心に響く本・詩歌・言葉・音楽・風景
私の読んだ本や聴いた音楽、出会った風景の中から心に響いたものを紹介します。
心に響く風景-京都7月14日
 祇園祭の鉾建てが済んだ京都に行ってきました。
16日の宵山や17日の巡行は大変な人出ですが、14日はまだ人もそんなに多くなく、ゆっくり京都らしい通りを楽しめました。

函谷鉾(かんこほこ)に上がって見学しました。

       IMG_59741607.jpg

       IMG_59971607.jpg

       IMG_60061607.jpg


昔の暮らしを守る町屋を訪ね、当主さんのお話を聞きました。

 IMG_60221607.jpg

 IMG_60301607.jpg

       IMG_60371607.jpg


テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

心に響く風景-大阪中之島界隈
  宮川香山(MIYAGAWA KOZAN)没後100年特別展へ
       大阪市立東洋陶磁美術館 2016年4月29日~7月31日
   
     miyagawakouzan2016.jpg

「高浮彫」の素晴らしい陶磁器で有名な「宮川香山」展に行ってきました。
細かくて美しくて、「超絶技巧」と呼びたいような、優れた技術が生み出した作品の数々に見入りました。「釉下彩」の紫陽花や蓮などの、優しいけれど妥協しない美しさにも心惹かれました。
予想していた以上の豊かさを、心に受け取った素敵な時間でした。

 IMG_5910201606.jpg

都会は苦手なので、なるべく足を向けないようにしているのですが、久しぶりに行った中之島界隈は、小雨のせいもあったのでしょうか、静かで落ち着いた雰囲気で好感が持てました。

 IMG_5917201606.jpg

ランチは、川沿いの「GARB weeks(ガーブ ウィークス)」でとりました。手ごろな値段で、美味しいパスタやピザを食べることができます。大阪市立東洋陶磁美術館のすぐ傍なので、中之島のバラ園を見た後のティータイムなどにもいいですね。

 IMG_5924201606.jpg

新しいビル群の中で、レトロな中之島公会堂がひときわ魅力的です。昔からのものが残っていると、ほっとします。

IMG_5926201606.jpg

 中之島公会堂の最寄駅は、北浜駅やなにわ橋駅ですが、梅田駅も近いので、帰りは歩きました。大阪は「八百八橋」と言われるだけあって、橋を渡る時、左右を見ると何本も大きな橋が架かっているのが見えます。今回は、天神祭の「鉾流神事」が行われる「鉾流橋」を渡りました。
「お初天神」にも寄って、夏越しの祓の茅の輪をくぐり、今年半年分の厄を落とし、残り半年の健康を祈って来ました。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

心に響く風景-丹生都比売(にうつひめ)神社
 和歌山県伊都郡かつらぎ町に行ってきました。
紀ノ川より紀伊山地に入ると、「星川」、「星山」とすてきな地名のところがあり、標高450メートルの高台に盆地「天野」が明るく広がります。

 IMG_5866201606.jpg

 そこにとても美しい神社「丹生都比売(にうつひめ)神社」がありました。創建されたのは今から1700年前のことと伝えられ、現存する本殿は、室町時代に復興されたものです。

 IMG_5867201606.jpg

 IMG_5876201606.jpg

 IMG_5881201606.jpg

 IMG_5890201606.jpg

 高野山参詣の折には、この神社に参拝してから高野山に登ることが慣習だったそうです。
 世界遺産でもあります。
 緑に包まれた別天地は、天孫降臨の神話を思わせる神々しさに満ちていました。


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

心に響く風景-六月は小鳥の季節
 六月ですね。小鳥たちが生き生きしています。

IMG_5851201606.jpg IMG_5852201606s.jpg

紀ノ川SAには、燕の巣がたくさんあって、大切に見守られています。
ひなを抱く親鳥、餌を待つひな、もうすぐ巣立ちそうな幼鳥…みんな、一生懸命!


IMG_5847201606.jpgIMG_5848201606.jpg

ジューンベリーが思いがけずたくさんとれました。
ひよどりに食べてしまわれないように、大急ぎで収穫しました。残りは、鳥たちに…。

テーマ:鳥の写真 - ジャンル:写真

心に響く風景-野崎まいり
 「野崎参りは屋形船でまいろ~どこを向いても菜の花盛り~粋 な日傘にゃ蝶々もとまる~ 呼んで見ようか土手の人」の野崎小唄でおなじみの、野崎参り(旧暦4月1日~8日・今は5月1日~8日)に少し遅れた、緑の美しい5月の晴れた日に行ってきました。

 水上交通が発達した江戸時代、大阪の八軒家浜からお金持ちは舟に乗って(そうでない人は徒歩で)、野崎観音まで17kmを日帰りで行くのが、庶民の娯楽として定着したそうです。
 舟の速度と歩く速さが変わらなかったので、互いに「ふり売り喧嘩」という言い合いを楽しんだのが、河内地方に話芸の達者な人の多い理由だとか。また、舟を陸から引っ張る人が必要だったため、相撲取りも多く輩出したとのことです。

       IMG_5799201605.jpg
  大東市のボランティアガイドさんの案内で、昔のコースどおり、まず「専応寺太子堂」に。
 
       IMG_5817201605.jpg
     野崎観音のある慈眼寺へは、この階段の上にある三門(楼門)から入りました。

 IMG_5818201605.jpg
  慈眼寺(平安時代中頃、十一面観音像を拝み病の癒えた「江口の君」が再興)の本堂。
 IMG_5823201605.jpg
  
       IMG_5831201605.jpg
    境内の茶店で上品な生菓子とお抹茶を頂き、「お染久松」の紙芝居を見ました。

       IMG_5841201605.jpg
    茶店の床几は、この白猫(老猫)の居場所らしく、静かに「どいてね」という様子。
    境内には、あと二匹(茶寅・黒)の猫がいました。寺社の境内は猫が似合いますね。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真



プロフィール

大空の亀 

Author:大空の亀 
写真の猫は姉のハオと弟のミュー。
ハオは2006年5月5日生(伝)。
ミューは2008年10月10日生(伝)。

空と言葉と草木花が好き。
趣味は読書・文芸。

読書ノート歴33年。
年間読書冊数の平均は、学生時代は
300冊、就職後は100冊~150冊。

ブログ歴 11年3カ月
2006年 3月17日から始めました。
2006年 9月 9日カウンター22222通過
2007年10月24日カウンター77777通過
2008年 5月23日カウンター100000突破 !
2008年 9月 8日カウンター111111通過
2011年 5月 4日カウンター200000突破 !
2012年 1月10日カウンター222222通過
2014年 9月15日カウンター300000突破 !



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード