FC2ブログ
心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
高野公彦氏の本3冊
高野公彦氏の著書および関連本
高野公彦氏は大好きな歌人の一人なのですが、故郷が同じ愛媛県(しかも比較的近い!)ということもあり、大変親しみを感じています。
今回は、ご本人の歌集ではなく、別のアプローチによるお勧めの3冊を(写真右から順に)ご紹介したいと思います。

DSC_00122018takanohon.jpg

高野公彦著『北原白秋の百首』(歌人入門③・ふらんす堂・2018年5月・1,700円)

巻末にある高野氏の解説の題「言葉でありながら音楽であること」が、白秋の詩歌の特長を端的に表わしていると思いました。57歳の生涯で11冊の歌集を出し(別に長歌集1冊)、短歌の数は約8,000首とのこと。
この本には、「百首」を引いて丁寧な読みが添えてあります。私は何首覚えているかな?と思いながら読みました。結果は、残念ながら14首。声に出して読むと、心地よい調べで、五感を気持ちよくさせてくれる歌が多いのが、白秋の特長です。
白秋の若い時期の歌集『桐の花』『雲母集』『雀の卵』の順に、覚えているのが多かったのは、私があまり旅行詠に興味がないせいもあろうかと思います。

上記の三冊の歌集から、愛唱歌を一首ずつ。(『桐の花』からは三首)
春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外(と)の面(も)の草に日の入る夕
病める児はハモニカを吹き夜に入りぬもろこし畑(ばた)の黄なる月の出
君かへす朝の舗石(しきいし)さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ
石崖に子ども七人腰かけて河豚を釣り居り夕焼小焼
この山はたださうさうと音すなり松には松の風椎には椎の風

「歌人入門③」とあったので、ふらんす堂のHPで調べたところ、①は斎藤茂吉、②は石川啄木でした。
思春期に繰り返し読んだ「石川啄木の短歌」、著者の小池光氏の鑑賞と併せて読み直したく、早速注文しました。

DSC_0009201805nara.jpg
奈良公園の鹿たち(バンビも!) 修学旅行生と外国人が多かったです。

『高野公彦インタビュー ぼくの細道うたの道』(本阿弥書店・2017年10月・3,000円)

こちらも大好きな歌人の一人、栗木京子さんが【聞き手】で、高野氏にインタビューをするという、私にとっては最高に嬉しい本でした。
栗木さんの歌集『南の窓から』の中に何度も「今日は高野公彦さんにインタビュー」とあり、羨ましく感じていたのですが、それが400ページを超える一冊となりました。歌のこと、故郷のこと、どれをとっても心惹かれることばかりで、わくわくしながら読み進みました。
今、付箋を数えたら50ありました。これからも何度も読み返すと思います。

表紙の絵は、高野氏お得意の顔文字?ですが、皆さんはどなたの顔かわかりますか?裏表紙も含め6人の歌人が描かれていますが、名前を使って描いただけでなく、ちゃんと顔の特徴を捉えているのが楽しいです。

帯文から
歌人・高野公彦の水脈をたどるインタビュー集 
飄々として短歌に関わってきた氏が長きにわたって第一線で活躍し、指導力を発揮し、短歌界に多大な影響を与え続けているのは、なぜなのか。(栗木京子「インタビューを終えて」より)

四国山脈から流れくだって瀬戸内海にそそぐ肱川の河口の小さな港町に生まれた日賀志康彦という少年が関東に出てきて、やがて高野公彦という短歌の好きな人間になって自分の歌を探し求め、短歌に深入りしてゆく様子が、本書の中心的な流れである。(「あとがき」より)

DSC_0010201805nara.jpg
奈良県新公会堂( 『奈良春日野国際フォーラム 甍 I・RA・KA』 )

高野公彦著『短歌練習帳』(本阿弥書店・2013年第1刷/2016年第5刷・1,700円)

第一章「決まり文句を使わない」~第二十三章「高野短歌塾・卒業試験」まで、挙げられた歌についての問題を解きながら学んでゆくという、今までにない形式の入門書です。
書き込みながら解いたので汚くなってしまいましたが、納得しながら進んでいける楽しい時間でした。卒業試験は83点。80点以上出来れば卒業とありました。
でも、忘れやすい私は、時々復習した方がよさそうです。

最終章の「推敲は、仕上げ&創作」に、著名な作品がいくつか挙げてあり、推敲前と後が比べられるようになっています。例えば、与謝野晶子の有名な一首の原作と改作。
若ければふらんすに来て心酔(ゑ)ふ野辺の雛罌粟(ここりこ)町の雛罌粟(ここりこ)
ああ皐月(さつき)仏蘭西(ふらんす)の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)

こんな例がいくつも示してあり、それらを読んで勇気づけられました。自分の歌を見捨てないことが大事だと思いました。
鈴木竹志氏が丹念に検証された『高野公彦の歌世界』(柊書房・2013年・2,700円)は、推敲という点からも興味深い本でした。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/783-72700d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴34年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 12年7カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード