心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く音楽-「バナナホール」の現状
   kitate1.jpg  kiyoko1.jpg  aziyoko1.jpg
【万博公園・左端の写真-以前に葉をすべて落としたプラタナスの並木を載せましたが、今はこんな感じ。】

心に響く音楽-「バナナホール」の現状
6月中旬に、気になるニュースが報道され、「バナナホールの存続を願う署名」に協力してくださった何人もの友人から、「バナナホール」はどうなってるの?「拓人」君はどうしてるの?と、心配の声が寄せられましたので、私の掌握している範囲でお知らせします。

初めて読まれて、「???」という方は、よろしければ、カテゴリー「心に響く音楽」の中の4月9日-「上田正樹『悲しい色やね』」、3月18日-「青木拓人(TAKUTO AOKI)の歌」をご覧下さい。

大阪・梅田の老舗ライブハウス「バナナホール」は、25年間営業を続けて来たが、一昨年末、親会社が倒産し、EDコントライブ社が購入。
家賃100万円を払い営業を続けていたが、昨年末、建て替えて新たなクラブにする計画を提示された。
しかし、ファンやミュージシャンらから「バナナホール」の存続を求める声があがり、約10日間で12000人以上の署名が集まった。
大阪の貴重な音楽文化と位置づけ、高木社長は、3億円の融資のめどもつけ、買い取るための交渉も続けたが、計画の撤回はできず、4月9日休業に入った。
ところが、存続を願う人たちが、お店の前でライブを始め、近隣の迷惑になるため、店内を開放し無料ライブを始めた。
壊されるまで続けようということでやっていたが、営業権があることを考えれば、違法ではないということで、6月中旬より営業を再開。


営業再開と同時期に、EDコントライブ社側からの報道があったため、「バナナホール」に対して悪い印象を持たれた方もおられるかも知れませんが、双方の事実は、そうではありません。
参考資料として、「バナナホール」ホームページの6月16日と24日のトップページを載せておきますので、よろしければ、お読み下さい。(末尾の[READ MORE …]をクリックして下さい。)

少しずつスケジュールも入り始めているようですが、8月9日には、以前に紹介した「青木拓人」も、以下のライブに出演します。

T.V. SHOW channel BANANA!!(鶴坊ショー)
   鶴坊(hi*limits) / コウドタクヤ(Bacon) /
   ちえみジョーンズ / 青木拓人 / 志谷憲一


「バナナホール」で聴く音は、マイルドで何とも言えない味わいがあります。よろしければ、一緒に応援して下さい。(7月1日よりチケット予約可。詳細は右リンク先より「Banana Hall」へ)
*参考資料として「バナナホール」HPのトップページをコピーしました。

2006年6月16日
今回バナナホールが、所有者であるIT企業イーディーコントライブ株式会社から立ち退きを求めて提訴された件で、相手方からバナナホールを無くす事についての話し合いは当方には一切ありませんでした。今回の提訴の前に相手方は当方に対して4月14日に裁判所に「建物明渡断行仮処分命令申立」なる裁判を起こしておりました。
上にも述べたとおり、立ち退きを求める仮処分の裁判を申し立てておりました。それは法的に十分効力のあるものにも関わらず、5月25日に自ら取り下げ、長期の裁判に移行したという経緯は明らかにされておりません。
一部の報道では、バナナホールは契約違反を犯し不当な営業をしていると取れる内容のものがありますが、当方は25年間営業を同所でして参りましたので立ち退きに対し承諾していない以上、当方には営業権があり再開を目指す事は法律で認められているので違法性はありません。
家賃を支払えるような営業を続けられるような環境をつくる事は貸主の義務であり、そこを妨げているのは貸主自身の義務違反であることは弁護士を通じ相手方に伝えていますが、それについての返答は来ておりません。
「定期付賃貸借契約」における借主のリスクの説明義務を怠った事は仮処分裁判中に相手方は認めております。
尚、バナナホールに今回の訴状が未だ届いておらず、訴訟が起こされた事は報道関係から知らされたので詳しい内容を当方は分かっておりません。
一方的な見解が全ての事実ではない事を御理解頂きます様に宜しくお願い致します。


バナナホールの訴訟を受けての現状について(6.24)
イーディーコントライブ株式会社がバナナホールの土地建物の所有者となってから半年も経たないうちに、数億円投入してホールを建て替え新たに音楽事業に参入すると聞かされ、一方的に明け渡すように要求がありました。
バナナホールとしてはそれには応じられないとイーディーコントライブ株式会社の取締役で経営支援プロジェクトリーダーの松本氏と交渉を続けて参りました。
当初は、イーディーコントライブ株式会社の創業者の川合氏はバナナホールを残していきたいと言っておられましたので、それでは、話が違っていると思い、バナナホールを購入した金額と購入の際の諸経費を含んだ金額で買い戻しをさせて欲しいと申し出をしましたがその後、買い戻す意志があればその場合には、公正な取引基準を満たす事を前提に、売却することも可能であるという返答を頂いたこともありましたが、その話し合いが進むことは全くありませんでした。
このような交渉を重ねていては、先行き不透明でライブスケジュールが入れていけない状態の中で、イーディーコントライブ株式会社は今年の4月21日にバナナホールに対し「建物明渡断行仮処分命令申立」の仮処分裁判を起こしましたが、3回目の審尋が行われた5月25日に理由を明らかにすることなくその訴えを自ら取り下げました。
そして6月14日には建物の明渡しを求める訴訟を大阪地裁に起こしました。その事実を報道機関からの取材で知りましたので、バナナホールとしては6月21日に訴状が届くまで内容を把握できなかったので正式なコメントが出来ず、その間にはイーディーコントライブ株式会社側のコメントが多く報道されました。中には、バナナホールが契約違反を犯して不法占拠していると捉えられるものも見受けられました。
賃貸契約に問題がある以上、バナナホールが25年間に渡って同所でライブハウスを運営し、順調に営業を続けてきたことに対し、その営業権があると思っておりますので営業を続ける事は正当な行為ではないでしょうか?
大家は店子に滞りなく営業させる義務があり、賃貸契約上の問題と共にそれを怠っているイーディーコントライブ株式会社こそが義務違反をしているのではないかと思っております。
最後まで話し合いの場が持たれることなく長期で争うことになる本訴訟に至った事はバナナホールとしては非常に残念に思っております。
                  株式会社バナナホール

テーマ:音楽ニュース全般 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

亀さん、万博公園・・・素敵なところですね!
なんだか、涼しく過ごせそうですね。行ってみたい~(^◇^)

下の切り絵・・・素晴らしいですね。
見ているだけで、気持ちも明るくなりました。
【2006/07/02 08:03】 URL | ぴょんこ #B7q/.fmY [ 編集]

ぴょんこさんへ
万博公園は、1970年の博覧会の時、竹林を切りひらき、自然破壊と言われましたが、35年が過ぎた今、とても素晴らしい森になっていて、心が和みます。
平日なら、人もほんとに少なくて、気分も伸び伸びですよ。ぜひ、一度!

切り絵もステキでしょ。いろんなものを作りたいと思っていても、実行はなかなか。
着実に製作しているutsugiさんには、感心します。
【2006/07/02 18:39】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

バナナホールと切り絵
バナナホールはどっこい頑張っている! 嬉しいニュースです。相手方が「建物明渡断行仮処分命令申立」を取り下げたのは、認められる可能性がないと判断したからでしょう。断行仮処分とは、仮の処分でありながら本来の権利関係が実現されたのと同じ効果をもたらしてしまうので、認められるためには厳しい要件を満たさなければなりません。明け渡しを求める権利が確実にあると言えるのか(保全権利の存在)、本訴での決着を待たず現時点で明け渡しを求める理由はなにか(保全の必要性)が厳しく問われます。これをクリアーすることは困難と判断したため、仮処分申立は諦め、本訴でじっくりやることにしたのだと思います。
バナナホールの報告によれば、どうやら「定期借家契約」の有効性が争点になっているようですね。「従来型の借家契約」のままであれば、正当な事由がない限り家主から契約更新を拒否することはできませんでしたが、「定期借家契約」だと契約で定めた期間の満了により、契約は更新されることなく借家契約が終了してしまいます。借家人にとってかなりリスクのある契約ですが、そのことを十分に説明しないまま、いつのまにか「従来型の借家契約」から「定期借家契約」へ移行してしまっていたのではないでしょうか。本訴の行方が気になりますが、バナナホールを愛するみんなの声が裁判所に届くといいね。

utsugiさんの切り絵、幻想的で見事ですね。南国の色彩豊かな自然の中に溶け込んだ小さな命が繊細に描かれていて、感動します。でも沖縄の歩んできた歴史を踏まえてみると、鮮やかな色彩が悲しみの色調を帯びてきて、切なくなります。ガマの中から見える明るい夏空がいつまでも消えません。
【2006/07/03 17:30】 URL | imagine #- [ 編集]

imagineさんへ
プロからの頼もしいコメントをありがとう。
報道では、「籠城ライブ」と言われたり、「出ていって」と書かれたり、一方的に悪者にされ気の毒に思っていました。
法律は素人だけど、「『定期借家契約』の有効性が争点」との説明に納得がいきました。
専門用語で言うことはできなかったけど、薄々そういうことだなと思っていたので、すっきりしました。感謝!です。
ブログに載せるにあたっては、息子に文案を送り、バナナホールのスタッフからの承諾ももらっていますので、imagineさんからのコメントも、みんなが見て励みにしてくれると思います。
無料ライブの期間は、25年間の写真展などもしていたようで、こういう手作り感を大切にするところには、残ってほしいなと思います。

utsugiさん、このコメント嬉しいだろうな。なんで、こんなに上手に言えるの?
keikoさんといい、imagineさんといい、作品をよく見てる。驚きです。
【2006/07/03 19:41】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

少し安心・・・
新聞で 籠城ライブ という文字を目にしてとても残念に思っていました。

バナナホールが特別な場所 って人 たくさんいると思います。
私にとっても、お気に入りのホールのひとつだし、同じ思いの友だちもいます。

ホンの数回ライブに通っただけ、ですが好きになっちゃう!ホールでした。

あの場所を今でも愛している人がいて、なのにその人が新聞に出ているような表現のヒドイことをしているとは・・・思いたくない、思えない。

オトナの事情も法律も、よくはわからないのですが、音楽をホールを愛する方々が守ろうとしている、んですね?

応援しています。

届かないかも知れない場所からですけれど。

がんばっておられる方がいらっしゃるのが、うれしい。
何もできないでいることが、もどかしい。



それと・・・
万博公園はいつでも見頃?ですよね?
30年以上通っていても、また、行きたくなります。
プラタナス、秋の姿が1番お気に入りなのですが、今頃もなかなか・・・ですね。
【2006/07/04 22:01】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
好きなホールが、あんな形で報道されたら、誰でも、心配だし、悲しくなりますよね。
私は、悲しいとか心配とかを通り越して、マスコミに腹を立てています。
ホールのスタッフは、みんな穏やかないい人たちですよ。

マスコミの報道が、きちんと現場に足を運んだものであれば、決してあのような記事にはならないと思います。
一方的に入った情報や、官製の情報のみを流すマスコミの姿勢には、大いに疑問を抱いています。
その時その時に、大きな声で圧力をかけてくる方に傾くマスコミは、既にジャーナリストとしての使命を忘れています。
今まで、さまざまな場面で、そういうことを見てきただけに、健気に音楽関係者らしい態度でやってきた人たちに、せめて、よい結果が出て欲しいと願っています。

堅い文章になってご免なさいね。いろんな事で、マスコミの報道に不信を抱いていたもんで。
【2006/07/05 21:02】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

ちょっと良かったね
お久しぶりです。今週はとっても忙しくて、なかなか書き込みが出来なかったけど、今yahooの最新のニュースを見ていたら “バナナホール「復活」再開” っていうのが出ていました。今夜のことのようだけど、まずは良かったね。
【2006/07/14 22:45】 URL | GANKO #- [ 編集]

GANKOちゃんへ
知らせてくれて、ありがとう。
私もyahooのニュース、早速見ました。
取り上げてもらえてよかったです。

ライブのない間、スタッフは半分ボランティアみたいな感じで、とにかく、「みんなの残して欲しい」という声に応えなくてはと、苦労していたようなので、少しでも多くライブが開かれて、お客さんがたくさん来てくだされば、苦労も報われるし、元気も出るだろうと思います。
【2006/07/15 16:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/82-b0e03bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年5カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード