩、新川和江さんが13歳の時に書いたものだそうです。

そういえばと思って、自分の中学生の頃の詩を探したら、
「土手を見ると必ずその向こうには池があるように思う。
 緑の土手。青い空を映した池。
 向こうに池があると言ったら、みんなが笑った。」
という一節がありました。

橋の向こうに、山の向こうに、土手の向こうに、憧れや違う世界を期待してしまうのは、若い人の常なのかも知れません。
想像した理想の世界に行けることを夢見ていた自分を、思い出します。
今でも時々、土手の向こうにある池に思いを馳せる自分が、顔を出したりするのは、大人になりきれないせいなのかも知れません。

テーマ: - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
ウワー!ありがとう!
感激です!新川和江さんの13歳の時の詩ですか。
しかもれんげ草が入っているなんて嬉しいです。  v-409
何だかワクワクするような詩ですね。
亀ちゃんも中学生の時の詩があるなんて凄いですね。
未知への憧れ・・・若さの特権ですね。
大人になりきれない?まさに私もそうなのです。
娘の友だちからも「Mちゃんのお母さんて少女の様だよね?」
と言われる始末で、おばさんになりきれない・・・
何でなんだろう?(30年ずっと幼児を扱う職業だったから?
でも他の人はおばさんだなー)分かりません。

昨日の「猫の日」いや御家族の誕生日には参りました。 v-436
本当にびっくり!そんな事ってあるのですね?
偶然が多過ぎますね。
【2006/06/14 23:08】 URL | れんげ草 #Xp9zm3js [ 編集]

れんげ草ちゃんへ
私、こんな下手くそな自分の詩、載せなきゃよかったと思っているけど、まあいいや。
ただ、10代前半から20代前半の、感性って、今も原点かなって気がする。
「少女のよう」なんて言われるなんて、羨ましい。心がみずみずしいんだね。

新川和江さんは、この頃すでに、西条八三(だっけ?)について、詩を見てもらっていたそうです。
よい師との出会いは、とても大切。5年かけても10年かけても探すべしと、先日ある人が言われていました。
【2006/06/15 20:58】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/73-0eaf52fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード