心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
猫日記「好(hao3)の日々」第7回
77haoup.jpg   77kyoubou.jpg   77asobi.jpg
『未確認移動物体(UMO)発見!!』    『被疑者 確保っ』      『こっちさこいっ』

77nemuri2.jpg   77nemuri3.jpg   77nemuri1.jpg
『うにゃ~~~』             『ウニョ~~~ン』             『ウキッ!!!』

77tibihao.jpg    bokuhabokude.jpg    eziputoneko.jpg
『いやー(てへてへ) あっしじゃあござんせん』 セリフはKANEGON作だよ~ん。7月13日追加

猫日記「好(hao3)の日々」第7回   【写真の拡大できます】

「今天儿月儿号?(jin1 tian1 ji3 yue4 ji3 hao4)」今日は何月何日?
「今天7月9号。(jin1 tian1 qi3 yue4 jiu3 hao4)」今日は7月9日。
「イ尓們好(ni3 men hao3)!」皆さん、こんにちは。「我是好(wo3 shi4 hao3 )。」私は好ハオです。
生後「9个星期(jiu3 ge xing1 qi1)」9週間、体重は、1kgを超えました。

今日は、猫の出てくる本を紹介します。お母さんの大学時代の友だちで、「猫好き&超読書家」のYさんから教えてもらった本。お母さんは、早速、図書館から借りて、毎日1冊ずつ読破してたよ。

早坂暁著『公園通りの猫たち』(講談社)-さまざまな「自由猫」たちの描写が、ミュージカルの『キャッツ』みたい。猫への本物の愛があふれた本だって。
p164より「この街の、どこに自然が残っているのか。わずかに少しの木々と、少しの動物たちだけが、息もたえだえに残っている。烏(からす)もそうだが、猫も生きた自然のかけらなのである。」

群ようこ著『トラちゃん』(日本交通公社)-金魚のよしこちゃん・小鳥たち・猫のトラちゃん・モルモット・ハツカネズミと、生き物がいっぱいの暮らしが愉快だったって。
お母さんの子供時代も、猫・犬・鳩・鶏・金魚・ハツカネズミを飼っていたみたいだから、似ているね。お母さんの可愛がっていた猫のタマは、家の中に入り込んだ雀を、ジャンプして捕まえたんだって。

中島らも著『とらちゃん的日常』(文藝春秋)-猫のことより、中島らもさん的日常って感じの本だったって。
ちなみに中国語の「的」は、日本語の「の」の役目をするのよ。例えば、「我家的猫(wo3 jia1 de mao1)」私の家の猫、のようにね。

内田百著『新編ノラや』(福武文庫)-抜群に面白い。50年前に書かれたとは思えない。居なくなったノラを必死に探す筆者。ノラを思っては泣く筆者。猫の描写も秀逸で、手元に欲しい一冊と、お母さんはべたぼめしていたよ。(中公文庫『ノラや』760円で手に入ります。)

どうしても『ノラや』が欲しくて、ネットで注文をし始めたら、次々と読みたいのが見つかり「猫関係の本」ばかり6冊も注文してしまった「猫バカ」のお母さんです。早く来ないかなと、今からワクワクしているらしいけど、また、読み終わったら紹介するね、だって。

私以外の写真の説明をするね。とても可愛い子猫の写真は、『ぼくは ぼくでいい』(落合恵子・文/秋元良平・写真/文藝春秋)の表紙。赤ちゃん猫が可愛くて、何度もページをめくりたくなる本だよ。

エジプト猫の写真は、紀元前のエジプト、プトレマイオス朝のもの。中国語サークル仲間のGさんが「ハオちゃんは、すらっとしてエジプト猫みたいね。」って。お母さんも同じことを思ってたんだって。これは、以前「エジプト展」で見て、一番気に入っていた「猫小像」の絵はがき。
 
「寝室に私を入れないこと」が、私を貰うときのお父さんの条件だったんだけど、これもなし崩し的になくなりました。今、私は、お父さんとお母さんの寝床を交互に移動して、幸せに寝てるわ。朝も必ず、交互に二人の顔を舐めて、起きてもらうの。平等に相手をしておかないと、どちらかがすねちゃうでしょ?これでも、気を遣ってるのよ。

前回の国名クイズで、kimicoさんからあった質問に答えますね。(K先生に尋ねました。)
国名の書き表し方は3種類。①音をあてたもの。②意味をあてたもの。③どの方法か不明。
ちなみにアメリカ「美国」は、正式名「美利堅合衆国(mei4 li4 jian3 he2 zhong4 guo2)」アメリカ合衆国の最初と最後の文字です。
フランス「法国」も同じ方法みたいです。簡体字で、書けない文字があるので、ここでは省略させてね。

何でも興味津々で、首を突っ込まないと気が済まない私だけど、とりわけ食べ物への関心は強い!というわけで、今回の中国語は、「食べ物」特集です。

まずは、発音だけで、わかるかな?
1,rou4 2,yu2 3,tang3 4,shui3 5,jiu3 6,cha2 7,shui3 guo3 8,shu1 cai4 9,jiao3 zi 10,chao3 fan4

では、漢字で書くよ。
1,肉  2,魚  3,湯  4,水  5,酒  6,茶  7,水果  8,蔬菜  9,餃子  10,炒飯

日本語と意味の違うのだけ、書くね。
3,スープ(ちなみに、「みそ汁」は「日式醤湯(ri1 shi1 jiang4 tang1)」) 7,果物  8,野菜

最後まで付き合ってくれて、「謝謝(xie4 xie)」ありがとう。では、「下周見!(xia4 zhou1 jian1)」また来週!


   

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

質問の答え、ありがとうございます。

難しそうで、でも奥深さが興味をそそられます。

私もはじめてみようかなぁ・・・


好ちゃんは今週もとっても可愛いe-266
2段目の左、くいって曲がってる手(前足?)が特に好きです!
このポーズになにか名前はないのでしょうか?

会いたいなぁ・・・好ちゃんv-353
【2006/07/09 20:29】 URL | kimico #Zr2/WiYY [ 編集]

kimicoさんへ
kimicoさんのセンスで、ハオのポーズになにか名前をつけて下さいな。
ハオは、午前中と夜が、あばれまわって、一番元気です。
7月の日曜日の午前中でもよければ、お子さまとご一緒にどうぞ。

中国語、ゼロから始めたので、少しずつでもわかることが増えてきて、嬉しいです。
50歳を過ぎると、覚えるのも一苦労ですが、kimicoさんはまだ若いから大丈夫。



【2006/07/09 22:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


好ちゃんは何度見てもかわいいね。
2枚目のではすっかり戦闘態勢にはいっていて、笑っちゃいました!たくましさが出てきた感じだし、一緒に成長過程が見られて幸せです。(対戦相手は誰のおみ足だったの?)

 中国語も日曜日の楽しみになってきました。
 日本語と同じものが結構あるんですね。
私たちが中国語から取り入れたんだから当たり前かもしれないけど、とっても親近感がわきますよね。水果は果物ですか・・。なるほど。
 
 先週の国名も面白くて、美国と米国、どっちもバリバリ当て字らしいですけど、一体アメリカ人はどちらの表記が嬉しいかなと考えたら、う~ん、中国語の方かな。

法国と仏国だって、フランス人が知ったらきっとびっくりするよね。意味を考えたら、日本語の方は「私たちクリスチャンなんですけど・・」とクレームがつくね!
これも中国語に軍配が上がる?モンテスキューの国だし。
 
日本の呼ばれ方も、本当は「にっぽん」か「にほん」なのに、国際社会ではだれもそう呼んでくれないね!Japan(野蛮?)を受け入れて、なんて優しい国民なんでしょう。話がそれて来だしたので、この辺で。

 
 
 
 
【2006/07/10 15:18】 URL | keiko #- [ 編集]

keiko さんへ
本能むき出しで、戦闘態勢になっている時が、元気で楽しいです。
おかげで、相手をしているこちらも、噛み傷・引っ掻き傷で悲惨ですが。
でも、猫は「寝る子」だから「ネコ」と言われるほどよく寝るので、時々心配にも。

中国語は、日本語と似ている言葉もあり、似ているけど意味の違うのもあり、日本から逆輸入されたものありで、面白いです。
でも、発音は、なかなか違いがわからず、聴く方も言う方も難しく、苦労しています。
Japanて、野蛮から来たの?
【2006/07/10 20:01】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


Japanは、マルコポーロ的東方見聞録に出てくるZipanguから来たと思うんだけど、実は子供の頃、先生が、駄洒落のつもりだったのか「東に行くともっと野蛮な国がある。それは野蛮、ヤバン、やばん、Japan!それで、日本はJapanになった!」と言われたの。それが妙に焼きついていて、いまだにJapanと聞くと「野蛮」が頭をかすめるというわけです。40年も経っているのに!
Zipanguと野蛮は関係ないと思うけど、よくはわかりません。黄金の国のはずだものね!
 
 紹介してもらった猫の本、どれか読んでみますね。「新編ノラや」が抜群に面白い・・とあったので、まずはそれから!
 ところで、茨木のり子さんの詩集を、パッチワークの仲間で目下回し読み中です!
そして、好評です。ありがとう。
【2006/07/11 00:12】 URL | keiko #- [ 編集]

keikoさんへ
小さいときにインプットされたことって、抜けないもんねえ。
私も「I get off!」の時は、「揚げ豆腐!」と言えと言われたことが、いまだに抜けない。

Japan説、我が夫は、当時の音読みで「日がジツ、本がポン、国がグォ」だったので、「ジツポングォ」から「ジパング」になったのではないかと、言っていました。ほんとかな?
中国語では、日本国「ri ben guo」というのだけど、この「ri」が「リとジ」の間、「ben」が「ベンとペン」の間、「guo」が「グォとクォ」の間のような発音なので、意外と正解かも?

茨木のり子さんの詩集(keikoさんと同じの)、こちらでも回し読みしています。
『新編ノラや』と『ノラや』は、内容はたぶん同じだと思います。
【2006/07/11 21:09】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]

題をつけてみました
好タンは、日に日に可愛さと、猫族の根性を備えてきてるみたいですねえ。
ハオたんの毎日を

左上から

『未確認移動物体(UMO)発見!!』
   (インターセプター発信!!・・・とは、昔のテレビだって)

『被疑者 確保っ』

『こっちさこいっ』

『うにゃ~~~』
『ウニョ~~~ン』
『ウキッ!!!』

『いやー(てへてへ) あっしじゃあござんせん』


 我が家のマルも、家人の「ただいま」の後の行動で、一日何をしていたか
よくわかります。
 飛び込んでくるときは、何も悪さをしていない自信があるとき。
頭を下げて上目遣いで小さくなって、こそこそお迎えするときは、
リビングはほぼゴミ箱状態。「あれーっ」 と叫んだだけで、おたおたとリビングの
窓を開けて、ベランダへ非難しようと試みます。

 怒られることをしたとの自覚はあるらしい。

 しかし、悪さをしているときは、すべてを忘れているらしい。

 ヤレヤレ
【2006/07/13 18:46】 URL | KANEGON #- [ 編集]

KANEGONへ
素敵な題を付けてくれてありがとう!
ちゃんと物語になってんだね、さすが!
あとで、写真の下に付けてみますね。

マルちゃんの
「怒られることをしたとの自覚はあるらしい
 しかし、悪さをしているときは、すべてを忘れているらしい。」というのが、実に面白い。

我が家は、まだ周りを見る余裕はなく、本能むき出しで、靴下にかみついてきます。
特に、ネズミ色の靴下の時は、強烈。大きなネズミと闘ってるのね。
【2006/07/13 19:57】 URL | 大空の亀 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kamenoashioto.blog52.fc2.com/tb.php/86-9cfe3a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年6カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !
2017年 9月26日カウンター343434通過



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード