FC2ブログ
心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
森まゆみ著『反骨の公務員、町をみがく』
森まゆみ著『反骨の公務員、町をみがく』
 (亜紀書房・2014年・1800円)
ⅰ ブンシュクさん、おおいに語る/ⅱ ブンシュクさん、内子を案内する

        DSC_0002201805hon.jpg

帯文から
全国数百万の公務員の中でも、大過なく勤め上げて、退職金と年金をもらって事足れりとする人が大半だが、公務員という立場を生かして、住民と役場の板挟みになりながらも、本当にこの町にとっての未来は何か、を考え尽くす人もいる。岡田文淑はまさにそういう人であった。

岡田文淑さん(1940年生まれ。1958年~2000年まで、内子町役場職員。)は、森まゆみさん(1954年生まれ。1985年~2009年まで、地域雑誌『谷中・根津・千駄木』編集人。)が「谷根千」を通して出合った傑出した地方人。愛媛県の内子町役場職員として、誰にも顧みられなかった内子の町並みを、伝統的建造物群保存地区に選定させた。

内子座の保存、石畳地区での住民との村並み保存……過疎地集落で住民とともにどうやって持続的な経済を維持するか、公務員として考えぬき実践したのが彼の仕事だ。それは、そのまま高度経済成長以降の日本の地方の在り方に重なる。岡田さんの人生を追いながら、日本の町並み保存、地域づくりについて考える。


         DSC_17462018tukinoya.jpg
         月乃家

 3月末に、故郷内子町に母の50回忌で帰省し、町並み保存地区にある月乃家に泊まりました。食材が新鮮で抜群に美味しい食事と、宿のご夫妻の優しく穏やかなもてなしに、ほっこりしました。母の里や、同級生とも関わりがあって、話も弾みました。ジブリのスタッフの色紙があったので、尋ねたところ、「月乃家」さんで合宿をされたとのこと。朝食の時一緒になった、埼玉から来られたご夫妻と、食事のおいしさはもちろんのこと、水の美味しさに感動したと話が弾みました。その宿に、この本が置いてあり、森まゆみさんの本(以前にも拙ブログで紹介しましたが)や生き方が好きな私は、興味をそそられました。

帰る日の朝、宿のご主人をはじめ、駅まで向かう道のあちこちで、清掃をされている人を見かけました。故郷を出てしまった私ですが、このように町を愛し、自分たちの力で町作りを頑張っている姿に、感謝の気持ちがあふれてきました。過疎化で見捨てられ、空き家が増え、住民も自信を失う村や町が問題になっている今、私が誇りを持って故郷の話ができるのは、皆さんのたくさんの努力があったから。このことは、涙の出るような嬉しさです。

DSC_17532018youkaitigokokudori.jpg
八日市・護国通りの朝

この想いに、ぐっと入り込んできたのが、この本でした。官僚や政治家の情けない現状を見るに付け、この本に登場する岡田氏や同級生、昔住んでいた家のご近所さんなど、故郷の人々の志の高さを思いました。山菜天ぷらのおいしかった石畳の宿も、帰省の折に買い物をする内子フレッシュパークからりも、とてもいいところ。今でこそ、古民家の宿や道の駅など似たところが出来ていますが、どちらも、そのさきがけです。

インタビューに基づいて書かれた本なので、懐かしい方言や食べ物の名前も嬉しく、一気に読んでしまいました。ⅱ部には、同級生も登場!私は、五十崎(いかざき)大凧合戦で有名な小田川の自然な風情が大好きなのですが、その訳を「朋友、亀岡徹」の項で知って、亀岡氏と岡田氏の大物ぶりに感嘆しました。若い時に、彼らのことを知りたかった…。それだけが残念ですが、彼らがいてくれて、ほんとによかった!と思いました。

DSC_17302018utikoza.jpg
今も現役の「内子座」 詳細は内子町公式観光サイトまで。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/781-5d613d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴34年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 12年7カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード