FC2ブログ
心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に残った言葉(手帳のメモから)
2017年の手帳にメモをした「心に残った言葉」から
といっても、年始めの1月に短いのを抜き書きしたものばかりです。
他は、新聞を切り抜いたり、読書ノートに書いたりで、手帳には無し。

DSC_14732017.jpg
今日の空

・携帯電子機器を持つことで人は「孤独という機会」を捨てる。孤独こそは、考えを整理したり煮詰めたり反省したり想像したりするよすがなのだ。
  (天声人語/社会学者ジグムント・バウマン氏『リキッド・モダニティを読みとく』)

・思い切ったことは、群れを外れて出来るのよ。自由を翼に、今年こそ羽ばたいてください!
 (朝日新聞1月/加藤登紀子のひらり一言)

・人が知らない苦しみや傷だけが、自分を作ってゆくのだと思う。(宇多田ヒカル「道」の歌詞「見えない傷が私の魂彩る」を受けて)
  (神戸新聞/木皿泉)

・作者がどこかに出る方がいい短歌になる。作者の視点、作者の居場所。
  (朝日新聞2016年/佐佐木幸綱)

・世界のことがわかってきたような気になるのは、わからないものを切り捨てていくからである。
  (折々のことば/養老孟司)

DSC_14632017.jpg
冬の水は澄んでいるので、池の中に積もった紅葉もよく見えました。

・「常に、正しい行いをしましょう。隣の人と仲良くしましょう。自らの知識や能力を社会のために惜しみなく差し出しましょう。まじめに楽しく働きましょう。それぞれの役割を果たしましょう。向上心を忘れずに、自らを洗練させましょう。家族や隣人、故郷、自然など衣食住のすべてに感謝しましょう。どんな状況におちいっても朗らかに明るく受け止めましょう。ケチケチせず、気前よくふるまいましょう。相手の立場に立って寄り添いながら生きていきましょう。」
  (毎日新聞/小川糸引用「ラトビアの十得」)

DSC_14742017.jpg
庭の金柑がたくさんなりました。

 今年も多くの言葉に励まされながら、何とか一年を過ごすことができました。
本当はご紹介したい本も言葉もたくさんあるのですが、目の酷使を避けなくてはいけないので、この辺りでストップ!
皆さん、体に気をつけて、良い年をお迎えください。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/766-86479c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴34年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 12年7カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード