FC2ブログ
心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
山辺の道(晩秋~初冬)
 奈良山辺の道(晩秋と初冬に)

DSC_0007201811大神神社
桜井市大神神社(おおみわじんじゃ)。拝殿までの森が豊か。

DSC_0017201811三輪神社
酒造り発祥の地。酒まつりの前日の拝殿(三輪神社)。

DSC_00222018111三輪神社
全国の酒蔵から一升瓶の奉納が圧巻!半月後に再訪したときには片づけられていました。

DSC_00352018111狭井神社
すぐ近くの狭井神社 (さいじんじゃ)の手前にあった市杵島姫神社(いちきしまひめじんじゃ)。
この近くに展望台があり、大和三山がきれいに見えます。

DSC_00432018111桧原神社
少し歩いた所にある檜原神社(ひばらじんじゃ)からは、大和三山や二上山が見えます。

DSC_00492018111三輪山
なだらかに正面に見えているのが三輪神社ご神体の三輪山です。

DSC_00162018111長岳寺
天理市の長岳寺。すぐ隣に、新しいトレイルセンターがありました。

DSC_0019201811長岳寺
長岳寺。11月20日頃が紅葉のいちばんいいときでしょうか。

DSC_00252018111崇神天皇陵
トレイルセンター近くの崇神天皇陵。たくさん鴨がいましたが、足音で逃げてしまいました。

 若い頃は余り興味もなく、山辺の道は数回訪れただけでしたが、今はどこを歩いても興味深く、歌碑もあちこちにあって、改めてのこの地の魅力に気付いているところです。もっともっと古代史や萬葉集のことが頭に入ると、更に強く心に訴えるものがあるのではと思いました。
狭井神社の境内には、体に効く水もあり、ご神体の山に登る道もあり、山から下りてきた来た方が「清められた!」という表情をされていたのが印象的で、私も登ってみたいと感じました。
檜原神社からまっすぐ伸びる道は、なぜか神々しく、境内の前川佐美雄の歌碑「春がすみいよよ濃くなる真昼間のなにも見えねば大和と思へ」が、この地に似つかわしく思われました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/808-276eeb73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴35年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 12年9カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード