FC2ブログ
心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
聞こえに関する本2冊
DSC_1507201801.jpg
【久しぶりにマンションベランダからの空。やっぱり広くて気持ちいいなあ。】

皆さん、若い時に比べて耳の聞こえが悪くなっていませんか?
何年前だったか、テレビで鈴虫の声が流れているのに、夫と私は全く聞こえなくて愕然としたのが、耳の老化を自覚した始まりです。
幼児の時の病気が原因で耳が聞こえなくなった親戚がいたり、友人が要約筆記や手話をやっていたり、短歌の会でスクリーンに文字が映し出されているのを見たりで、関心があり、町であった啓発講座をきっかけに「要約筆記」のボランティアサークルに入りました。ようやく1年の新米ですが、毎週1回3時間ほどの活動で多くのことを学びました。ここで紹介する2冊は、その学びを補強してくれた素晴らしい本です。

DSC_1511201801.jpg

松森果林著『音のない世界と音のある世界をつなぐ』
 -ユニバーサルデザインで世界を変えたい-
(岩波ジュニア新書/2014年/860円)
著者は小学4年で右耳を失聴・中学から高校にかけて左耳も失聴。
筑波技術短期大学在学中に、TDLのバリアフリーの研究をしたことがきっかけで、今の仕事に。
・・・ユニバーサルデザインとは決して難しいことではなく、まずは自分とは違った他者に目を向け、話を聞き、困っていることや嬉しいことを共有していくことから始まります。障害を障害と感じさせない社会になったらどんなにか良いでしょう。・・・(「おわりに」から)

入谷仙介・林瓢介編『音から隔てられて』-難聴者の声-
(岩波新書/1975年第1刷・2015年第5刷/720円)
・・・この本の刊行の目的は、ともすれば社会の片隅に埋もれがちであった中途失聴・難聴者問題を、みんなで大きく掘り起し、社会の認識や理解を少しでも高めたいということ、そして同障者の自覚を促したいということにほかならなかった。・・・(「あとがき」から)

DSC_1508201801.jpg
【今日はぽかぽか陽気でしたが、一昨日は池が凍って上に雪が積もっていました。】

耳の老化は30代から始まり、50代では高い音・小さい音・早口などが聞き取りにくくなります。誰もがたどる道ですが、年だからと諦めないで、周りの理解を得ることや補聴器の使用を考えることが大切です。欧米に比べ、日本では難聴の基準が厳しく補聴器の使用も少ないのが現状ですが、きちんと聞くことは認知症の予防にもなると言われているので、聞こえにくいことについては、もっと学んで知っていく必要があると思います。

DSC_1512201801.jpg
【スピーカー側。反対側はテレビの電波を受信します。】

DSC_1514201801.jpg
【上から見たところ。】

わが家では最近、写真の「手元スピーカー」を買いました。遠くからだと、テレビの音量を大きくしないと聞こえず、夫婦で困っていました。18,000円はちょっと高いかなとも思ったのですが、これは買って大正解。充電式で、小さな弁当箱くらいの大きさなので、どこにでも持って行けます。

 長い間お世話になっている体。耳も目も血管も内臓も(その他もろもろ)、年相応にくたびれてきています。同年配の皆さん、お互いいたわって生きていきましょう。
根を詰めるタイプの私、気がついたら全然休憩してなかった!ということがよくあります。
なので、今年は自戒をこめて、1時間に1回は休憩をして、「水分をとる・体を動かす・目を休める」を心がけています。
皆さんも、じゅうぶん気をつけてくださいね。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

今年最初のblogにコメントを入れたのですが入っていませんでした。
iPadからだったのでうまくいかなかたみたいです。

東京23区では65歳で聴力の検査があるそうです。
知人は少し遠くなっている、と指摘されたそうですが普通に話していると分かりませんでした。
でも3年ほどたった時に久ッぶりに話していたら他の人には聴こえるに彼女は聴こえていません。
進むのかしら。
ボランティアではほとんどが高齢者ですが耳が遠い方が増えていきます。

もう10年近く前ですがある美術館でモスキート音を流していました。
理由は忘れました。
私は聴こえなかったけど長女は耳がおかしくなりそう、と言ってました。
【2018/01/21 16:28】 URL | けいこ #oUPgpoCM [ 編集]

けいこさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。
年始にせっかくコメントいただいたのに、iPadからでうまくいかなかったみたいとのこと。
ごめんなさいね。パソコンなどに疎くて、昔の設定のままのブログでいっているものですから。

65歳で聴力の検査がある、というのはいいですね。
目も耳も、他の健康診断と同じようにやって、皆が関心を持つことが大事ですね。
補聴器は昔より性能が良くなっているけれど、合うまで何度も調整をすることが大切だと聞きました。
高ければ高いほどいいわけではなく、ひとりひとりに合うまで付き合ってくれる店を見つけることがポイントだそうです。

高齢になると、聞こえていなくても聞こえるふりをするので、周りも気をつけないといけないですね。引きこもりの原因にもなるようですから。
聞こえないことや聞こえにくいことを隠すのではなく、理解し合い助け合うことがこれからの高齢化社会では必要だと感じています。

モスキート音は、若くて耳の元気な人にだけ聞こえるので、コンビニとかでは店の前がたまり場にならないように流していると、昔聞きました。
私はもう何年も前から、高音の耳鳴りが続き悩ましいです。聞こえない高音を、脳が勝手に再生するのだそうです。
脳は働き者だから、見えないものや聞こえない音を作ってしまうそうです。
音の途切れたお話でも、つなげてしまうという実験をしたことがあります。
人間の能力の奥深さに、ビックリします。
【2018/01/21 20:53】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/769-5ebdde46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴34年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 12年7カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード